北条教時

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北条教時」の項目を執筆しています。

北条 教時(ほうじょう のりとき)は、鎌倉時代の支配者北条一族の一人。北条氏の支流のひとつである名越家の出身で、度々嫡流である得宗家に反抗的な構えを見せて、8代執権北条時宗から謀反の嫌疑を掛けられ、赤マフラーと一緒に粛清されてしまった人物である。反得宗の急先鋒的印象を抱かれる事が多く、執権を暗殺して幕府転覆のクーデターを画策していたとまで言われる教時だが、だがちょっと待って欲しい、それは彼を粛清した支配者達の身勝手な思い込みではないのか?

得宗家と反目した経緯[編集]

傍流といえども、教時も立派な北条一族である。にもかかわらず、何故幕府や嫡流である得宗家に反抗的な姿勢をとっていたのか、その根底には、名越流北条氏と得宗含む他の流派との根深い対立があった。

名越流北条氏は、北条義時の次男である北条朝時を祖とする。この朝時、源実朝の恋人を寝取って実朝の逆鱗に触れ失脚したり、兄貴の泰時はおろか同腹の弟重時よりも風下に置かれていたりと、どういうわけか出世に蹉跌ばかりきたしていた。朝時がどう思っていたのかは知らないが、朝時の息子達のうち、何人かは、朝時の兄で三代執権となった泰時や、重時、政村ら弟達が結託して朝時を陥れた、そのせいで自分達はこんなうだつの上がらん鬱屈した日々を過ごしている、と思い込んでいた。朝時の長男で、教時の兄に当たる光時に至っては、泰時は母親の出自が卑しいから実質的には庶子であり、つまりは朝時こそが嫡流を継ぐに相応しい存在であった、だから次の執権は俺だ、などと豪語して憚らず、そういった迂闊な発言を言質にとられ、また傀儡として推戴していた九条頼経と仲良くしすぎた事を謀反の口実に援用されてしまい、島流しにされた。

その光時には、何人か弟がいた。北条時幸は、光時失脚の折責任を負って切腹した。兄以上の過激な反得宗主義者だったから、追及されて観念したのかもしれないが、無謀な兄貴の行動に対して名越家代表として責任を負って、または他の兄弟に累が及ぶのを畏れて『人柱』として腹を切ったとも解釈できる。そうだとしたらかわいそうである。

他には教時のほかに、時章、時長、時兼、時基などがいたが、彼らは得宗家に従順であったため咎めを受けることはなかった。

この時執権は後に教時を粛清することになる時宗の親父北条時頼で、教時はまだティーンエイジャーであった。教時が兄光時に対する幕府の仕打ちに憤慨したか、無謀な叛逆をやって自爆した光時を侮蔑していたかは分からない。しかし、やがて教時は兄光時以上に過激な反得宗主義者として活発に行動している、と看做されるようになる。

親王への接近[編集]

教時が得宗に反逆的であると判断された最大の要因は、将軍宗尊親王と仲良くしすぎたことであった。兄の光時も、九条頼経と接近しすぎてそれを謀反の口実に利用されたわけだが、教時もその覆轍を踏んだ事になる。

京都から招聘され、将軍に擁立された宗尊親王だが、結局は執権の傀儡であった。自らの裁量で政治が行えないので、歌会を開いて趣味の文芸に専念していた親王だが、被害妄想が極めて強い時宗には、その歌会が、幕府転覆の謀議にフィルタリングされて見えた。

この歌会に、教時は度々参加していた。それは、教時が和歌に優れた才幹を発揮していた事を、端的に物語っている。北条家の人々は宗尊親王を将軍として皮相的には敬う態度を見せながらも内実ではあくまで傀儡として粗略に扱っていたが、教時一人は純然たる崇敬の念を抱いており、親王もその忠義に感慨を抱いていた。

しかし、宗尊親王が下向してから時が流れ、親王と反得宗の人々を含む鎌倉武士達との癒着が深化することを危惧した時宗は、九条親子の時もやったからという『前例に倣って』親王を更迭して京都に送還した。悲憤慷慨した教時は武装して上洛し、なんとしてでも親王を鎌倉に連れ戻して本物の将軍にしてみせると放言した。これが命取りとなった。

粛清[編集]

1272年二月、名越邸に軍勢が差向けられ、教時は粛清された。この時兄の北条時章も、とばっちりを食らって共に粛清された。時章は穏健派だったのだが、猜疑心が強い時宗には彼も過激派に見えたらしく、どう見てもシロだったのに、鷺を鴉と言いくるめて時章も殺してしまった。しかし時章にまで罪科をでっち上げるには無理があったようで、家中からも時章まで殺した事に対して批判が噴出、困った時宗は権力者が振るう伝家の宝刀『トカゲの尻尾切り』を適用、時章の方は下の連中が勝手にやったことだからと下手人に責任を擦りつけ、彼らを処刑した。

4日後には時宗の兄北条時輔の元にも刺客が送られたが、時輔はしぶとく生き延びて蒙古に渡り赤マフラーになった。なお、時輔は蒙古でフビライ・ハーンに拝謁した際、時宗は残虐極まりない悪党であると喧伝し、その過程で、彼に粛清された教時にも言及、時宗の悪政から国を救おうとして粛清された「義士」であると称賛した。時輔としては自分に刺客を差向けた憎き時宗さえ陥れられればあとはどうでもよかったのだが、時輔の弟に対するネガティヴキャンペーンのおかげで元の人々は教時に同情し英雄と礼賛した。今でもモンゴルにおいて北条教時は英雄として扱われている。

人物[編集]

実質的には政治を掌握していた執権だが、名目上はあくまで将軍の執事であり、源氏将軍の家系が断絶した後も、九条頼経や宗尊親王を迎えて名目上の将軍として擁立していたが、北条一族は彼らを傀儡としてしか扱わなかった。そんな中で、宗尊親王に対して将軍として畏敬の念を込めて接した教時は、「いざ鎌倉」という、鎌倉武士が忘れて久しい精神を体現した忠臣と呼べるだろう。将軍宗尊に対する過剰な忠勤は時宗に口実を与え、粛清に踏切らせる隙を与えてしまったが、その忠勤からは剛直な性格が窺える。ただ惜しむらくは、兄貴の時章を巻き込んでともに死なせてしまった事だが、異端とも言える名越流を弱体化させたかった得宗家は初めから時章の方も粛清するつもりだったのだろう。

教時らが粛清された後も、時章の子北条公時が家督を継承して名越流は存続したが、気骨のある教時の死によってすっかり骨抜きにされた。また時宗は二月騒動と言う粛清で名越家を鞭で引っ叩いておきながらその後公時や名越一族を厚遇して評定衆に抜擢するなどして飴を与え、生き残りの名越一族はすっかりこれに懐柔され、単なる北条一族の傍流に成り下がってしまった。文字通り北条のの枠組みをえようと活動した名越の血は、教時の死を以って途絶えたといっても良いだろう。

疑惑[編集]

教時が将軍宗尊と親睦を深めていた事は事実である。しかし、宗尊の将軍への復権を願い得宗家へのクーデターまで企てたことについては、時宗ら幕府首脳陣によるでっち上げの可能性が高い。

宗尊が送還される際、必ず鎌倉に連れ戻す、と言い放ったという教時の言行は、とある人物の行動を準え、彷彿とさせるものであった。その人物とは、宝治合戦で滅ぼされた三浦一族の三浦光村である。

光村は、宮将軍九条頼経が反得宗勢力を糾合して幕府に反抗的な態度を取ったため将軍を解任され、京都に送り返される際、必ずや、再び将軍に鎌倉の土を踏ませる、と、後に教時の行状と同じことをやっている。そして、光村の示威行動により、幕府は三浦氏に対して一層の危険意識を抱くようになり、宝治合戦による三浦氏滅亡へと繋がってゆくのである。

宝治合戦の時、教時はまだ10代だったが、その顛末については、よく知っていたであろう。得宗家への憤りや将軍宗尊に対しての思慕が強いとはいっても、光村の覆轍を踏むような行動を、わざわざするであろうか。鎌倉時代の情勢について精細に叙述した吾妻鏡保暦間記などの史料は、いずれも後世に編纂されたものである。史料の編纂者達が、教時が幕府倒幕の嫌疑により粛清されたという『結果』から遡及し、傀儡将軍への思慕が強く、幕府首脳部に一貫して反抗的であった教時の姿勢を三浦光村のそれと付会させ、光村と同様の行為を行ったに違いない、と悪意ある推定をし、教時が将軍宗尊の帰還を確約し、得宗家転覆を示唆するような言辞まで弄したという話が捏造された可能性も充分ある。