北畠親房

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』 民明書房『"北畠親房"秘話』
笹竜胆紋
この者は栄えある村上源氏の一員である!
清和源氏チガウ清和源氏チガウ清和源氏チガウ清和源氏チガウ清和源氏チガウ
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北畠親房」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「後醍醐天皇」の項目を執筆しています。

北畠親房(きたばたけ ちかふさ)は、後醍醐天皇を煽って南北朝の動乱を起こした張本人。後醍醐天皇とは、天皇を女装させてアッー!する仲でもあった。伊勢神道の狂信者で、徹底的な歴史修正主義者だった。

しまいには皇位簒奪を企んだことでも有名であり、史学界では南朝北朝鹿苑天皇に次ぐ準三皇とも呼ばれる。近年の研究によると、大正時代に歴代天皇に並べられた長慶天皇は実は親房の子孫ではないかという説も出ている。

徹頭徹尾南朝への忠勤を励んだ、というのが定説だが、それは虚像である。実際の親房は後醍醐帝のことなど傀儡程度にしか考えてなかったし(むしろ後醍醐から排斥された嫡子護良親王に肩入れしていた)、その事績を精査すると、なにやら奥州で独立しようと画策していたことが窺える。

心理テスト[編集]

北畠親房は南北朝時代を代表する人物だけあってさまざまな顔を持ち、その認識を聞くことによって被験者の興味範囲を特定できる。典型的な反応を挙げておく。

「『神皇正統記』の作者でしょ?」
北畠親房 について、暗記秀才
「後醍醐天皇の右腕として皇軍を指揮し、賊軍の討伐にあたった忠臣である」
北畠親房 について、右翼
桓武天皇がチョンの子孫で『日本書紀』を改竄したとか書いたバカチョンwww」
北畠親房 について、ネットウヨ
皇国史観を推進して日本人を一億玉砕に導いた凶悪犯罪者だ!」
北畠親房 について、極左
北畠顕家の父」
北畠親房 について、サムライおたく
「あーあー、戦国武将でしょ?」
北畠親房 について、三戦人の皮をかぶった三国人
「後醍醐天皇についてエテメナンキまで聖杯を取りに行った人ですね。ククク…」
北畠親房 について、電波を受信しちゃった人

略歴[編集]

度会家行への心酔[編集]

北畠家は代々の大覚寺統(後の南朝)の治天の君の出家につきあって出家してきた忠節の家柄であった。だが、悲しいかな、皇統分裂期の鎌倉後期にあっては片方につくともう片方に移ったときに肩身が狭かったのである。後宇多上皇院政下でとんとん拍子に出世してきた親房も、治天が持明院統伏見上皇に移ると検非違使などという血なまぐさい役目に就かされてしまった。

この後、親房は神国思想に惹かれて自分が不幸になったのは(持明院統の)天皇に徳がないせいと考えるようになり、度会家行へ徐々に傾倒していった。平禅門の乱などが起きて末世の様相を呈しているのも、政治は古来の道に則り天皇を中心に行うべきであるのにそうなっていないからであると考えるようになっていった。親房は天照大神はその仮の姿に過ぎず豊受大神こそが日本の最高神であると主張し、三種の神器院政も否定し、天皇独裁を望んだ。

南北朝の動乱へ[編集]

大覚寺統の後醍醐天皇が即位し再び後宇多上皇へ政権が移ると、親房にもようやく日の目が当たるようになった。しかし親房は本来在位中の天皇が政治を執るべきなのに後宇多上皇の傀儡に甘んじている後醍醐天皇が気に入らず、なんと後宇多上皇の院政を停止させてしまった。親房はその後も後醍醐天皇を扇動しつづけ、後醍醐天皇はついに鎌倉幕府を倒してしまう(元弘の乱)。

しかし親房と後醍醐天皇の時代の流れに背いた武士を毛嫌いする懐古主義の政治には武士層からの不満が多く、彼らは北朝・光厳上皇にヘッドハンティングされるとすぐにそちらへ移ってしまった。日本は継体・欽明朝の内乱以来の二皇並立・南北朝の動乱へと突入したのである。(公家にとっては)幸いなことに、棟梁権や相続権などを巡る醜い争いなどによって楠木正成新田義貞などのサムライは残ったため、宗教勢力の強い吉野へ転進[1]しつつ北朝に応戦した。

南北朝の分裂にいたると親房は正統なる皇位継承者の持つ神器は三種の神器ではなく十種の神器であると主張し、神器をいくつも量産した。特に、後醍醐天皇が吉野へ逃げ延びる際に恒良親王が三種の神器をかたどった爆薬を持って北朝へ突入し、壮絶な戦死を遂げた話は有名であり、後の特攻隊の原型となった。

『チョン皇正統記』事件[編集]

後醍醐天皇は北朝の追討を遂げることなく崩御してしまい、南朝は後村上天皇に移った。藤原氏のアホウらの失策もあって旧態依然とした南朝はますます弱体化していた。親房は全て後醍醐天皇の不徳の成せる業とプッツンし、自分も村上天皇の血を引く皇別氏族であることを棚に上げて桓武チョン皇の血を引く天皇は朝鮮人であり、系図を詐称して日本国民を騙している大悪人だと非難した『チョン皇正統記』を書き、南北朝両統に牙をむいた。南朝は空中分解して風前の灯火となったが、北朝は北朝で観応の擾乱などという身内間の汚い争いを繰り広げていたので南朝の滅亡はまだ先の話となる。

注釈[編集]

  1. ^ 誇りある大日本帝国臣民ならば逃げただのとは絶対に言ってはいけない。不敬である!