北条時章

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北条時章」の項目を執筆しています。

北条 時章(ほうじょう ときあきら)とは、鎌倉時代に隆盛し政権を掌握した北条一族の一人。家中の争いに巻き込まれて、何も悪いことしてないのに謀反の嫌疑をかけられて殺されてしまったとても気の毒な人である。

人物[編集]

北条氏には、北条義時の嫡流である「得宗」に加え、いくつかの分家があった。義時の三男北条重時を祖とする「極楽寺流」、四男政村を祖とする「政村流」、義時の弟北条時房の血族である「佐介流」「大仏流」などがそれだ。時章は、義時の次男である北条朝時の家系である「名越流」の出自であった。

この名越流、北条一族でありながら、度々北条氏の政敵と結託して得宗家を転覆させようと画策していた。何故北条一門でありながら北条政権に敵対していたのかと言うと、初代の北条朝時が、兄貴の北条泰時、ついでに源実朝から虐められていた(と本人が思いこんでいた)からである。朝時の息子の光時の代に至って反本家の感情は先鋭化し、光時は泰時の母親が貴顕の出自でない事を援用して、本来ならば朝時こそ得宗(義時)の嫡流に相応しいと吹聴するようになって、お飾りの将軍として推戴されていた九条頼経に色々吹き込んだり、反北条の急先鋒の一人である三浦光村と仲良くしていたため、とうとう幕府の怒りを買って島流しにされた。

光時には、何人か弟がいた。時章も、その一人である。すぐしたの弟である時幸は、過激派だったため、文字通り、詰め腹を切らされた(だが吾妻鏡は病死と捏造した)。時章は、穏健派だったので、咎めを負う事は無く、名越流北条氏の家督を継承したが、猜疑心の強い北条時頼から名越一門合わせて監視の眼をつけられることとなった。時章としては、薄氷を踏む思いだったに違いない。

その時頼がようやくくたばった。時章は安堵したが、息子の時宗はそれに輪をかけた、猜疑心の強い独裁者的趣向の男だった。おまけに、時章の弟である北条教時が、名越流が今まで受けてきた屈辱に強い義憤を唱え宗尊親王後に赤マフラーとして転生する迷惑兄貴に接近したり、公然と反得宗を標榜するようになったので、いよいよ名越流の立場は悪化した。

そして1272年2月、突如時宗ら幕府首脳陣は名越邸に軍勢を仕向け、時章は弟教時や、後に赤マフラーとして復活する迷惑兄貴と共に殺された。時宗を排斥して、京都に送還された宗尊親王を復権させて幕府を転覆させようとした、というのが、その罪状らしい。しかし、殺した直後、教時は積極的に倒幕を推進したが、時章は潔白であったことが発覚し、時章を殺した刺客達は処刑されたという。見事な口封じであり、トカゲの尻尾切りである。幕府首脳陣が最優先で始末しようとしたターゲットは迷惑兄貴の方だったらしいが、ご存知の通り迷惑兄貴はしぶとく生き延びて赤マフラーになった。

時章の潔白は証明されたが、時章が守護職を務めていた九州の数ヶ国は、没収された。蒙古襲来が間近に迫っており、幕府としては蒙古との合戦の最前線となり得る九州の諸国を不穏分子である名越の所領から切り離しておきたかったものと思われ、時章はこのためだけに罪をでっち上げられて殺された可能性がある。(´・ω・) カワイソス。

備考[編集]

大河ドラマ「北条時宗」にも時章は登場したが、時宗&時輔兄弟を美化するべく露骨な悪役として描かれたあげく、中の人の白竜の演技があまりにも淡白すぎたりと、全体的に酷い扱いを受けている。ただ、名越流北条氏そのものが、幕府や北条嫡流から酷い扱いを受けているので、ある意味史実に忠実な描写だったとも言える。