北大路欣也

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北大路欣也」の項目を執筆しています。

北大路 欣也(きたおおじ きんや、1943年2月23日 ‐ )は俳優で、元プロ野球選手。現在は福岡ソフトバンクホークスの投手コーチ。北大路魯山人は祖父、北大路花火は叔母、北小路敏は従兄。実際はおじさんの着ぐるみを着た白い犬である。

来歴・人物[編集]

戦時中というのに)退屈していた旗本の手により、イヌヒトキメラとして誕生(声帯だけがヒト)。寿命もヒト並みのようである。

しばらくはタレント犬として活動していたが、1950年東ちづるお尻ばかり触ろうとする料理研究家にスカウトされ、セミプロの橋伝カンニバルズ入団。試合中の暴力事件により一時収監されるが、出所後、西鉄ライオンズ埼玉西武ライオンズの前身)に入団。肉球を駆使したイヌにしか投げられない魔球イナズマボールを武器に活躍し、「神様、仏様、お犬様」と賞賛されたが、日本シリーズで3連勝後4連敗という屈辱的な敗北を喫した読売新聞社の圧力によるコミッショナー裁定によりヒト以外のプロ野球選手は認められないとされ、永久追放処分となった(白い犬事件)。これを知った北大路の発言、「天は我々を見放した」は当時の流行語となった。

以後は再びタレント犬として活躍。『わんわん竜馬がゆく』の坂本竜馬役、『わんわん独眼竜政宗』の伊達輝宗役などで知られる。その一方で野球もひそかに続けており、美少女キャッチャーの芳春わかなとのスパルタ指導により佐世保釣り名人であったジョージ・マッケンジーを悪球打ちの天才に育てあげた

2007年にはワン公の一吠えにより永久追放処分も解除となり、福岡ソフトバンクホークスの投手コーチに就任。

エピソード[編集]

  • ジョージ・マッケンジーが日本球界復帰にあたってホークスではなく、阪神タイガースに入団したのは北大路のスパルタ指導を恐れてのものだという[要出典]

関連項目[編集]


Hito.png この項目「北大路欣也」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)