北大阪急行電鉄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
PeerReview.png
査読依頼

この記事は査読を求められています。
どうかこの記事を読んで、必要であれば{{Fix}}などの修正系テンプレートを貼り、
問題なければこのテンプレートを剥がして
編集内容の要約欄ノートページに査読結果を書いてあげて下さい。

北大阪急行電鉄とは、江坂駅千里中央駅を結ぶ私鉄路線。「北大阪・急行」ではなく「北・大阪急行電鉄」である。

概要[編集]

阪急王国植民地。車両には全て阪急マークのロゴが入り、最近の車両には阪急の車両でお馴染みのあの茶色と紫の真ん中らへんの色(ウンコ色マルーン色という)が使われている。

まず、走行距離5.9キロなのに準大手私鉄扱いとかなんか気持ち悪い。

ルーツ[編集]

大阪市営地下鉄(現:大阪メトロ)が「大阪万博池田市でやってるけど、そこまで大阪市から直通できひんかなー」と言っているときに、「じゃあうちらがお手伝いいたしましょか?」と顔色をうかがいに来たのが阪急である。それにまんまと引っかかった大阪市は、北大阪急行電鉄の建設を許可してしまったのである。実際は大阪市のやる気が無かっただけである。

路線[編集]

現存路線[編集]

アボーンした路線[編集]

歴史[編集]

  • 1967年 - 免許取得、建国
  • 1968年 - 着工
  • 1970年 - 江坂-千里中央-万国博中央口間開業。か・ら・の、万国博中央口アボーン
  • 1975年 - 緑地公園駅誕生
  • 1993年 - (やっと)完全冷房化、2000系アボーン
  • 1996年 - アンチJR西日本スルッとKANSAI)に加盟
  • 2004年 - 駅番号制を仕方なく導入
  • 2006年 - PiTaPa導入、同時にJR西日本に脅されてICOCAも導入
  • 2013年 - 全国のJRや私鉄に脅されて、KitacaPASMOSuicamanacaTOICAnimocaはやかけんSUGOCAも導入
  • 2014年 - 9000系ポールスターII運転開始
  • 2015年 - 千里中央-箕面船場間の第1種鉄道事業免許を許可させ、箕面船場-新箕面間の軌道事業の特許を奪取。
  • 2017年 - 千里中央-新箕面間に手を出す。ちなみに、なぜ駅名が箕面じゃダメなのかというと、箕面は、親分が使っているので使えないというのっぴきならない理由がある。

車両[編集]

8000系(ポールスター)
色は御堂筋線の赤+阪急のマルーン色という微妙な組み合わせ。
9000系(ポールスターII)
最新式。劣化ラピートみたいな顔面が特徴的。内装はもろ阪急。

延伸案[編集]

今の終点千里中央から新箕面までの延伸が決まっている。いや、マジで。でも、いつまで経ってもいつ頃に完成する予定という報告を聞かないことを受け、やるやる詐欺が疑われる。

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「北大阪急行電鉄」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)