千林

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

千林(せんばやし)とは、大阪民国首都特別区旭シティに属する一地域である。住民は阪国の他地域とは異なる独特の商学および経営学理論を持つことで知られている。これらの英知が当地のまたとない現状を形成し、さらには日本列島を代表する優れた経営者らも輩出した。

概要[編集]

梅田心斎橋難波天王寺を除けば、天六と肩を並べる大阪随一の繁華街である[1]。他の主要繁華街と異なる点としては、天六ですらメインストリートから外れた、面としての拡がりを有しているのに対して、ここ千林ではアーケードを有する千林商店街(せんばやししょうてんがい)と今市商店街(いまいちしょうてんがい)のみで全てが完結しているという点にある。千林商店街は政府にとっても極めて重要視されており、アーケード通路は大阪民国国道161号線に指定されている。あの天神橋筋商店街ですら単なる公道であることを考えると、名実共に阪国内で最も重要な商店街である。

政府の姿勢は、大阪民国統計調査法を見ても明らかである。千林はこの法律により、国内の地域調査における第一の基準地点に指定されている。基準地価公示からの生息状況に至るまで、あらゆる地域間の比較においては必ず千林においても同様の調査を行うことが求められ、数値を記す際にも千林との差や比率を併記するよう義務付けられている。マスコミによる簡素な調査においては、千林のみが調査地点とされることも多い。

千林商店街[編集]

当商店街は前述した通り阪国内で最も重要な商店街であり、日本列島においても重要な買物の拠点―というよりは、最強の商店街として名を馳せている。

その根拠としては、あの往時のダイエーと対等に渡り合い、遂には潰してしまう程の強力な戦闘力、「いちじゅうひゃくせんせんばやし」という南無妙法蓮華経を軽く凌駕する毒性の高い聴覚兵器が日の照る間中ずっと乱射され続けていること、そして、これらの戦闘能力の基盤ともなっている真の大阪のおばちゃんらが街中の至るところを闊歩していることが挙げられる。

哲学[編集]

千林の住民は、その消費において大阪民国内のどの地域とも異なった思想を持っていた。

伝統的な大阪における契約理念というのは、ひとえに隙あらば店員を美人だの色男だのと囃し立てては値切ることが原則であった。これに反する例外は2つある。一つは値切ることなどゆめゆめ考えないお上品でぬるま湯型の思考であった。阪急王国所領地ではこれが常識である。伝統的にこれら諸地域の大半では、値切り交渉が成功することなどまず有り得ない生協のガリバーであるコープこうべの強い影響下にあることが原因として挙げられる。

そしてもう一つこそが、ここ千林を起源とするものである。それは「店はこちらがお世辞など使わなくても値切ることが当たり前。それ以前に端から値切る必要すらない低価格であることは常識。」という実に合理的な思考であり、この概念は千林商店街の威容により阪国内に知られることとなった。そしてここを根拠としたダイエーにより「他店より高い場合はより安い価格に値引きします」とチラシ看板に大書きするという「地域最安値」という美意識が確立され、ダイエーの業容拡大とともに阪国中のみならず日本列島全域に飛び火したことで、千林の消費哲学はいつしか日本列島におけるスタンダードとなっている。

あの値引きは全てポイント任せのヨドバシカメラですら梅田においてはこの美意識を奨励し、またカカクコムによって日本語圏のインターネッツにおいても標準となりつつある。

偉人[編集]

最後に千林にゆかりの深い偉人たちの概要を述べ、お開きとさせていただくこととする。

中内功
ダイエーの創業者であり、千林での偉業は前述した通りである。当地を根拠としていなければあの絶頂の限りを尽くした繁栄は訪れなかったであろう。
当時は商店街側にとっては正に天敵であり、国道161号線は戦場と化した。しかし両者共に―あたかもなのはフェイトのように―互角に戦い続け、中期的な勝敗は全くつかなかったことから、いつしかダイエーの広がりと共に千林は聖地となり、スーパー商店街が共に栄華を極める桃源郷と位置付けられた。
そして千林商店会員にとっては中内功は正に「永遠の強敵 (とも)」となった。彼を皇帝とする王朝が崩壊しダイエー前にあった高さ3メートルの中内功像が倒されると、商店主らは激怒し、丸紅の配下となったダイエーに対して情け容赦のない攻勢を仕掛け、店舗は跡形もなく破壊された。
叶恭子
千林が生んだ日本女性のロールモデルであり、かつ千林経営哲学の正当な擁護者である。
あのセレブそのものである生活のさまは一見千林とは無縁であるかに見える。しかし、千林に生まれ育ったものでなければ、自身の高貴なライフスタイルをヴェルサイユに来させることすらなく消費者無料ないし手頃な価格で公開し、さらにはその退廃ぶりをエスプリを利かせた上でタンスにゴンCMの総監修かつ主演へ臨むなどということは、決してあり得ないことであろう。

注記[編集]

  1. ^ 京橋は繁華街ではなく、あくまでグランシャトーの城下町であるのでここには含まれない。

関連項目[編集]

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]