原宿駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「原宿駅」の項目を執筆しています。

原宿駅(はらじゅくえき)、あるいは若者の巣鴨駅とは東京都渋谷区神宮前一丁目にあるЯし東日本山手線の駅である。

概要[編集]

天皇用ホーム。夏休みや冬休み、春休みの土休日は利用者が増えるので一般に開放される。

最初に言っておくが、この駅はもともと天皇のため、のために作られた駅である。天皇用の駅なので二面二線で降車用ホームまであるという超豪華っぷりである。改札も自動改札を完備、エスカレータもある。明治天皇もこれには大満足だったようだ。

その後、場所が良いので一般人のためにもホームを作ることになり、国鉄は天皇用ホームから100メートルくらいはなれたところに設置した。一般向けなので最低限の設備しか無い。非常に侘しい。

天皇がこの駅を利用する際は、御所より徒歩で半蔵門駅に行き、半蔵門線でまず表参道駅へ。そこで千代田線に乗り換えて、明治神宮前駅で下車し、徒歩10分。というルートが一般的である。

ただ最近では天皇様は新幹線を使うことが多いので一般に開放することが多くなり、が発生する夏休みなど、学生が暇になる時期を中心に開放されている。

それでも朝ラッシュは使えないので大変な混雑となる。JRはやっと開通した東京地下鉄副都心線を利用するように勧告しているが、いろいろとgdgdなので代わりには程遠い。

近くの駅[編集]

一般向けホームのへっぽこさ[編集]

一般客用のホーム。実に薄暗い。

写真を見ればわかるように、一般向けのホームは非常に手抜きな設備である。屋根こそあるもののホームに明かりはないので夜は非常に暗く、痴漢が横行しているとも言われる。ホームは昔ながらのままで非常に低く、バリアフリーがまったく進んでいない。案内表示も何一つなく、次にくる列車が何かもわからない。白線も無い。山手線の駅ならみんなある、「延発」とか出す表示機も無い。何にも無い。本当にどうしようもない駅である。

関連項目[編集]

Gomen.jpg この「原宿駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)