千代大龍秀政

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

千代大龍 秀政(ちよたいりゅう ひでまさ、1988年11月14日 - )は、大日本帝国東京都荒川区出身で(のちにソドムに出身地を変更)九重部屋に所属する現役SUMOUレスラー兼呪術師であり、角界初のデビルマン力士。本名は明月院 秀政(ミョンウォルウォン スジョン 、ハングル表記 명월원 수정)。誕生日は世界糖尿病デー。最高位は初代斜綱(全場所)。左利き。得意手は引き、はたき、網打ちであるが、廻しをとって出し投げ、吊りなど清瀬海ばりの器用な一面も見せる。立ち合い変化も大得意だが、クソ親方にシバかれるために封印している。また、呪いの術は強力無比として恐れられており、黒星をつけられた力士や九重部屋の番付上位の力士が被害に遭っている。 愛称は、三つ目の化け猫、千代怠留、呪術師、千代瀬海、汚相撲さん、初代斜綱、水銀の引き足、幕内土俵入りおしゃべりクソ野郎、相撲冒涜小僧、糖尿ブヨブヨ下降線怪人、片ヤオハンター、骨太、腐力士、技の埋立地、エセ優等生、史上最弱の幕下付出力士、千代大麻、千代退流、千代手籠、世界で一番愛の鞭を受けるならず者、人間らしくないほどに態度の悪い学生横綱改メ人間の心を完全に捨て去ったエレベーター力士、腐った山賊みたいな大斜綱、超劣化版汚相撲型小錦、汚れた新鋭、ロストすべき力士、10年代最初のお荷物、あんこ筋肉魔神、Chaos悪魔、消失してゆく下半身、小便にアリがたかる力士、角界の焼き肉奉行、黒い舞の海、取組前に居眠りをする力士、つきぴざを二度決めた力士、ブッチャー(呪術師の異名から)、肥満体だけで教職免許を取った力士、技としての呪いで技能賞を取った力士、千代大龍☆自業自得☆秀政、Chusya Cat、角界のワードナ、ミジンコ(体型が似ている)、呪いの力で三役昇進を果たした力士、怠留稽古しろ、インスリン王子、黒い豪栄道、角界のアクジキング、モブデブなど(証言者は宝富士大輔)。若者の人間離れを象徴する力士である。


人物像[編集]

  • 上記のように、本名は「ミョンウォルウォン スジョン」と読むのが正しいが、ずっと日本で暮らしている千代大龍は「めいげついん ひでまさ」と読むことも許可している。ただ、正式な場ではちゃんとミョンウォルウォンと呼ぶ事をお勧めする。四股名のほうは最初から「めいげついん ひでまさ」→「ちよたいりゅう ひでまさ」→「ちよはくたく ひでまさ」と日本語読みする。
  • 家族構成は両親と兄1人、妹3人である。父親に関しては特定の事情があり存在を公表できないが、両親は離婚も死別もしていない。ちなみに長妹は金髪でヤンキーみたいな風貌をしている。
  • 昔から、千代大龍の通った後の道にはぺんぺん草も生えない無毛地帯が広がる。地球温暖化の原因とも一部ではささやかれている。
  • 必殺技は説明無用のMSP(ミョンウォルウォン・スペシャル)である。説明無用なので詳しいことは説明しない。
  • 日体大に入学したのは体重だけで教職免許を取れると思っていたからであって、本当に取れてしまった。そう思った背景には山本山という日大相撲部にいても稽古しているかどうか怪しい体型をしているにもかかわらず大学5冠を達成した豚がいた。いわゆる旧基準ならばただのデブでも幕下付出資格を得られるのだ。でも日体大はおかしいのもいるけど、教師になれる奴はそこまでバカではないはず。1割ほどのキ印を除いてね。千代白鵬大樹
  • 必殺技が効かない力士には超強力な呪いが待っている。被害者は鬼嵐勝誠(薩摩響)、琉鵬阿夢露城ノ龍らの白星を奪った力士や、番付を追い越したくても必殺技を繰り出せない同部屋力士の千代白鵬千代の国千代嵐千代桜など多数に及び、相撲界を震撼させている。
  • 九重部屋のことを裏では「九重サティアン」と呼んでいる。[1]
  • ロートル力士との対戦が多く、「アンデッドスレイヤー」を自称する。
  • Facebookに三重登録をしていて、友達にはいうまでもなく元清瀬海元増健がいる。また、力士だけが使えるSNSサイト・rixiも関取昇進を機に開始した。Twitterに偽者がいる。
  • 音楽はEXILEteeM-flo布施明TUBEをたしなむ。長淵剛も最近は好き。
稽古をせず巡業もさぼりがちな千代大龍の言い訳・・・ではなく真実
  • 好きな本のところに相撲マンガであるバチバチはまだいいが、銀魂BLEACH黒子のバスケと、週刊少年ジャンプのマンガを複数書き、活字本が1冊も無い。読んでいる漫画も腐女子向け漫画が多く、宝富士が完成したと言われる「腐力士」のジャンルに属すに値する趣味である。コミックマーケットは落ち続けているが、宝富士と強力して薄い本を販売する計画も立てているようだ。
  • 麻雀が大好き。もちろん金を賭ける。
  • サッカーが大好きで、totoは毎回必ず買っている。以前は野球賭博もたしなんでいたが、飽きたらしい。
  • ニコニコ生放送のリスナーでもある。それに関連して同人関係のイベントにも付き人を送らせたことが確認されている。
  • Yahoo!知恵袋に登録している。[2]
  • 相撲界入門以降、「穴があればどんな女とでもやる。それが力士だ」を信条にしている。また、それに関連して隠し子が現在までに4人誕生している。ただ、タミコとはもう飽きた。
  • 「自分は親や教師から体罰を受けた最後の世代」、「俺5人きょうだいじゃなくてほんとは13人。飯の取りあいで鍛え合っているうちに今いる5人以外みんな死んじゃった。」などと、物凄いフカシ野郎。
  • 座右の銘は「一生平幕・金星30」である。佐ノ山の予想によれば「関取75場所で幕内60場所、最高位は東前頭2枚目、金星23個、優勝決定戦出場8回!」であるそうだが、これだけ活躍して平幕止まりならばヤオであると言っているようなもの。また、「廃業まで泣くんじゃない」というキャッチコピーおよびそのポスターも同部屋の千代丸によって製作されている。詳細は千代丸の項を参照されたい。
  • 2013年のころから本場所以外の時期には半ば引きこもりの生活を送り、稽古をせず筋トレばかりして食事も焼肉や冷凍ピザで済ませるという。だからあんな足腰の脆い力士になってしまうのだ。見かねた夫人は「つきぴざ」というあだ名を付けて発奮を促した。
  • 呪いを受けて地獄を見た力士たちもただ黙って呪いを受け入れていたわけではなく、力士生命を失った元千代白鵬、元千代桜を中心にして強力な呪い返しをされたため、糖尿病発症、また網膜剥離などの力士生命を左右する疾患に罹患させられたが、この男、むしろ病気を自分の力に換えてしまい、インスリン大量投与で筋力をアップして金星二つを獲得し、視力の低下でかえって立ち合いの迷いがなくなってファーストインパクトの威力が倍増して技能賞(賞金二百万円)を獲得した。さらにこの呪い返しメンバーには現役力士でただ一人、千代嵐が加わっていたことがわかり、千代嵐は直ちに再び超強力に呪われて長期休場に追い込まれている。
  • 速攻相撲や呪い、ふてぶてしさの反面持ち前の攻撃力が通用しなければ信じられないほど脆いため、「角界のワードナ」と呼ばれている。

自画AA[編集]

    /\___/ヽ 
   /'''''◞≼⓪≽◟''''':::::\ 
  . |◞≼⓪≽◟, ◞≼⓪≽◟、.| + 
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   تأريخيعِنْدَأَمَامَقَلِيلٌ    
.   |  `(www( ' .:::::::| +    لَيْسَممانبسطتعممتاز 
   \  `ニニ´  .:::::/     + 
    /  ー--´  ヽ::: 
    / ヽ☀☽☯/  /::: 
   / /へ ヘ /  /::: 
   / \ ヾミ   /|::: 
  (__/| \___ ノ/::: 
     /     /::: 

千代大龍が大学時代に作成。右側の外来語は「明月院秀政」を表しており、自身が国際的な人間であるとアピールしている。確かに、2ちゃんねるの鯖は日本国の警察ですら現在地を把握できないほどに世界各地を転々としているので、国際的な人間と言うことになる。

ちなみに、このAAはイラストになった。[1]

その国際的な人間であるという証に、千代大龍は実にさまざまな言語で応援されている。以下はそのほんの一部だ。以下のものを含め、判明しているだけでも実に約四十種類もの文字で応援されている。

  • ( ゚∀゚)o彡° 명월원!명월원! (訓民正音)
  • !تنينكبيروقت طويل! تنينكبيروقت طويل ゚ミo(゚∀゚ ) (アラビア文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° МыеонгWолWон!МыеонгWолWон! (キリル文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° Μειγετσουιν!Μειγετσουιν! (ギリシャ文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° मेइगेत्सुइन्!मेइगेत्सुइन्! (梵字)
  • ( ゚∀゚)o彡° ํเออิเคตฺสุอินฺ!ํเออิเคตฺสุอินฺ! (タイ文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° MyeongWolWon!MyeongWolWon!(ラテン文字)
  • !םִֶגֶתסִֻנ!םִֶגֶתסִֻנ ゚ミo(゚∀゚ ) (ヘブライ文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° 明月院!明月院! (漢字)
  • ( ゚∀゚)o彡 ංඑඉගෙත්සුඉන්!ංඑඉගෙත්සුඉන්!(シンハラ文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° მეიგეწუინ! მეიგეწუინ! (グルジア文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° ՄեըօնգՒօլՒօն!ՄեըօնգՒօլՒօն! (アルメニア文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° މއޭގޓއުއިނ !މއޭގޓއުއިނ ! (ターナ文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° ᎺᎢᎨᏧᎢᏅ !ᎺᎢᎨᏧᎢᏅ !(チェロキー文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° 𝔐𝔢𝔢𝔤𝔢𝖙𝖟𝖎𝖓 !𝔐𝔢𝔢𝔤𝔢𝖙𝖟𝖎𝖓 !(フラクトゥール)
  • ( ゚∀゚)o彡° མེཨིགེཚུཨིང!མེཨིགེཚུཨིང! (チベット文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° ꂴꀁꈙꄳꀀꍬ!ꂴꀁꈙꄳꀀꍬ! (ロロ文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° ᛗᛖᛁᚱᛖᛏᛋᚢᛁᚾ !ᛗᛖᛁᚱᛖᛏᛋᚢᛁᚾ !(ルーン文字)
  • !ߡ‎ߋ‎ߌ‏‎ߜ‏‎ߍ‏‎ߕ‏‎ߎ‏‎ߌ‏‎ߒ *!ߡ‎ߋ‎ߌ‏‎ߜ‏‎ߍ‏‎ߕ‏‎ߎ‏‎ߌ‏‎ߒ ゚ミo(゚∀゚ ) (ンコ文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° ⵎⴻⵉⴳⴻⵝⵥⵉⵏ! ⵎⴻⵉⴳⴻⵝⵥⵉⵏ!(ティフィナグ文字)
  • !ܡܝܔܝܝܘܙܢ !ܡܝܔܝܝܘܙܢ ゚ミo(゚∀゚ ) (シリア文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° மெஇகெட்ஸுஇன்!மெஇகெட்ஸுஇன்!(タミル文字)
  • ( ゚∀゚)o彡° മേഗെഥൂഇന!മേഗെഥൂഇന!(マラヤーラム文字)
  • ( ゚∀゚)o彡°ຟິຢັອງວົລວັອນ !ຟິຢັອງວົລວັອນ !(ラーオ文字)
  • ( ゚∀゚)o彡°⠿⠃⠐⠫⠝⠃⠴⠖ ⠿⠃⠐⠫⠝⠃⠴⠖ (点字)
  • ( ゚∀゚)o彡° ミョンウォルウォン!ミョンウォルウォン!(片仮名)

あ、そうそう。これが千代大龍の彼氏第一号・嘉風のラフ絵。千代大龍の自画AAに対抗したちょっと耽美の入った絵であるともいえなくもない。[2]

おっと、お次は彼氏第二号・豪風の自画像だ。プライバシー保護のため本人には全く似せていない。豪風は千代大龍に「桜色のペニス」と褒められている。寝かせねぇよ! [3]もちろん、似ていない理由はもうひとつ、「口が臭い」こともあったりする。

上に表示されたAAの影響から、中国神話の神獣である白澤(はくたく)を九重部屋所属を示す「千代」に続ける四股名にすることが2013年3月6日午前0時50分に発表された。予てより、四股名"千代大龍"には、「ダサい」、「ヤンキー臭がする。」、「手抜き」、「教習所を留年したことを自慢すんな。」という評判が立っていたため、これにかわる漢語由来の新四股名は比較的喜ばれた。

だが千代大龍はパフォーマンス野郎の大貴鵬に触発され、あるパフォーマンスのために「千代月山」に改名。2013年5月30日午後10時16分のことであった。現役時代の一時期「月山」を名乗っていた熊ヶ谷親方は、年寄永久据え置き処分を受けて抜け殻状態なので特に何も言わなかった。

そのパフォーマンスとは、時間前に行司の傍に立って集音マイクに拾われるように「がっさんさん、がっさんさん、がっさん三三七拍子!」と5回繰り返すものである。

だが2013年7月場所を終えた千代大龍はそんなことより焼肉の事が気になって仕方なかった。「角界の焼肉奉行」と呼ばれるほど深刻な焼肉依存症の千代大龍は、糖尿で焼肉を制限されている辛さを紛らわすために「千代猛火」と改名。翌9月場所はこのしこ名で上がる予定。

9月場所終了後、またもや改名。場所中に居眠りした様子をすっぱ抜かれたエピソードを由来とした「千代夢国」の名で11月場所から土俵に上がる。この際に、師匠の九重から本来許されないはずの千代の富士の襲名を打診されたが「さらし者にしないで下さいよ。」と九重の意図を見透かして九重案を拒否し、自身の案を貫いた。

2014年3月場所以降、「古典を由来とした四股名が欲しい」という理由で中国の四大奇書の1つである紅楼夢を由来とした「千代紅楼」の四股名を冠して土俵に上がる予定。

来歴[編集]

小学生時代はその容姿と名前、肥満体型からいじめを受け、M属性を開花させ、中学校入学直前には同級生から集団暴行を受ける。その時秀政少年の全身を恐怖が貫き、秀政少年は理性のタガが飛び本能だけで逃げ惑った。逃げる途中に人生の転機が舞い込んだのだ!

「正体不明の化け猫」と融合した秀政少年はデビルマンとして生まれ変わり、いじめっ子13人をその手で引き裂いた。悪魔の姿に変わっていたので秀政少年がいじめっ子達を殺した証拠は残らなかった。荒川の土手を徘徊するようなレベルの悪魔と合体したため、当初はデビルマンとしての戦闘力を疑問視されていたが、人間相手に相撲を取る分には寧ろ有り余る程度だ。

気弱で内向的だった秀政少年は一夜にして好戦的で大言壮語の悪童に変貌し、[葛飾区立大道中学校]]時代にデビルマンとしての力を活かし相撲の才能を開花させる。大道中学校の先輩には幕内力士の大道が居り、彼と同等の教育を受けた賜である。大道はその後野球賭博の趣味が公にさらされているが、千代大龍も中学校時代から野球賭博が趣味である。ただし不当処分問題の際にはまだ入門していなかった。

その後荒れているといわれる東京都立足立新田高等学校を経て日本体育大学に進学。大学の先輩には垣添剣武らがいるが、彼らには「プロにさっさと来いよ」と誘われながらいじめられてもいたため千代大龍は彼らのいる藤島部屋はもとより出羽海一門を拒否し、大学出身者が多数を占める尾車部屋に入門するつもりでいた。しかし、その尾車部屋からは入門拒否をされ、他の部屋を当たっても軒並み拒否。角界において外人禁止の機運が高まっていたため、人間ですらなくなった存在である千代大龍は必然と角界から忌避されていた。最終的に監督に無理やり、1年先輩の千代桜が所属している九重部屋に入門することにした。入門直後、八百長騒動発生。千代白鵬の関与が発覚したため、「そのまま部屋がつぶれ、自分も引退してしまいたい」と、大学の卒業スピーチにて公言した。その後自身の引退届も作成したが、実は八百長事件は下田の悲劇の二の舞を防いで且つ一気に部屋頭ゲットを狙う幕下一場所通過を図った関取の番付を空けるための千代白鵬への強力な明月院の呪いの結果であり、それをカムフラージュするための行動であったことが判明した。

その後4月に相撲協会から不当処分で永久追放された清瀬海がバックについて相撲は続けることを決意したが、いざこざを起こした責任で初土俵となる5月技量審査場所は親方の制裁をくらい途中休場という憂いの目に遭う。

その後、バックについた清瀬海の全面協力で清瀬海の得意とした汚相撲を継承することになったが、清瀬海と現役時代に同部屋所属であった明瀬山も継承争いに加わり、どちらが2代目清瀬海を襲名できるか注目されることとなった。

ただし、清瀬海は本当は清瀬海という四股名ではなかった。その証拠に継承争いの途中ながら明月院でとる予定だったこの力士は千代瀬海という四股名で土俵に上がったからだ。公には「継承争いをしているので」ということで清瀬海の世を忍ぶ仮の四股名を継承していることは知らされず本名でとったが、九重部屋は三段目以上の全力士に必ず「千代」という文字を入れた四股名を名乗る義務があることからも千代瀬海でなければおかしいはずなのだ。ちなみに清瀬海の本当の四股名は清瀬海の項目を参照のこと。

2011年9月場所後に、相撲道について学習する義務教育機関・相撲教習所を卒業する予定であったが49日間中17日間欠席という不真面目さで日本人力士としては異例の落第。日本体育大学卒業の頭脳でも相撲教習所では中卒力士、外人力士にも敵わなかった。なお、落第を決定したのは教頭とも呼ばれる教習所の古参で、千代大龍と同じ一門所属の大山親方であった。しかし、この教習所の所長はあの藤島部屋の前身である、武蔵川部屋の師匠であった武蔵川親方であり、彼の陰謀論も浮上している。

2012年1月場所で関取昇進を決めたが、この際に四股名を佐ノ山親方から頂いた千代大龍に改名することを発表。同時に記者会見で明瀬山との2代目清瀬海継承争いに敗北したと宣言し、その後北の湖部屋に出向き、明瀬山に対して投降の意志を伝え、今後は2代目千代大海に向けて修行を積むと見られていたが、元清瀬海が経営する「スナック愛」に足を踏み入れた次の瞬間、やはりあこがれの二代目清瀬海も捨てきれない、清瀬海と千代大海、両者の二代目となるべく決意を固めた。千代の富士は嫌いだが、千代大海の内弟子という形でなら所属し続けるのも構わない。バ愛バ愛。

粗暴な人物であるために関取昇進を果たした際には誰一人として化粧廻しを送るつもりがなく、そのため日体大の先輩である千代桜を痛め付けて幕下陥落に追い込み入れ替わるように自身が千代桜から強奪した化粧廻しを締めたとも伝わっている。これは創作である可能性が高いが、千代大龍がそれぐらいのことをしかねない人物であるとみられていることは確実である。

角界では二所ノ関一門を深く信仰する傾向にある。尾車部屋力士の全員を尊敬していて、特に皇風の汚相撲の先輩としても慕っている。尾車部屋以外でも松ヶ根部屋松鳳山を「兄貴」と呼び慕っている。

2012年3月場所では、普通に考えれば新入幕の手はずとなっており、尊敬する清瀬海同様の十両1場所通過のはずが、翔天狼が誰もが仰天の再入幕で千代大龍は十両怠留という結果となった。この最終決定を下したのは貴乃花審判部長(当時)であるが、貴乃花は当時同じく理事であった武蔵川に操られていたものと思われる。事実、翔天狼は藤島部屋所属で、過去にはわかっているような取組を見せていたが、演技だったのではないかとの疑惑がある。もし翔天狼との対戦が組まれようものなら阿夢露への呪いなぞかわいく見えちゃう程の強力な呪いをかけてもおかしくはないだろう、との見方もあったが、見送り場所では翔天狼はおろか、幕内力士との対戦すら1番も無かった。

2012年5月場所に新入幕を果たし、憧れの先輩方とも対戦。皇風が「引き・叩き・汚相撲は封印する」と発言すれば、千代大龍も「呪いを封印する」と発言した。しかし、なぜか千代の国は全休することとなった。しかし、本場所では呪いパワーが無いと厳しいのか、宝富士に痛めつけられ、2日後から休場する羽目になる。実は場所前の春巡業で日馬富士から痛めつけの被害に遭っていたのだが、これを悪化させたのが奇しくも同じ伊勢ヶ濱部屋の宝富士。これ以降、千代大龍は伊勢ヶ濱部屋を敵視することとなる。ちなみにこの場所限りで琉鵬が引退した。

こんなこともあるが、数々のレジェンドを持っているため、初代縦綱と呼ばれた増健のさらに斜め上をいく称号「斜綱」を獲得。今後引退までの全場所、斜綱として土俵に上がり続ける。

伝説[編集]

千代大龍が自分で作ったポスター(2012年版)。逆らえば呪うと警告している
  • 先述のとおり、千代大龍は5人きょうだいの2番目。上は男だが下3人は女で、しかもまだ14歳という、妹萌え、シスコンにはたまらない環境である。なんでこんな妹に全く興味持たないやつに妹が居て、我々みたいな妹に萌えたい人たちには妹がいないのだろうか。妹いらないなら貸してほしいと思う。
  • とか言ってたら、新十両優勝直後に「(優勝賞金200万円を)全部、妹にあげます。大学で金を使わせ過ぎたんで」と発言。女子中学生・女子高生に200万円もあげるとろくなことにならんぞ。[3]
  • 角界入りする3年前に初めての本スレが相撲板で立つ。これは異例の早さである。
  • その割には不人気。フニスこと北勝力を上回る勢いである。ちなみに、北勝力は千代大龍の初土俵場所限りで引退したが、その原因を作ったのは高見盛。千代大龍の呪いというわけではない。
  • 入門の仕方が何か勿体つけた雰囲気であった。所属している九重部屋が嫌いだからと言う理由である。
  • 入門のきっかけは、千代桜の勧誘。多分、この時。[4]
  • その入門直前にせっかく延ばしていた頭髪を剃ってしまう。
  • 入門と同時に部屋公式サイトに力士紹介として載せられたが、序列が原則番付順の中で十両昇進まで最下位に置かれ続けていた。しかも本名を現在に至るまで一貫して「秀正」と誤植(本来は秀政)され続けている。だがハングル表記では秀政でも秀正でも同じ「수정」なので本人は気にしていない。
  • 入門直後、一般人には本名のまま取り続けていると言い続けたが、本名にも貫禄ありすぎ。
  • 最初の稽古で千代の国を豪快に破る。千代桜、千代嵐といった部屋期待の若手をやりまくり、一目部屋の一番人気となる。汚相撲を封印して、の話である。
  • 入門直後に千代白鵬が自らの呪いによる八百長発覚で不当処分を受け、呪ったことがバレないように自分も一緒に引退するふりをした。
  • 自身の引退届を本当に用意し、提出しようとする(慰留されたため提出せずに破棄)。
  • 相撲が再開されるまでは相撲界不信のため九重部屋ではなく、日本体育大学で稽古を積む。3月までは学生なので、特に何か言われることはなかった。
  • 「幕下を1場所で通過」と公言し、有言不実行
  • 幕下付出力士として初のデビュー場所途中休場。
  • この場所、休場による不戦勝をあげた相手の琉鵬はさらに強力に呪われ、現在までこの白星が最後の白星になったまま長期休場に追い込まれ、1年後の2012年5月場所、序ノ口に在位した場所で引退することとなった。
  • 九重部屋入門でストレスが溜まったのか、入門直後に10数kgほど減量。
  • 2011年7月場所13日目、山下を見事な立ち合い変化で仕留めて6勝目を上げ、ご当地名古屋で密かに観戦していた元清瀬海が、これで思い残すことはない、と涙して錦糸町でのスナック開業を決意した。
  • 自身の指導役、千代錦と仲たがいして暴行し、中期休場に追い込む。
  • 前述の通り、相撲教習所を出席日数不足で落第。教習所の卒業式は十両昇進の後になってしまった。
  • 師匠のことを死んで欲しいと思っている。「隆の里じゃなく、千代の富士が死ねばよかったのに」と、鳴戸親方死去にあたってコメントを発表。
  • だが、その隆の里率いる鳴戸部屋へ出稽古へ行った際、当時関脇の稀勢の里相手に圧勝してしまい、稀勢の里が自信喪失しかねないとして鳴戸部屋から出入り禁止処分を受ける。
  • 十両昇進を狙うため大先輩の力士である玉乃島に、無理やり引退を決断させる。
  • 十両の枠を奪い合うことにならぬよう同部屋の千代鳳の全勝阻止を阿夢露に依頼。しかし6勝1敗の優勝決定戦に進出したので、部屋後援会の視線を自身に向けるため、千昇に優勝決定戦で破ってもらった。
  • さらに十両昇進を確実にするため、部屋の2人(千代嵐千代桜)に休場させ、十両の枠を2つ開ける。なんと2人は翌場所も土俵に復帰できなかった。その千代桜は二度と土俵に上がることなく角界を去る。
  • 正式発表2日前から新しい四股名が情報流出する。知り合いが流出させたらしい。しかも、その新しい四股名も九重提案と佐ノ山提案とがあったが、無論佐ノ山案を採用。もし九重案しか出なければ改名拒否を予定していた。
  • 新十両会見で公開説教。いろいろな事実を暴露される。
  • 四股、股割りが出来ない。これでは昼の本場所はおろか、夜の本場所にも影響を及ぼす。とくに3月場所で白鵬に負けた時は、九重から「また怪我厨か。」と切り捨てられ、致命的なその足腰の脆さから、「消失してゆく下半身」というありがたくない異名を付けられてしまった。
  • 実は九重部屋以外のほとんどの相撲部屋からは入門を拒否されていたというが、それは藤島部屋の陰謀である。
  • 新十両会見で「師匠や親に恩返しします」と言う。大学出身だけあり、口だけは達者。実際には前述のとおり、妹にだけ恩返ししている。
  • ニュー速VIPに出入りすることもある。以前明らかに千代大龍と思われる人物が質問を受け付けた。[5]
  • 自身の本スレへ定期的に降臨するが、自身の本スレをうっかり乱立してしまったことがある。
  • フェイスブックの自身の写真が何故かランボルギーニである。
  • 半年に1回刊行される「九重タイムス」の辰年に関連したインタビュー記事の語彙が明らかに少ない。年男なんて12年に1回なのに…。
  • 2ちゃんねるの全AAをイラスト化するというサイトに、自身の自画AAを投稿し、イラスト化希望する。[6]
  • 母校・日本体育大学での化粧回し贈呈式でただの1度も九重と横に並ぶことは無かった。
  • NHKの新十両インタビュー時に全国放送された九重からのビデオレターでまたもや公開説教。もう不仲なの隠す気無いでしょ九重さん…。
  • 本来入門する予定だった尾車部屋の力士・皇風に初日からの連勝を8で止められる。改めて尾車部屋に入りたかったと思うようになる。
  • 双大竜が大竜つながりで親密感ありすぎ、雑念が入った相撲で負ける。その為、もう2度と大手を振った相撲が取れないよう呪った。
  • 新十両優勝を決めるため、最大の難敵である阿夢露との直接対決を前に呪い倒して、不戦勝獲得。
  • その日、同部屋の千代の国がケガをして翌日から休場する破目になる。千代大龍が関わっているのは明らかなのだが、このようにした理由が本人にも分からない。
  • その次の日、玉乃島に同情していた栃乃洋を土俵から排除する作戦に成功。そのせいで燁司が日本相撲協会を退職せざるを得なくなるというとばっちりを受ける。
  • 14日目に双大竜を破って千代大龍の優勝を決めてくれたを翌日の直接対決で負かす。
  • 先場所の勢に続けて2場所連続で新十両力士の優勝が発生した。前回は鳴戸部屋の忍者金開山(現・田子ノ浦親方)なのだが、前者が三役通算26場所と立派な成績であったのに対し、後者はあまりパッとしない力士に終わっている。
  • 新十両優勝場所千秋楽に九重部屋で1人だけ注目を集める目的で、知り合いの佐久間山に頼んで同部屋千代鳳の幕下優勝を阻止させる。
  • ただし、その佐久間山がマゲを結えないまま前相撲から新十両へ上がってきて、同期である自身の知名度に響くことがないよう、千昇に駆除を依頼している。負け知らず27連勝はくれてやったが予想だにしなかったこの取組を審判部に無理やり組ませて全勝を阻止させた。だが、これが原因で千代鳳が優勝決定戦に進出したのである。
  • 2場所連続で2人の力士を引退に追い込み、3人の同部屋力士を休場に追い込んだため、DEATH NOTE所有説がある。
  • 普天王引退相撲の解説者に対し、納豆とアンコが嫌いであると発言したが、これは納豆のように粘る相撲とアンコ型の力士が嫌いという意味である。しかし千代大龍自身は完全なアンコ型体型の力士であり、しかもその日德真鵬相手に見せた相撲は大関互助会次期会長への就任が確実な琴奨菊ばりのがぶり寄りを見せるという粘っこい相撲であった。あれ?
  • 師匠九重が2012年の理事改選で理事へ昇格し部屋関係者だけで理事復帰祝いの席が設けられたのだが、千代大龍は欠席した。ちなみに九重へ投票予定のはずが、造反予定を取りやめて九重へ投票した親方が1人いたため、「友綱との決選投票なら九重は落ちたのに…。」と造反撤回した親方を憎む。そのお方、井筒親方である。156人の殺し屋から命を狙われているかもしれない。
  • 2012年2月1日、大学の先輩で茶畑を経営している人物に、九重部屋にお茶を大量に贈ってもらったことを感謝する電話をかけた。この茶畑経営者が九重部屋にお茶を贈った理由のひとつには千代大龍の大活躍という点が大きく関わっていたらしい。ちなみに、誰がどれくらい茶を消費したのかは不明だが、部屋で迫害を受けている千代大龍のことなので、おそらくかなり分捕られてしまいほとんど飲めなかったものと思われる。[7]
  • 2012年2月9日、松鳳山の生誕28周年を祝するコメントを自身のフェイスブックにて行った。その場において松鳳山を兄貴と呼んでいることが判明。本人のコメントは「兄貴!!おめでとうございます(〃^ー^〃)」(原文ママ)であった。ちなみにこの日は八百長の神様、第35代横綱・双葉山の生誕100周年の日でもあった。
  • 2012年3月場所、西十両13枚目で13勝2敗の千代大龍は新入幕ならず、東十両5枚目で8勝7敗の翔天狼が再入幕を果たす。これを知った千代大龍、その瞬間に翔天狼へ相撲という競技の存続事態が危うくなるような強力な呪いをかけることを決断したが、翌5月場所初日の直接対決で見事にMSPに嵌ってくれたことから呪いを解き、その後翔天狼は連勝街道を驀進することになる。
  • 千代大龍は清瀬海後継者争いを「自分には荷が重い」と断念する振りをして腹の中は大いに狙っている。しかし宮城野部屋山口も叩き相撲を磨いて後継者を狙っているため、自身以来となる幕下付出である山口に対しての千代大龍の処遇にも要注目である。
  • 千代大龍は今後、闘牙の後継者も狙い、「千代闘気」などの新四股名を検討しているとされる。しかし、実際には闘牙との仲もそこまで良いわけではないため実現性は低いと見られる。
  • 「豊響の後継者」という約1名の2ちゃんねるの書き込みを見た千代大龍が、この書き込みについてコメントを発表。「俺は豊響のような半端力士を継ぐ気は無ぇ!」とのこと。
  • 2ちゃんねる相撲板で有名な人物である、太刀山型の土俵入り氏に注目されている力士の1人である。「千代大海は千代大龍の年の頃には横綱だろうが大関だろうが潰してた。 師匠が言ってる通り格が違う。」「美人巫女とか美人霊能者に調伏されたら喜びそうなのが千代大龍」「千代大海の肉体で千代翔馬の相撲を取る男」などのコメントを太刀山型の土俵入り氏が発表している。
  • 2012年3月場所を前にして北の湖部屋期待のホープ・佐久間山が、千代大龍との対戦の予定があるわけないのに勝手に胸骨骨折。一般では千代大龍の呪いと言われているが、千代大龍容疑者は関与を否定している。
  • 2012年3月場所初日は、琴勇輝との取り組みが組まれた。この琴勇輝、よりにもよってMSPで千代大龍に勝つという自殺行為・「逆MSP」をしでかしてしまった。彼はその後、4連敗を記録するなど、微妙な呪いで済んだと思われたが、翌場所の取り組みで膝を痛めて途中休場。その後再出場はできたが、やはり呪いは強力であった。
  • 実は千代大龍は、2011年9月場所に幕下優勝を阻止してくれやがった旭日松にも強力な呪いをかけていた。しかし、この時は旭日松の所属する大島部屋の主である旭天鵬に呪いを跳ね返されていた。これを受けて作戦を変更し、2012年3月場所の2日目の対戦で、立ち合い変化を警戒する旭日松に対して不意をついて立ち合いに利き腕の左からの「エルボーなんとか(北の富士勝昭命名)」を叩きこんで制裁に成功した。この制裁行為は観客からの支持を得て、この日の「敢闘精神あふれる力士」十両第2位に輝いた。ちなみに1位は琴勇輝。でも、千代大龍はこのアンケートをまったく気にしていないらしい。
  • 2012年3月場所3日目の磋牙司戦では7連続、4日目の双大竜戦ではついに10連続という大台のMSPコールを実況スレにて観測した。双大竜戦では、前場所の呪いがうまく利いていたため楽勝であったと聞く。
  • 2012年3月場所6日目は鳰の湖戦。これを前に、場所前あらかじめ鳰の湖には呪いをかけていた。しかし、鳰の湖は直接対決前日に、剣武へ呪いを転嫁させてしまった。しかし、これで忌々しき剣武が網膜はく離を発症し7日目から休場し、そのまま引退になったのと、6日目の直接対決で鳰の湖がわかっていた、という2点の功績から、鳰の湖を地味に尊敬するようになった。
  • 千代大龍の崇高なる取組を理解できない一般人もまだまだ多く、土俵入りの際には歓声に混じって罵声も飛び交うことがある。2012年3月場所8日目の土俵入りを見た、太刀山型の土俵入り氏も非常に残念がっていた。
  • 2012年3月場所8日目は黒海戦であった。あまりにもMSPを乱用しすぎたことを反省し、この日限りでMSPを封印したのだが、まさかMSPを封印してくるとは思っていなかった黒海相手には見事な奇襲戦法となった。
  • その取組を前にして、2ちゃんねる相撲板で有名な人物の1人・開元一(ケーウォンイル)氏も千代大龍に期待していると思われるコメントを発表。「明月院クンは入幕したら青山学院大学へ学士入学する予定なんやでぇ~。。。」である。
  • 2012年3月場所後半は、皇風が十両の優勝争いのトップに立っていたこともあり、表立った活動は少なく、ここに特筆すべきこともないため、省略される。東十両筆頭ながら、幕内力士との対戦が1回も組まれなかったことが近年では珍しい、ということくらいであろうか(幕内に奇数人数の休場が1日も発生しなかったことと、早々に新入幕を決めたため入れ替え戦の必要が無かったことが上げられる)。
  • 2012年3月30日、Facebookにおいて元幕内・清瀬海の市原孝行氏から、「巡業でもガンガン叩き込みやってくれ☆」との書き込みを下賜される。これに対して千代大龍は「市原さん〉やりまくりますよ!!また、愛に顔出します♪」と市原氏の汚相撲継承を誓う返答をした。しかし、春巡業においては、汚相撲を封印せざるを得なくなる緊急事態に対応するため、自ら汚相撲以外の相撲技の稽古を実践するなど、叩き込みはあまり多くない傾向にあったという。まさに有言不実行、と思ったが、5月の本場所が始まるとはたきまくっており、市原氏の期待に応えている。
  • 2012年4月3日頃から、2ちゃんねる相撲板にある本スレが過度の荒らし被害に遭う。千代大龍のことを快く思わない人物が事を大きくしたようだ。アイドルだってうんこをしているくらいだし、当然千代大龍だってうんこするんだ。当たり前の生理現象にいちゃもんをつける方がどうかしている。
  • 2012年4月4日、「死死の日」に、福井県小浜市で行われた春巡業の際、日馬富士に痛めつけられて負傷。右足関節剥離骨折で全治3週間との診断書が出て6日の靖国神社奉納相撲から春巡業を休場することとなった。当然のごとく日馬富士を呪うことを決意。5月場所では六大関のうちただ一人、日馬富士だけ懸賞の付きが異様に悪いという現象が発生し[8]、呪いの効果が確実に現れた。ちなみに同日には巡業部長である尾車親方(元大関琴風)がすっ転ぶ事態も発生。尾車親方は頚髄損傷で入院することとなったため、忌まわしき大山副部長(元幕内・大飛)が部長代理となっていた。これも怪我の遠因である可能性がある。
  • 2012年5月場所は新入幕の場所であったが、皇風が「汚相撲を封印する」と言えば千代大龍も「のろいを封印する」と発言。この場所は1度も呪いを使用することはなかった。しかし結果的には前述のように途中休場になってしまったのと、侵入幕皇風との汚相撲コンテストも開催中止、皇風も途中休場と、自分が呪われたかのような結果に終わった。
  • 2012年6月5日付で、千田川親方(元小結・闘牙)が急遽、錦戸部屋へ転籍し、九重部屋を離れるという大事件が発生した。千代大龍が闘牙の内弟子ならばこの転籍劇は起こりえないことであり、これによって闘牙は千代大龍を弟子にしていないことを証明できた。ちなみにこの後千田川親方は年寄名跡を取得し、停年まで安泰の身となったことから、今後も錦戸部屋に居付く気のようである。
  • これと前後して、先述のように激しく呪っていた琉鵬と千代桜がほぼ同時期に引退表明をした。2012年6月というのはまさに、千代大龍の身辺における激動の月だったようだ。
  • 2012年7月場所初日、この日は西方から土俵入りしたのだが、土俵入りで隣になった若の里と突如、土俵上で堂々とおしゃべり。土俵下にいた追手風審判(元幕内・大翔山)が懸命に聞き耳を立てると、衝撃の事実が判明した。千代大龍はこの日、土俵をどこから降りれば良いのかわからなくなってしまい、ベテランの若の里に尋ねたのだという。まさに千代大龍である。
  • 2012年7月場所では先場所同様、土俵上での呪いは極力封印の方向となっているが、部屋力士には別に容赦しない。この場所では千代丸千代栄千代秋豊の3人が、千代大龍の態度に反発したという理由で呪われた。
  • 2012年7月10日、千代大龍に「葛飾白鳥相撲教室の恥晒し」と、千代大龍を育てた相撲教室を侮辱するメールが届いた。その2時間後からメールの送り主は音信不通になったとのこと。千代大龍は仁義は通す男のようだ。
  • 2012年7月場所は4日目までMSPがなかなか決まらず、前へ出る相撲を余儀なくされた。これを見たとある相撲記者がこんな新聞記事を打電した。「汚相撲から美相撲へ」。千代大龍を称えたつもりなのだろうが、侮辱の言葉である。[9]それが証拠にこの記事が出た後から5連敗を喫するなど調子を崩し、千穐楽にすでに勝ち越していた雅山がベテランらしく空気を読んでくれてやっと勝ち越させてもらった。
  • 2012年の夏巡業は休場となったが、なんと休場中に糖尿病が判明。合法的にインスリンが注射できるようになった。
  • 幕下優勝を阻まれた恨みと十両優勝賞金200万円をゲットするために阿夢露には特に強い呪いをかけたため、2012年1月場所に不戦敗を奪取して以来4場所連続全休に追い込んだ。その呪いがあまり強力だったため阿夢露の同部屋の後輩の慶天海にも及んでしまい、新十両の24年9月場所に全治1年の大怪我をしてしまい休場。理不尽にも慶天海は番付外陥落の危機を迎えてしまった。
  • 2012年9月場所、千秋楽に木村山と幕内残留をかける争いをしたが、木村山が勝ちを譲ってくれたため、幕内残留が決定。木村山もいい奴だった。
  • 2012年12月29日放送のNHK番組において、デーモン閣下が千代大龍の相撲をたいそう気に入っていることが判明。悪魔界の重鎮はさすが。慧眼である。慧眼とのたまうYahoo!知恵遅れの某カテゴリマスターとは大違いである。
  • 2012年12月11日ごろより、本スレには千代大龍がVIPに降臨することに対する熱い要望が寄せられた。12月29日には愉快犯が安価でイラストを書くスレにて「呪いの力だけで横綱を目指す力士」を注文するなど、機運も高まっている中一向に千代大龍はスレを立てる気配なし。しかし、12月31日、大晦日のこの日に駆け込みでスレを立てた。3度目のスレ立てである。[10]
千代大龍が自分で作ったポスター(2013年版)。上位陣に勝ったことが自信になった
  • 2013年3月場所、この場所は途中休場したが、1横綱2大関を撃破したことで、千代大龍は普通に自信がついた。このため、2012年に製作した公式ポスターも丁度改定時期に差し掛かっていたことから、2013年版のポスターを発表。「俺に勝てるのは俺だけだ」と高らかに宣言しているものが2013年版である。このポスターの画像には多くの人が見惚れ、そして感動し、模写したイラストを描いた人までいたほどだった。
  • 怪我で途中休場した3月場所後は、地道なリハビリとトレーニングに専念することを決意し、またしても巡業を欠場。有名トレーナーの下で体作りに励んだ結果、「未確認生命体」と評されるすばらしい体を手に入れる道筋を開いた。さいに人間を卒業してしまった瞬間である。
  • その直後に九重部屋で千代翔馬と申し合いを行ったが、ここでもつきひざを喫する。しかしこの時、千代大龍は「千代翔馬の体が死んでいた。かばいひざってないの?」と猛抗議。結局千代大龍は九重によってアフリカ象用のスタンガンで鎮圧された。これは、千代大龍が人間でない者の扱いをされたという意味である。
  • 2013年5月場所7日目、相手は常幸龍。千代大龍は奇襲作戦で真っ直ぐ出て行ったところ、常幸龍は逆MSP(常幸龍はJSPとして定着させることを検討しているとされる)を仕掛ける。千代大龍は常幸龍を追いかけていこうとしたが、残念ながら膝からもろくも崩れ落ちた。しかし、行司軍配は千代大龍に上がり、審判は誰も物言いをつけない。審判部を買収したわけではない。審判部が「逆MSPの正当化」による千代大龍の口兄いを恐れて手を挙げなかったのである。
  •  2013年6月19日11時09分、千代大龍は出身地をソドムに変更。自分の悪徳イメージを強調するためである。ソドムについてはWikipediaを参考にしといて。
  • 2013年7月場所を千秋楽負け越し(7-8)で終える勝負弱さを見せた千代大龍は、千秋楽の取組後に九重から最初は鼻で笑われるが、「三役や出世などの低いことではなく史上最強の平幕を目指して…」とうっかり口を滑らせる。白星のためではなく身勝手な自己満足のために相撲を侮辱し過ぎた千代大龍は九重をはじめとした全ての部屋関係者から「今日中に命を片づけてあの世へ帰れ。」と自殺勧告され、恐怖の限界に達した千代大龍は「初オナニーの時期と初ズリネタをカミングアウトしますから命だけはお助け下さい!!」と出任せとも取れる命乞いを行う。初め、部屋関係者は命以外を保証するつもりはなく、千代大龍が廃業に追い込まれることは千代大龍自身の命乞いの発言から確実視されていたが、千代大龍は「10歳の頃、劇場版ナウシカでヌイた。テトを胸の中にしまうシーンでオチた。」と発言。意外と女性(ズリネタ)の趣味が良いと判断されたのか、現役続投を許された。
  • 2013年9月3日放送のテレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」に出演。祖母の目を盗んで持ってきたガレのガラス器を出品、呪いをちらつかせて鑑定士から130万円の鑑定を検閲により削除取った。その際、土俵上の得意技が引き落とし、はたき込みであることが紹介された。
  • 取り組み前は準備運動はせず、睡眠を取ってファーストインパクト(後述)のためのパワーを蓄える。特に強豪との対戦の時ほど睡眠を欠かせないが、この緻密な作戦を理解できない凡人は準備運動もしないで居眠りをすると誹謗中傷する[11]
  • 広報かつしか2014年新年号では地元出身の大相撲力士として弁舌を振るった。まず白鳥相撲教室時代について「屋根が土俵の上にしかないので、雪が降ったら土俵はぐちゃぐちゃ、雨が降ったら滑って泥まみれ。だからみんなが必死に土俵際で粘って強くなったと思います。」、大道中学時代について「僕は体が小さかったので一番弱かったです。」と証言した。もちろんすべて嘘であり、小さいころからのわがままで陰険な性格を隠すための演出に過ぎない。[12][13]
  • 2014年、名古屋場所は東八枚目で10勝で誰の目にも三役昇進は不可能の成績であったが、何故か翌秋場所では一気に西小結にまで昇進。豪栄道の大関昇進で枠が空いた運もあったが、その豪栄道も大関昇進は微妙な成績であったことから千代大龍はなんらかの呪術を使って昇進を果たしたのではないかという噂がささやかれている。
  • 2015年1月場所、は初日から6日目まで1勝5敗と振るわず、7日目より両足血行障害のため休場した。原因は糖尿病の悪化である。この時千代大龍は死を予期し、九重に向けて自身の相撲に対する認識を告白。これにより、大相撲そのものをはっきりとは理解しておらず、相撲に対する思い入れも2chが面白いなどと同じ意味で捉えていることが発覚した。父親が街宣右翼(ヤクザ)だから大相撲に対して真面目な認識を持つはずがないとはおもったが、まさかここまで幼い相撲観の持ち主だったとは…
  • 2016年1月場所、先場所に勝ち越したにもかかわらず部屋頭は千代鳳に奪われていた。勿論呪おうと思ったが最近は部屋では警戒されて呪う隙がなくなっていた。そこで同じ寿司屋で常連になっていた御嶽海[14]を媒介者にして呪うことを画策。果たして初日に御嶽海戦に敗れた千代鳳は怪我で休場。しかし他人を介してのためかその後全休させるには至らずに千代鳳は再出場を果たし、残った呪いが及んだ御嶽海は中日にインフルエンザに罹患して休場してしまった。
  • しかしただでは転ばない御嶽海は、ミョンウォルウォンに寿司をおごって呪いの術伝授に成功。十枚目時代の対戦で張り手というよりビンタをかまされて負傷させられた常幸龍を呪い倒して三段目まで突き落とした。ところがミョンウォルウォン本人は御嶽海に伝授したことで自らの呪いのパワーが衰えてしまい、千代の国だけでなく千代翔馬にも番付を追い抜かれてしまった。
  • 血行障害が出るほど糖尿病が進行したにもかかわらず、2017年夏頃から筋トレと並行して毎日肉を1㎏食べて体作りを行っている。肉を1kg食べただけで苦しくなるなど、大食いでもほぼ毎日肉を3㎏から4㎏食べていた雅山の下位互換となる悲惨な状況であった。
    • それでもこうした増量によって体重を197㎏まで増やし、相撲ファンからは太った顔が豪栄道に似ていることから「黒い豪栄道」と呼称され、相撲に興味の無いサブカルオタクからは「角界のアクジキング」と称えられるようになった。
  • とはいえかつてのようにアンチスレが賑わってないため、ポケットモンスターシリーズの「かがくのちからってすげー!」と叫ぶNPCの太った男に準えて、ついに「モブデブ」などと揶揄されるようになった。
  • 相手によって強い弱いがはっきりしているのは、相手の身長や体重を理解していないからという説もある。もしそうだとしたら、どうやら数も数えられないようである。

朝→青→龍みたいに完成した力士との思い出を語る[編集]

2012年5月25日、ニュー速VIPにてスレ立てを敢行した。千代大龍本人のものであると確認されている中では2度目であるが、『朝→青→龍みたいに完成した力士との思い出を語る』というスレタイからわかるように、このスレッドひとつで千代大龍の脳内を垣間見ることが出来る。松鳳山をはじめとした親密な力士に対する言葉は発せられなかったが、貴重な意見になること請け合いなしだろう。

曙太郎
実は俺が入門する前に曙親方は協会を去ってしまった…。
でも1度だけお会いしたことがある。実際会ってみるとやさしい人です。

曙は千代大龍の所属する九重部屋と同じ、高砂一門の東関部屋所属であった。曙親方と言っているということは、引退後は一時期年寄として協会に残っていたことを覚えているものと判断できる(千代大龍が小学6年の時の1月に現役引退)。

勢翔太
伊勢ノ海部屋の勢関とは1度だけ対戦した事あります。
彼はハンサムだから、不細工な俺より全然人気ありますね。
ちなみに、対戦したときは引き落としで勝ちました。

不人気の理由を顔に押し付けて現実逃避とは。勢とは特に交流が無さそうな様子がみられる書き方である。

龍皇昇
龍皇さんとは1度対戦したと思います。決まり手は何だったかなあ…。
あの時は自分の得意技で関取経験者に勝てた、としか思ってなかった。

完成したからかくしかないや、とかいういかにも適当な書きぶりである。スレッドの特性を考えると致し方ないが。ちなみに、相撲レファレンスを使ったそうです。

髙安晃
髙安関か、俺より若いのに横綱・大関と当たってるんだもんなあ。
髙安関の所属する鳴戸部屋に出稽古行ったときに胸も合わせている。

髙安は鳴戸部屋に所属しているので、稀勢の里らと胸を合わせた時の話ではないだろうか。自分より若い力士でも強い力士は尊敬していることがうかがい知れる。

白鵬翔
案外早く完成しましたな
部屋の親方に横綱と対戦したことある人がいるが、横綱の体の柔らかさは尋常じゃないらしい
2年後には俺も毎場所対戦できるような地位にいってみたいな
ちなみに、俺の初土俵場所の幕内最高優勝は白鵬関。

チヨスが言ってたことなんてどうでもいい。出世欲があることがわかっただけで十分である。

垣添徹
垣添関か。引退お疲れ様でした。
垣添関は俺の通っていた学校では普通に有名人だった。
>>77みたいに悪評が出るということは無かったな。
あと、藤島部屋に通報していいか?電話番号知ってるけど

嘘こけ。自分が悪評の発生源のくせに。

ノリ
山本山関は巨漢だったなー。
普段TVでは相撲見ないほうだけど、山本山関に関する話は時々出てきた。

日本体育大学でも山本山に関する話題が時々出ていたということは、つまり検閲により削除

把瑠都凱斗
把瑠都関には勝てる気がしない…。でも戦うことになったら頑張る!
一門も違うし全く交流は無いけど、一度戦ってみたい人のひとり
部屋の先輩に把瑠都関と戦ったことある人がいたんだけど、なかなか滑稽な一番になったらしい

チヨスの空気投げを冒涜していないか、これ?どうなんだ、おい秀政よ。

武州山隆士
武州山関か…。
一門の先輩力士の方でひとり、負けて異常なまでに悔しがっている人見たことあるよ
今でも印象深く残ってる

高見盛のことと思われる。同じ高砂一門・東関部屋の力士であり、どうやら大卒同士として交流がある模様。

寺尾常史
すまん、土俵下の勝負審判の親方というイメージしかない…。
錣山親方には申し訳ないけど、本当にこれくらいしか印象が無いんだ…。

もう賢明な方ならお気づきだろうが、高砂一門外との縁が基本的に無いようである。

双羽黒光司
第60代横綱双羽黒関?師匠も全盛期の横綱双羽黒関とは何度も戦ったことあるはず

1987年11月場所千秋楽、そう双羽黒最後の一番の相手は千代の富士である。立浪部屋のアドバイサーにはなったらしいが、相撲界から嫌われた人物である以上、この反応も致し方ない。

霧島一博
入門前にちゃんこ霧島で飯を食ったことあるよ。
たまに支度部屋で監察委員の陸奥親方とはお会いするよ。陸奥部屋の力士とも対戦したことあるし。

ちゃんこ霧島は、十両互助会ガサ入れ騒動の際、一部力士が事情聴取を受けた場所である。

若の里忍
若の里関の怪力には参ったものだ…。
巡業で稽古した後、夜になって痛みが出たことが。
あの年になっても現役を続けていたいな。できるなら幕内で。

巡業で稽古をつけてもらったらしい。そしてさっきから鳴戸部屋と良好な関係を築いているらしいことがわかった。

雷昌之
「雷」って年寄名跡は昔は相撲会所の頭取に立つものだけが名乗ることを許されたらしい。
春日富士の現雷親方も理事長狙っているのかな…。俺の師匠大ピンチ。

どうやら、春日富士が理事長に就任する事に賛成のようだ。春日富士と交流があるのでは?春日山部屋の現師匠は濵錦だし。 しかし、突如退職してしまうというトンデモ事態が現在発生し、千代大龍は戸惑っている!

敷島勝盛
シキシマックス!
敷島関のTwitterはよく見てます。俺もそろそろTwitterはじめようかな
福岡場所では木戸番もやられているので、一度行ってみるといいかもね

敷島のTwitterアカウントは「shikishimax」である。にしても、他の一門の親方相手にいきなり「シキシマックス」と呼んでいるあたり、親交がありそうな雰囲気である。

大鳴戸武春
元出島の大鳴戸親方も土俵下の勝負審判としてよくお会いします。
ここだけの話、大鳴戸親方は三保ヶ関部屋の後継者として調整が進んでいるらしいですよ。
出羽海一門所属の知り合いのひとり、サクから聞いた話。

サクとは誰のことなのか。後ほど出てきます。ちなみに、出島は三保ヶ関部屋後継者ではなく、増位山亡き後は播竜山がつないで、後継者を探すらしいです。この記事の執筆者は「里山ではないか」と思っていますが、ここはアンサイクロペディア。そんなことを書く場ではない。

まさやん
このスレ、藤島部屋率高くね?
雅山関には俺と同じにおいがしているように思うんだ…。
大先輩の元大関にこんなこといっちゃあいけないんだろうけど、本当に。
相撲の取り方も俺のスタイル的に、参考にできるところがあるかもしれない

2012年7月場所千秋楽、雅山に勝って勝ち越しを決めたということは、あながちこの言葉も嘘ではなさそうだ。

俺の部屋にはまさやんって呼んでいる人が一人…。
でも他に雅山関をまさやんって呼んでいる人を聞いたことが無い。

ん、千代大海かな?

朝赤龍太郎
来場所対戦あるかな。微妙なところ
朝赤龍関といえば、朝青龍関が休場している時に行司に「朝青龍」と呼び間違えられたというエピソードが。
たまに一緒に稽古することもあるし、基本四つ相撲の朝赤龍関にどこまで俺の相撲が通じるか。

高砂一門の先輩力士だけに、いろいろとエピソードを知っていることがうかがい知れる。朝赤龍はどうやら根に持っているらしい。行司出て来い。あと、「来場所」では対戦はありませんでした。

小錦八十吉
先月、国技館でイベントがあった時にお会いしたよ。
昔の写真見たことあるけど、今は大分痩せたんだね。
「小錦引退」のニュースが俺の小さい頃に流れたのは今でも覚えてる

このイベントとは、2012年4月28日に国技館で行われた高砂一門のファン感謝イベントのことである。小錦は高砂部屋、千代大龍は九重部屋だったために対面が実現した。これをきっかけに交流が始まったそうである。

琴錦功宗
平幕優勝2回っていうのが琴錦関(秀ノ山親方)のすごいところ。
俺も平幕優勝狙ってみようかな。一門に平幕優勝経験したころのある親方いるし
にしても、旭天鵬関の平幕優勝には感動したなー。俺の部屋には30代後半の力士はもういないよー。

この「平幕親方」というのは錦戸親方(元関脇・水戸泉)のことである。錦戸親方とは一門の親方として交流をしていてもおかしくない。闘牙も今は錦戸部屋所属である。

今ググったら、陸奥部屋に式守 一(しきもり はじめ)っていう行司さんがいるみたいだな
あと、漫画の「呼出し一」とかいうのも読んだことある

さっきから陸奥部屋の話が続いており、交流がある可能性を指摘できる。ちなみに、琉鵬が所属していた部屋である。

一ノ矢充
あー、あの名物力士の方ですか。大学出身であの年まで取れるとは。
俺だったらとてもあの年まで相撲をとる気力がもたないし、多分師匠から引退を強要される
いや、よく考えたら20年後には今の師匠もとっくに停年退職だったわ

先ほど30代後半の力士がいないと語っていたが、30代の力士がそもそも残っていない。九重部屋は引退強要が行われているという噂があるが、どうやら本当であるようだとうかがい知れる。

琴光喜啓司
あのまま現役を続けられたら年寄名跡の秀ノ山が確保できてたみたいだな
まあ、違法賭博やってるようなのはやっぱりああなるよな。
とか言っておきながら、俺の部屋からも違法賭博出てるけど。今この話をすると粛清されかねん
もちろん、俺は賭博してないぜ。

賭博以前に、その時は入門していなかった。ほぼ入れ違いとなった千代白鵬に言及しているのはこれだけである。そして二所ノ関一門の株事情に詳しいあたり、鳴戸部屋から聞き出した情報かもしれない。

若嶋津六夫
やっと完成したかwww
松ヶ根審判部副部長様、どうか、俺の番付は甘めに編成して下さいまし…。
俺の師匠は現役時代に若嶋津と対戦あったと思う。詳しく調べてないけど、年代的に。

番付に関して言っているが、全然甘く編成してもらえていなかった。ちなみに若嶋津と千代の富士はかなり対戦している。

今、相撲レファレンスっていうサイトで調べたけど、うちの師匠と若嶋津関は幕内で何度も対戦していたよ。

相撲レファレンス使っちゃった…。

黒海太
黒海関。いつもお世話になってます。って程でもないけど
ひげは対戦するとき痛いから、剃っていただきたいものです。
黒海関みたいに連続出場記録を伸ばしたい。けど、幕下の時に休場したことあるし…。

濵錦が現役時代に所属していた追手風部屋だけあって、やはり交流があるらしい。「ひげは対戦するとき痛い」と言っているが、千代大龍、お前ももみあげが長い。

とりあえず、連続出場300を目標にしてみるか
千代大海龍二
千代大海スペシャル、略してCSPは見習うべき点が多いと感じている。
佐ノ山親方、こちらもまた土俵下によくいらっしゃる方で。
佐ノ山親方っていうのは本当に尊敬している親方のひとり

九重部屋所属を隠しつつ本当のことを書こうとしたためか、このような書き方となっている。MSPはCSPより脅威であるが。

っていうか、佐ノ山親方ってよく見るとかわいい顔してるよね

北の富士勝昭と同じことを言った。

常幸龍貴之
だから、俺は出羽海一門じゃないの
っていうか、サクは勢関と対戦したことないでしょ

サク=常幸龍

栃東大裕
玉ノ井親方、ごっつぁんです。
次の日本出身幕内優勝力士は俺が掴み取る!
とか仰々しく言っちゃったけど、俺が幕内最高優勝できる前に誰かがしそうだな
妙義龍関も意外といけるかもよ

大学の先輩をしっかり立てるあたり、千代大龍は礼儀正しい力士であることを伺い知ることが出来よう。

玉飛鳥大輔
玉飛鳥関なら以前、得意技で破らせていただきました。
来場所対戦あるかなー。俺の予想番付だと正直厳しいかも。
益荒海幸太
益荒海関か…。妙に親近感あるな
でも残念。
っていうか、下手な四股テッポウも数打ちゃ当たるっていうし、ちとやばいな

この辺りから特定班が動き出したためこのような発言に。ちなみに「四股テッポウ」とは高田川親方(元関脇・安芸乃島)のことで、高砂一門の敵にあたる相撲部屋である。

皇風俊司
皇風関か、一度は勝ちたいな
頭脳でも相撲でもなかなか叶わない

皇風相手に劣等感でも持っているかのような発言。実は仲が良いというのは仮面なのか?

豊響隆太
涙の金星いいなぁ。俺も金星取って、やがては金星あげる側になりたいな
豊響関の立ち合いの威力は本当に強いし、一度境川部屋に行って稽古させてもらおうかな

境川部屋に行ったことが無いらしい。妙義龍伝って行けば良いのに。

谷川英樹
本当に真面目な親方

筋肉談話について千代大龍は知らない。

浅香山博之
誰からも尊敬されている親方

千代大海が部屋にいることが大きく影響していそうな発言である。

魁皇関とは一度対戦したかったのだが…。
調べてみたら魁皇関の初土俵は俺が生まれるのより前だったらしい
貴闘力忠茂
ちょっと遠いなー
元駿傑関とかいった力士経験者が他にも働いてたりするし、肉も普通だから悪い印象は聞かない
ただ、何度も行こうとは思わないかな…。部屋から近い焼肉屋で済ませることも多いし。

いっちゃんより先にこっちの話題が出ようとは…。

谷亮子
若獅子、とかだったら関係あるんだけどな
谷亮子は全くの無関係

ちなみに、「千代大」ときたところで阻止した人に「ありがとう」と発言している。阻止されなければ「龍」がくるはずだった。

転載元:[4]

千代大龍脅迫事件[編集]

入幕後、千代大龍は必然的にその人気と知名度を高めることになった。しかし、それを快く思わないものも中にはおり、発生したのが千代大龍脅迫事件である。

事の発端は2012年10月12日。午後7時12分ごろ、日本体育大学体育学部武道学科近くで女子学生が硫黄臭のする容器を発見。容器には、「日体大OBの今をときめく力士の明月院秀政が憎いからだ」と書かれていた。中には気化すれば致死量を超える硫化水素を発生する恐れのある物質が入っていたという。その後も足立新田高校、福岡国際センターなどに次々となぞの液体の入った容器が同梱された脅迫状が届き、関係者は恐怖を禁じえなかった。[15]

これ以外にも千代大龍脅迫事件では、多数の関係各所に脅迫状などが送られた。以下に脅迫状が送られた主な関係先を記す:

  • 呪いの鉄人本社
  • 日本放送協会福岡放送局
  • 「好角家」浅草本店
  • 池袋本店
  • プロダクション柳川
  • 日本放送協会
  • rixi事務局
  • グリー株式会社
  • 日本相撲協会東京放送局
  • 滋賀県立スポーツ会館
  • 江之子島文化芸術創造センター
  • 札幌コンベンションセンター
  • 大相撲巡業興行の開催交渉中とされる5施設

出展:千代大龍脅迫事件 犯人?書き込みまとめ【叩き込みの死神】

脅迫をした理由として、犯人と思われるネット掲示板の書き込みでは、

また、この脅迫事件に関して、千代大龍ファンがTwitterで発狂したことでも話題に。ファンの苦情としては、

  • いっその事犯人の黒星を引きずり出して協力な呪いしたろうか
  • そろそろ犯人捕まってくんね? メゲス気にいらんにしても、犯人何様? 本場所も大打撃にはなるわな、これ
  • 呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪う呪いロウr呪う呪う呪う
  • 柳川とか清瀬海とか明瀬山とかいままで相違のいっぱいあったのに何でメゲスだけ!!犯人とっと廃業しろや!!
  • おおいいいいい!!!! あのタニマチさんとかこのタニマチさんとか! おいらの楽園ぇえええん!!
  • マジふざけんなとしか言えない。犯人さぞかしメシウマでしょうねぇ?千代大龍関とかクラスタの皆さんが本当に・・
  • 八百長問題の中盆なんて解雇してないでこういうのを解雇してよ
  • はぁぁぁぁぁ!? 本間なんなんよ、メゲスばっか
  • 犯人捕まえて、口と手と目をこう……ね?
  • ふざけんな、嫉妬してんじゃねーよ犯人さんよ。はやく捕まってずっと呪われてろ
  • あのさ、なにがそこまで嫌なの? 正直理解出来ない。 嫌なら見るな。 大衆に迷惑をかけてまで通す主張か?
  • メゲス目当てで本場所初観戦するって言ってた友人、怒り狂ってんだろうなぁ。犯人は強力な呪いを覚悟しろ
  • なんてことを・・・ 犯人オヤノロされろよ
  • 脅迫犯、まじオヤノロ。

などと書かれたものがネット上で話題となった。なお、「オヤノロ」というのは先述した「俺に逆らう奴は親でも呪う」のポスターから来ているようだ。[16]

そしてさらに、宝富士大岩戸ら、名だたる角界の同人作家らも参加が決まっていたコミックマーケット83にも影響が出ており、千代大龍が好きな漫画と語り、「俺に逆らう奴は親でも呪う」の台詞を思いつくきっかけとなった漫画作品・黒子のバスケのブースは、コミケ準備会の苦渋の決断により無人状態に。千代大龍は犯人がわかったら死よりも辛い呪いをかけると心に決めている。[17]

ついに模倣班まで出現する社会現象となったが[18]、犯人が脅迫を始めた理由については、犯人と思われる人物による2ちゃんねるへの書き込みから推測することができる。この書き込み主は自分を「俺」と称し、千代大龍関のせいで、自分が好意を寄せていた2人の「イケメン相撲部員(ノンケ)」と会えなくなってしまった「復讐」を犯行動機とした。[19]

金星フィーバー [編集]

かねてから、千代大龍はこう発言していたという。「日馬富士関、白鵬関あたりならまあ油断しなければ勝てるでしょう。」と。周囲はもちろん誰もが妄言ではいかとこの発言については捉えていた。

2013年3月場所、2日目に琴奨菊を撃破すると、続く3日目には「5月場所のあなたに黒星をつけさせていただきます」と公言していた琴欧洲も撃破。共に初対戦だった。ミョンウォルウォンのファンは誰もが期待を寄せるようになり、2ちゃんねる、GREE「大相撲カード決戦」公式コミュニティなどでは、4日目に組まれた横綱日馬富士戦への期待の声が多く書き込まれていた。

  • 強いよミョンウォル!宮本!栃煌山!
  • メゲスが勝ったらこんなスレが立つ
    • 『【俺】金星とって給料ウハウハだけどなんか質問ある?【最強】』
  • 今日はメゲスを応援してやるか
  • 初対戦初金星はあるだろうか千代大龍
  • 540 :名無しさん:2013/03/13(水) 17:47:48.74 ID:kHLa+9wa
    • 00:00:00:[**]←MSPで金星ゲットの確率

そして迎えた日馬富士戦。結果はな…なんと…

大勝利

これに対し、2ちんねるやGREEの「大相撲カード決戦」公式コミュニティでは

  • メゲスの引きは横綱にも通用するのか(困惑)
  • MSPキタワァ*・゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚・* !!!!!
  • チヨス二世になりつつあるな
  • 負けて当然が勝った!!!
  • 横審がアップを始めました
  • vip龍やったああああああああああああああああああああああああ
  • ( ゚∀゚)o彡°金星!キムスン!김성!金星!キムスン!김성!
  • 金星ですが質問ある?スレ立てれ
  • またスレ立ててwww
  • トーナメントで白鵬に飼ってるだけはあるな。
  • 今までが八百長やったんや
  • 今日もハイテンションインタブーくる![20]
  • インタビュールームに行きたくてしゃーないメゲス
  • これでムーン突っ張りを覚えたら無敵だな
  • メゲスの引きは横綱にも通用するのか
  • 千代の富士>千代大海>千代大龍>>>日馬富士
  • 現役時一生給料ベースアップおめでとう(´・ω・`)
  • 座布団投げないのは大盤狂わせではないから みんな思ってた通りの結果WW
  • 千代対流は琴錦レベルまでは行かないけど結構なペラリストだよな
  • 金星だけどインタブーなかった俺に質問ある?スレたてろ
  • 立ち会いの威力は本当に結構あるんだな
  • 明日は萩原を血祭りにあげて、次期日本人横綱第一候補に踊り出るんやでぇ~。。。

しかしながら、千代大龍の今回の白星はありえないと思っていた不届き者も中にはいた

  • メゲスはあっさりやられるわ
  • 千代大龍が勝ったら入浴中の娘の湯船に乱入する。

特に、一番最後の彼は、このように発言してしまったがばっかりに、これ以降、自分の洗濯物と娘の洗濯物を一緒に洗えないどころか、もう口すらもきいてもらえなくなったという・・・。

  • 一般メディアでもこのインターネット上の金星フィーバーを受けてミョンウォルウォンの必殺技を「MSP(明月院スペシャル)」と言われていることを紹介し、特に中日スポーツではMSPのみならず、前に出る相撲を奇襲戦法と言われていることも紹介した[21]
  • 六日目の二度目の横綱戦はMSPの威力に恐れをなした白鵬が、掟破りの逆汚相撲というべき立ち合い変化の暴挙に出て2つ目の金星を阻止された。更にトーナメント戦の借りを返すと言わんかばかりに足を負傷させられ、「休場」という最高の利子をつけられることになった。しかしただ黙って休場するミョンウォルウォンではない。当然のごとく白鵬も呪い、その場所の12日目に耳出血を伴う高熱を出させた[22]。しかし取り組み相手がやはり呪うべき稀勢の里であったため、黒星をつけさせるには至らなかった。自分の呪力はまだ横綱を倒すには至らない、更なる精進で一層の強力な呪いを身につけることを誓ったミョンウォルウォンであった。そして25年7月場所、二度目の白鵬戦でも突進をすかされて土俵に這ったため、精進の結果を呪いに込めたところ全勝優勝ペースで勝ち続けていた白鵬は鶴竜戦で立ち合いをしくじって脇腹を痛めて十四日目と千龝楽を連敗した。優勝阻止こそできなかったものの着実に呪いパワーが増したことを実感したミョンウォルウォン、九月場所こそ白鵬を呪い倒すべくスナック愛で一層の呪いの精進に励んでいる。

改名歴[編集]

  • 明月院 秀政(めいげついん ひでまさ)2011年5月技量審査場所 - 2011年11月場所
  • 千代大龍 秀政(ちよたいりゅう ひでまさ)2012年1月場所 -2013年1月場所
  • 千代白澤 秀政(ちよはくたく ひでまさ)2013年3月場所-2013年5月場所
  • 千代月山 秀政(ちよがっさん ひでまさ)2013年7月場所
  • 千代猛火 秀政(ちよもうか ひでまさ)2013年9月場所
  • 千代夢国 秀政(ちよゆめくに ひでまさ)2013年11月場所-2014年1月場所
  • 千代紅楼 秀政(ちよこうろう ひでまさ)2014年3月場所-

脚注[編集]

  1. ^ 「サティアン」発言改めて謝罪 言い間違いと千代大龍関 MSN産経ニュース 2012年12月27日(2013年1月1日閲覧)
  2. ^ 千代大龍秀政のMy知恵袋
  3. ^ 千代大龍、新十両優勝!賞金は「全部、妹にあげます」 2012-03-09閲覧
  4. ^ 立野前主将が激励に! - 日本体育大学相撲部
  5. ^ 現役力士に質問したい奴ちょっと来い
  6. ^ 2ch全AAイラスト化計画BBS
  7. ^ 千代大龍関
  8. ^ 日馬富士に“懸賞”がつかないワケ…他の大関は人気なのに 2012.05.10
  9. ^ 千代大龍“変身”4連勝「汚れ」返上だ
  10. ^ 大晦日で暇になった力士だけど質問ある?
  11. ^ 大物?四股せず居眠り、千代大龍 大関・稀勢の里破る 朝日新聞デジタル 2013年9月23日
  12. ^ こいつすげぇ喋り下手!そして嘘つき…
  13. ^ Wikipediaではかつて大道中時代にバレーボールに転向しようとした際「大きくて重そうだ。相撲部があるからそっちへ行きなさい。」と薦められていた説が記述されており、これがほんとうならば「中学時代は小さかった」という供述は嘘ということになる。
  14. ^ すし屋の常連対決、千代大龍に軍配2016-1-16閲覧
  15. ^ 妄想で逆恨み? 50カ所に脅迫状届く 「怨恨」捜査におもわぬ壁 MSN産経ニュース 2012年12月26日(2013年1月1日閲覧)
  16. ^ 【黒子のバスケ】脅迫犯に対する腐女子の怒りのツイッターが話題に もみあげチャ~シュ~ 2012年12月11日(2013年1月1日閲覧)
  17. ^ 厳戒態勢のコミックマーケット83 千代大龍脅迫で空っぽのエリアも ねとらぼ 2012年12月30日(2013年1月1日閲覧)
  18. ^ 3通の脅迫文が発見されていた ねとらぼ 2012年12月31日(2013年1月1日閲覧)
  19. ^ 容疑者「叩き込みの死神」は2ちゃんで犯行声明か 千代大龍関脅迫事件に新情報 j-castニュース 2012年11月7日(2013年1月1日閲覧)
  20. ^ 残念ながら残り放送時間が足りず、インタビューはなし
  21. ^ 千代大龍 初挑戦で金星 中日スポーツ 2013年3月14日
  22. ^ 白鵬12連勝!左耳内出血で発熱…紗代子夫人が急きょ大阪入り sportsnavi.com 2013年3月22日

関連項目[編集]

  • 千代の富士貢 - こいつと一緒に居るなら汚物を食すほうがはるかにまし。H28年7月に死去。ま・・・まさか師匠まで口兄ったのか?
  • 千代大海龍二 - 部屋付きの佐ノ山親方
  • 千代白鵬大樹 - 部屋の大先輩。入門から一気呵成の関取と部屋頭ゲットを狙った明月院に強力に呪われて引退。呪いのカムフラージュのため、明月院はこいつに乗じて引退するふりをした。
  • 千代の国憲輝 - 九重部屋所属。呪われて2場所連続途中休場&3場所目全休、幕内の座を明け渡す。その後十両で奮起してH24年11月場所で再入幕して部屋頭を奪還したが、速攻で呪われて怪我をして成績を落として幕内の座を失ってしまった。その後奮起してH26年夏場所に幕内に復帰したが、その際呪い返しをしていたことが露見したため即効で強力に呪われ、大怪我をして休場。その後も怪我が癒えず、三段目にまで呪い落とされた。
  • 千代嵐慶喜 - 同上。呪われて中期休場、関取の座を明け渡す。それでも関取になんとか復帰した際、その仕返しに呪い返しをしたところたちまち露見してふたたび強力に呪われ、三段目以下に突き落とされた。
  • 千代鳳祐樹 - 九重部屋所属の将来有望な力士であり、呪いの対象にならぬよう基本的には陰に隠れていたのだが、H24年11月場所にちょっと調子づいて好成績を上げたらたちまち呪われて膝を痛めて休場に追い込まれる。また、27年5月場所にも十両に落ちていたミョンウォルウォンに強力に呪われて休場して十両に陥落。部屋頭を奪い返される
  • 千代丸一樹 -千代鳳の兄。ミョンウォルウォンが十両に落ちていた27年5月場所に幕内にいたたため弟とともに呪いの餌食となり、3勝12敗と大きく負け越し、十両に陥落。
  • 闘牙進 - 部屋を離脱した千田川親方
  • 栃乃若導大 - 在日力士仲間であったが、不振続きの中で千代大龍の堕落ぶりを見たことで自身が同類となってしまうことを恐れ、良心を優先して電撃廃業に至った
  • 巌雄謙治 - 元在日の山響親方
  • 大竜忠博 - 元在日の大嶽親方
  • 金開山龍 - 元在日の田子ノ浦親方
  • 玉力道栄来 - 元在日の荒磯親方
  • 三重ノ海剛司 - 元在日の武蔵川親方
  • 妙義龍泰成 - 隔週で尊敬している。
  • 嘉風雅継 - 常に尊敬する大学の大先輩
  • 大道健二 - 中学校時代の先輩。仲がとても良い(のか…?)。
  • 清瀬海孝行 - 世界一尊敬する元力士
  • 皇風俊司 - 尊敬する汚相撲力士。尊敬されているため呪われないと思われたが、さすがに二度も引き相撲で勝ってしまうと呪わないわけにはいかない。番付が急降下して幕下に低迷中の2014年夏場所、27歳の若さで引退に追い込まれる。
  • 松鳳山裕也 - 兄貴
  • 剣武輝希 - 死んでほしいと思っている。その呪いで網膜剥離を患い、引退。
  • 翔天狼大士 - 1場所での十両通過を阻止されたため、幕内で呪おうと思っていたが、MSPの餌食になったため呪われていなかったが、2014年1月場所、呪われて2勝13敗の大負けを喫し十両陥落。
  • 垣添徹 - 死んでほしいと思っていたら、その呪いで2012年3月場所、幕下で7戦全敗を喫し、引退。現在は雷親方。
  • 玉乃島新 - 片男波部屋の力士。呪われて引退し、現在は西岩親方。
  • 栃乃洋泰一 - 春日野部屋の力士。呪われて引退し、現在は竹縄親方。
  • 阿夢露光大 - 呪われて長期休場、十両優勝を強奪される。
  • 琉鵬政吉 - 陸奥部屋の力士。激しく呪われて1年も苦しんだ末に引退。
  • 千代桜右京 - 部屋の先輩関取。呪われて半年も苦しんだ末に引退。
  • 玉鷲一朗 - 片男波部屋の幕内力士。不戦勝を奪いやがったために翌場所呪われて大きく負け越し、幕内陥落。
  • 雅山哲士 - わかっている力士
  • 木村山守 - 同上
  • 把瑠都凱斗 - 尾上部屋の力士。尊敬していたが激しく呪われて怪我をして大関から十両まで落ちて半年も苦しんだ末に引退。
  • 栃ノ心剛 - 春日野部屋の力士。激しく呪われて怪我をして幕下に転落した。
  • 阿覧欧虎 - 三保ヶ関部屋の元力士。不戦勝を奪いやがったために激しく呪われて幕内陥落目前で引退。
  • 御嶽海久司 - 出羽海部屋の力士。同じ寿司屋を常連としているため、呪いの媒介者として利用されている。