南新宿駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南新宿駅」の項目を執筆しています。

南新宿駅(みなみしんじゅくえき)とは、東京都渋谷区にある小田急電鉄寂れた味のあるである。

概要[編集]

南新宿駅構内。後ろに新宿の摩天楼が広がる。

南新宿という名前の通り、新宿駅の南にある駅である。小田原線の開業当初から存在する由緒正しき駅である。といっても、場所がちょっと違ったのだがそんなことは誰も気にしない

戦前には小田急本社前という、良いような悪いような微妙な駅名だったこともある。しかし本社は新宿西口に移動しちゃったので、元には戻らなかった。そもそも、駅名が変わった理由は東京急行電鉄による大人の事情があったりなかったりである。

閑散とした南新宿駅[編集]

あまりの利用者の少なさにホームでアーン♥♥なこともできなくもないが、見つかればリアルに逮捕されるので注意。

新宿という場所(渋谷区だが)にありながら、一日平均利用者数は小田急の全駅中ワースト2位である。何故か。それは新宿駅に近すぎるというのが最大の理由である。

歩けば10分もかからず、各駅停車しか止まらないのでわざわざ利用する意味が無い。それは誰の目にも明らかである。さらに、代々木駅からは5分で到達してしまうため、どう考えても必要性が低い。

渋谷区という東京のど真ん中に存在しながら、これほど利用者数が少ない駅が他にあるだろうか。これはまさに都心の秘境駅である。 あまりにも閑散としているため、駅構内で彼氏、彼女や知らないおじさんと、あんなことやこんなこともできなくもない。けどやっちゃ駄目ダヨ。もしも、やったらどうなるか知りたければ、自己責任で試してみなさい。

必要性[編集]

このようにまるで必要性が無いような駅だが、一応、必要性が無くもない。まず代々木駅に近いため、代々木に行きたいけどJR線に一駅しか乗らないし…という場合にこの駅を使ってみよう。130円をケチることができるはずだ。但し、120円かかるので、うまい棒1本分しか得にならない。

あとはまあ、JR東京総合病院あたりに行くときに便利だろう。…何、必要性がやっぱり無いじゃないかって?その指摘は否定できない。とはいえ利用者がいるのだから、それでいいじゃない。東京にも一つくらいこんな駅があったって。

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「南新宿駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)