千代川駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

千代川駅(ちよかわえき)とは、京都府亀岡市に位置する日本最古の駅舎をもつ鉄道駅。西暦798年に現在の嵯峨野線また千代川駅が開業して以来、大幅な改築を施されることなく現在に至っている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「千代川駅」の項目を執筆しています。

概要[編集]

伴大納言絵巻に描かれた千代川駅

千代川駅に触れた文献の中でも最古のものは、平安時代末期である西暦1177年に記述されたとされる伴大納言絵巻である。この絵巻に描かれた駅舎と現在の千代川駅の駅舎を比較することで、同一のものであることが容易に確認できる。

当時の駅舎が8世紀を経た現在まで用いられている駅は全国的にも珍しい。当時の建築様式に関する歴史資料としても価値があり、有形文化財として登録することも検討されている。このような経緯から、鉄道愛好家以外にも本駅を訪れる人は多い。

また本駅を最寄り駅とする南丹高等学校や、二駅も離れているがライバル校である亀岡高等学校では、定期的に生徒たちによる千代川駅の見学や調査が行われており、その結果は亀岡高校発行の「久遠の知」などに収録されている。

平安時代における営業運転[編集]

伴大納言絵巻に描かれた当時の列車

現在の嵯峨野線が西暦798年に嵯峨野観光鉄道として開業されたことはよく知られた事実であるが、開業当初の営業運転の形態などは謎に包まれていた。1999年に行われた歴史調査において、千代川駅のトイレから発見された巻物の記述から、伴大納言絵巻に描かれている絵が千代川駅であることが明らかになった。

同絵巻には駅舎と車両がそれぞれ別の箇所に描かれている。このうち車両に関する絵図からは、当時の列車が1両編成で運転されていたことが分かる。また架線が引かれていないことから、当時の嵯峨野線は全線未電化であったことが伺える。加えて人人人F(3人力)インバーターが搭載されている様子が描かれている。

この絵図に軌道(線路)が描かれていないことについては議論があり、当時は無軌条電車として運行されていたとする説と、作者が直線を描くのが苦手であったとする説が存在する。後者の説が正しければ、架線が描かれていないのもこの理由によるものと考えられるが、他にも直線が登場していることから、最近ではこの説は否定されつつある。

停車する列車[編集]

2008年現在停車する列車[編集]

過去に停車した列車[編集]

関連項目[編集]