化粧

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「化粧」の項目を執筆しています。
「世界の男子は全て美人である。女子はそうではない。」
化粧 について、安倍晴明

化粧(けしょう、Make Up)とは、人間がや体の醜いものを隠すためにかぶる人工の皮のことである。化けの皮とも呼ぶ。

概要[編集]

人間にかかわらず、生物というものは「種の保存」を第一の目的として行動するものである[要出典]。そこで生物は自分をよりほかの同種の生物にアピールするためにさまざまな特徴を得ることが知られている。[1]

人間においてはほかの生物に見られない方法にてこのアピールを行う。すなわち、「顔及び類似部位に何かを塗る、あるいはかぶること」である。そしてその方法は時代を下るに連れて大きく進歩した。

歴史[編集]

古来より人間は、何かプレゼントしたりアクセサリーを付けたりして、何とか異性に気に入られようと涙ぐましい努力を重ねてきた。しかし、いくら豪華なプレゼントやアクセサリーを使っても自分の容姿だけはごまかすことができなかった。むしろその豪華な品物に容姿が負けてしまうのである。そこで人間は、顔に物を塗りつけて悪い部分を隠すという方法を考え出した。これが化粧の始まりである[2]

当初は泥や植物のエキスなどの単純なものを用いていたが、まずより美しい、そして落ちにくいものに変えられるようになった。このため、水銀を含む金属の化合物が用いられたりするようになった。しかしこれでは不妊になることもあり本末転倒であるため、後世では肉体的に影響の出にくいものを用いることになった。現在においては油脂及び金属の化合物、及び動植物のエキスが主に用いられている。

女性の日常[編集]

ほとんどの女性は日々化粧に力を入れている。これは女性が醜い部分を多く持っているためだと言われている。

特に「ブス」や「おばちゃん」と呼ばれる人種は、元来種の保存に関するアピールが弱く、それをごまかすために元の姿が想像できなくなるほど分厚い化粧をつけることが多い。確かに化粧は醜いものを隠すことができるが、だからと言って皮を分厚くすればかえって不自然さが目立ってしまい、妖怪として見られる可能性が高い。そもそも、化粧で醜い姿を完全に隠すのは不可能なので、分厚い化粧にするのはある意味自滅行為と言える[3]

近年では異性を惹きつけることよりも高い芸術性を誇示することにより、同性より好かれたいと宣い化粧を厚くすることもよく見られており、手段と目的が逆転する現象として社会学で注目されている。

男性の化粧[編集]

また、これらの動作は何も女性だけのものではない。男性もときと場合によっては行う状況も見られる。演劇、戦争などの多数の人に見られる場合や、自らの性癖によるものなどである。あのガチムチ兄貴の腹筋も、ひょっとしたらドーランかも。

化粧をしない状態[編集]

普通(あるいは普通以下の容姿を持つ)の女性において、化粧した姿しか見ていない人が初めてすっぴんを見ると、9割以上の人が想像とのギャップに愕然とすると言われている。すっぴんは本当の姿をさらけ出した状態なので、きれいな部分しか見ていない人が不快感を抱くのはある意味当然と言えるかもしれない。

脚注[編集]

  1. ^ なお、この件に関してはアンサイクロペディアのこのページに記載するには長すぎ、水増し扱いにされFixを張られたりする可能性が大きいため、詳細は省く。
  2. ^ また一部においては健康上の理由から顔を何かで塗ることがその始まりだといわれている[要出典]
  3. ^ これと同様の行為は痩身行為にも見られる。過剰に体重を落として性的魅力を自ら喪失したり、逆に自分だけしか気にせずにぶくぶく肥満し目も当てられない状況に陥ったり。

関連項目[編集]

この項目「化粧」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)