厨素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
厨素、チューボーニウム(Chuuboonium)
一般特性
名称, 記号, 番号 厨素、チューボーニウム, Ch, 92
分類 金属
族, 周期 7, hum04
密度 0.1 * 10^-3 g/cm3
茶色
原子特性
原子量 180 amu
原子半径 65 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

厨素(ちゅうそ、チューボーニウム:Chuuboonium)は、原子番号92番のネオ元素。ネオ元素記号Chヒューマノイドに属する。主に14才あたりのガキ共内から検出される。調理場の主な構成元素である。

概要[編集]

その名の示すとおり厨房に深く関係のある元素。人体の中で分泌されるため自然界には存在しない。 人間の人格を決める元素で、中学2年生前後から急激に人体に蓄積され始めるが、一般的な人間は成長するにつれて減っていく。しかし中にはいつまでも厨素が体内からなくならない、むしろ増加して通常に二倍程度まで蓄積する人間がいて、それは厨二病患者と呼ばれる。

さまざまな元素と化合するが、どの場合でも非常に迷惑な性質を示す。燃素と化合してブログ炎上させたり、体内で空素と化合することによって周囲の空気を読むのを妨げるほか、ニチャネリウムヨウツベリウムなどのネットノイドや18族7周期~のウィキ系元素とは容易に化合して荒らし反応を起こす。マジカノイドと化合すると厨化マジカノイドとなり、これが体内に蓄積されると邪気眼などの難病を引き起こすもとになる。

密度は0.1*10^-3g/cm3と、非常に小さい。これは厨房とはいかに小さな存在であるかを教えてくれるようである。

伝染性[編集]

厨素原子は原子と言うよりむしろウイルスに近い性質を持ち、人から人へ伝染する。主な伝染経路は厨素を持った人に接近したことによる空気感染だが、厨素を持った人が作った本や日記、ブログ、ホームページ、はたまた某巨大掲示板への書き込みや、某動画サイトのコメントといった、厨房の書いたあらゆる文字を読むことによっても感染するため、厨素はしばしば「時をかける元素」と呼ばれている。略して時かけ厨 うわなにをするやめろくぁwせdrftgyふじこlp;

感染を防ぐ方法は確立されていないが、毎日パソコンの前に座って銃を振り回して遊んだり、動画を見つづけたり、アンサイクロペディアを読んだりといった偏った生活をしていると感染率が格段に跳ね上がると言う報告がある。良い子のみんな、厨二病にかかりたくなかったら、こんなページなんか見てないでさっさと勉強しなさい!

厨素化合物[編集]

厨化幼素(ChLo2)
厨素と幼素の化合物である。成長して12歳を越えるあたりから女子の体内に蓄積されていく。劣化ロリとも呼ばれる。女子が成長してロリ要素を失っていくのは、幼素が厨化幼素となったのちに徐々に体外に排出されるからである。ただし、中には何歳になっても幼素が全て排出されず体内に残る人たちがいて、現在その原因を究明中である。
エターナルフォースブリザード
あの厨二魔法にも厨素は大きくかかわっている。厨素を多く持っている人ほど威力が高まるという。

結晶[編集]

厨素は一部の金属とは金属結晶を形成し、味素やさしすせ素と非常に親和性の高い、調理場としての厨房となる。

人体の中に蓄積されて迷惑な性質を示すようになった厨素を(黒)文化厨素、金属結晶としての厨素を(食)文化厨素と呼ぶ。

見て分かるとおり「文化厨素」は両方の言葉を指す。これは調理場としての厨房がいうまでも無く文化結晶であることと、あまりにも責めると厨房がかわいそうだという乾いた同情の意味が込められている。

関連項目[編集]