医療用大麻

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「医療大麻」の項目を執筆しています。

医療用大麻(いりょうようたいま)とは、医薬品として使用される大麻製製品のことである。

概要[編集]

大麻とはそもそも薔薇目麻科麻属の一年草であり、様々な用途で古代から用いられている益草である。

日本には紀元前から自生しており、神道で用いる大幣(おおぬさ)も元は「大麻」の字を当てていた。

強靭な繊維をもつ茎は衣服などに用いられ、種子は食用にされていた。また油を搾るにも適しており、麻実油は必須脂肪酸を8割も含むという特徴があり人体が必要とするバランスにも秀でている上抗菌性も高いという研究結果が報告されている。

詳細は大麻を参照。


その生命力はイネ科の一年草に匹敵するほど強いため、他の農作物を保護するために日本国内での栽培には免許が必要となっている。かつては忍者が足腰を鍛えるために「毎日決まった時間に大麻を跳び越す」という修行を行ったとも言われている。

ただし、未熟な種子や花から作られる陶酔成分が国際的に問題視され、近年では規制の声も高い。そのなかで「有用な成分のみを抽出して医療用に用いる」という目的で開発が進んでいるのが医療用大麻なのである。

医療用大麻の用いられ方[編集]

大麻の抽出物からテトラヒドロカンナビノールを取り出し、更に陶酔効果を排除するためカンナビノイドのみに精練した物を末期がん患者への苦痛軽減剤として用いる事が期待されている。

その為に2014年にはアメリカで「精神作用のある成分を含まない麻」の栽培に成功している。

この医療方式の根底にあるのは根治治療絶対主義から外れた苦痛軽減処置=ペインコントロールである。疾患改善の効果は期待できなくとも、せめて苦痛を取り払い心穏やかな最期を迎えることを目的としている。

しかしそれは「医療が守るべきは、尊厳か生命か」という非常に大きな命題にぶつかってしまうため、未だ議論に決着は着いていない。

日本においては2016年参院選で「医療用大麻の合法化と国による栽培/研究補助」を掲げて高樹沙耶女史が新党改革より出馬したものの、社会的な情報認知不足によりあえなく落選している。これにより日本国内での医療用大麻研究は頓挫しかけているが、現在の日本医療技術であれば「カンナビノイドと同じ効果を持ち低コストの新製剤」を作り出すことも可能ではないかとの期待も高まっている。

声を上げられない人々が苦痛から解放される日は、意外と近いのかもしれない[要出典]

医療用以外の使用法の例[編集]

唐辛子も食用大麻の一つ。
食用大麻
完熟した種子が七味唐辛子に使われていることは有名だが、現在スーパーフードとしてブームになっているチアシードのように煎って料理に混ぜて使う方法も行われている。
大麻料理の専門店も存在し、週刊少年サンデーの『焼きたて!!ジャぱん』では実在する大麻料理専門店を挙げて大麻種子を使ったパンをPRしていた。
衣料用大麻
いわゆる「麻織物」。肌に心地いいシャリ感を持つ、夏の定番である。
大陸から木綿が伝来するまでは日本で高級生地といえば麻であり、また神道で用いられる衣料品は麻を原材料に使うことが多い。
産業用大麻
主に製紙材料としての大麻。エジプトのパピルスのような扱いである。
コウゾやミツマタの用に用いられていたものの、安価な古紙由来の再生紙が出回るにつれて使われなくなった。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「医療用大麻」は何故か「大麻」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
  • 高樹沙耶 - 衣料用大麻研究に尽力した女性。マルチに活躍する元女優で、相棒DS版では声優も務めた。
  • 麻薬 - 略称。
  • マリファナ - 英語圏での名称の一つ。