南房総市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南房総市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「南房総市」の項目を執筆しています。

南房総市(みなみぼうそうし)とは、千葉県南部に位置する館山市をがっちりくわえた形の都市というかである。

別名館山包囲網(房総暴走族ジオング課)

概要[編集]

この市は平成の大合併で千葉南部に住む民族である房総族の自治区として作られた。千葉南部を広く占めるこの都市は将来、都会からのIターン(主にサーファー)を大量に受け入れ一大都市として発達する予定であったが、館山市が突如離反し、その後館山市の合従連衡策により鋸南町と周辺の町が離脱してしまい計画が狂ってしまったのである。それでも残り続けた田舎同士(富浦町・富山町・白浜町・三芳村・千倉町・丸山町・和田町、つまり田舎者の名産地千葉の中でも寄せ集めの選ばれし誇り高き田舎者達)は裏切り者の館山市を兵糧攻めにするために封鎖を行うために寄せ集めで2006年に新たに出来た市を作ったのである。館山市は海路から物資を補給し続け篭城を続けている。

「市」という冠が付いているが、外側の呼び名だけが市であり中身は昔のままの村である。多数の村が合併しただけのため特に中心的市街地もなく、いわば心臓がない動物のようなものなのである(もしかしたら中心的市街があるのかもしれないが首都圏の人間はそれを中心的市街と呼ばない可能性が高い)。この都市の名前は房総市とでも付ければいいものだが、房総では安房・上総・下総とチバラギすべてを網羅してしまう名前のため、うそ・大げさ・紛らわしいの三項目全て当てはまるとしてJAROに却下された。珍説では千葉北部の少数民族である暴走族と混同される恐れがあるためをつけたというものもある。特に何も無く、ただ知名度の突出した地名がないためこの周辺地域一帯をさす「南房総」という広域地名を引きずりおろしてきたという南セントレア市南アルプス市の同類である(ただし空港も日本アルプスの雄大な山々も無い。美味しい水は取れるかもしれないが)。

特別人口の多くない富浦が市役所置き場になったが人が多いには千倉である。アメリカ合衆国に倣い政治の中心を富浦(ワシントンDC)、経済の中心を千倉(ニューヨーク)というように分けたためである。

最近はが多くて困っているという田舎独特の悩みを抱えている。

地理[編集]

東京湾太平洋に囲まれるが館山の周りを囲んでいるため形がなんとも歪で地域の特性やその他もろもろ、すべて無視して政治の横暴ぶりをそのまま出した市となったため色々不便が多いが、房総族の人達は軟弱な東京のモンとは体力が違うため、全く問題にならない。

市民からは「南房総」という名前をゲットできて自画自賛出来るほど温和な人達で、いわゆる温暖な地域に適した南国気質の典型的な房総族の性格をしている。これは気候が温暖なためよく他地域の住民から「あばら骨が一本足りない」と呼ばれ、尊敬のまなざしを受けるに至っている。

この市は合併で人口4万と少ない割に面積がただっぴろくて密度が少ないため北海道の小型版のような風景が広がっているが、東京からの自分探しの旅にやってくる若者はあまり来ないらしい。駆け込みで適当に無駄な金を使って仕上げた無駄な箱物である道の駅が異様に多いが、道の駅を廃止するとやたら広いために道端で遭難する人間が出てきかねない。と言うか道端に大量の犬の クソが落ちている時点で、クソもろとも堕ちたも同然である。

外部サイト[編集]

関連項目[編集]


この項目「南房総市」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)