十日市場駅 (神奈川県)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

十日市場駅(とおかいちばえき、Tohkaichiba-station)とは、1979年に突如として現れたJR横浜線の駅である。

沿革[編集]

戦後まもなく、横浜市の辺境開発計画によって市営十日市場団地が建設されたものの、団地住民が反抗的であったため、その制裁として市は十日市場隔離政策(非公式にX計画と呼称された)を執行、鉄道路線や幹線道路が破壊・寸断されて文字通り「陸の孤島」となってしまい、中山駅が好意でバスを運行させる以外にまったく交通手段がなくなってしまったのであった。そんな十日市場団地の住民は自力で鉄道を敷設、JR横浜線を無理やり引き込んで十日市場駅を建設、幹線道路も自分たちで地均しから始め、昭和60年代にはすっかり現代の立派な道路としてよみがえったのであった。かくして交通手段を確保したかに思われた十日市場団地であったが、横浜市はJR東日本への根回しによって十日市場駅には各駅停車の車両ですら停まらない「秘境駅」としてしまい、唯一停車するのは各駅停車よりもさらに1ランク下の「特別鈍行」が1日に2便(始発と終電)のみ停車させる措置をとったのであった。その後、団地住民と横浜市行政の熾烈な抗争の結果として「特別鈍行」の廃止と「各駅停車」の停車を勝ち取り、さらには中田市長(当時)の人気取りによって一部「急行列車」も停車するようになったのであった。

周辺[編集]

十日市場という名の通り、昔は十日に一度、市場が立っていたと言われているが、明治期以降「でもなくでもない」という非常に中途半端な立地条件から市場経済の中心は横浜沿岸部あるいは西東京地域(こちらは同じ田舎でも、甲信越や北関東との交流が活発であった)に移ってしまったのは言うまでもない。そのため、十日市場で商われていたのはごく身近な日用品と材木さえあればどこででも生産できる(焼くことのできる)粗悪な炭くらいのものでしかなかった。それが大正・昭和期を経たところでガラリと変わる筈もなく、平らであるだけが取り柄の土地は、団地にするくらいしか使い道がなかったのである。そのため、現代においても団地(ヒルタウン、霧が丘団地、若葉台団地)、子ども政策(つまり人気取り)のポーズとして粗製乱造された学校(霧が丘地域だけでも大学短大高校が各4校ずつと、それとほぼ同数の中学校小学校幼稚園が申し訳程度に建っている)、そして唯一の娯楽であるパチンコ屋(地域の人口ひとり当たり2.3台もパチンコ台がある状態)そして生活雑貨店(コンビニドラッグストア無印良品など)くらいしかない状態である。

バス[編集]

十日市場団地が孤立していた時にバスを出して助けてくれた中山駅とは「姉妹駅交流」関係にあり、両駅間のバスは過剰なくらい頻繁に運行(23路線も存在)されている。主なものでは若葉台中央~十日市場駅~青葉台駅(いわゆる23系統)、中山駅~長津田駅~奈良北団地(これも23系統)、中山~十日市場駅~長津田駅~奈良北団地(こちらも23系統)、十日市場駅~田奈駅~奈良北団地(これでも23系統)と、ほか19路線のことごとくが23系統と呼ばれており、地元住民ですらどの23系統に乗れば自宅に帰り着けるのか、さっぱりわからないそうである。なぜこうまで「23系統」という名称に執着するのかと言えば、当初中山駅から十日市場団地まで運行していたバスが23系統であったから、その恩義を忘れないためであると十日市場団地当局は語っているものの、いくらなんでもやりすぎである。

日産スタジアム[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「十日市場駅 (神奈川県)」の項目を執筆しています。


Gomen.jpg この「十日市場駅 (神奈川県)」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)