口内炎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「口内炎」の項目を執筆しています。
「口内炎は滅びぬ。何度でも甦るさ!」
口内炎 について、ムスカ

口内炎(アフタ性─はaphthous stomatitis)とは、多くの人間が飼ったことがあるといわれているペットである。

概要[編集]

90%ぐらいの人が飼ったことがあると言われるほどのブームを巻き起こしたペットであるが、なぜか飼育経験者は「二度と飼いたくない」と異口同音に言う。また、本人の意思に関係なく強制的に飼育しなければいけないときもあり、非常に悩ましい存在だという。運良く残りの10%に入った人には絶対に分からない苦痛である。また、これを飼育している期間中は、その飼育者のサディストの側面とマゾヒストの側面の双方を大きく増幅する作用のあることがよく知られている。 それは、その苦痛による憎しみから、多くの人が口内炎を叩き潰してしまいたい衝動に駆られ、爪楊枝で触る、を刷り込む、レモン汁をかける等の行為に及ぶのだか、それが妙に痛気持ちいいことが主な理由である考えられている。

飼ったことのある口内炎の種族は専ら「アフタ性口内炎」がほとんどの割合を占めている。それ以外の種族を飼っている人は恐ろしい病気を抱えているかもしれないので注意していただきたい。

特徴[編集]

特に断りが無い限り、アフタ性口内炎について解説する。

通常、とある人の口の中に忍び込み、約2週間、居候する。長いときには1か月間居座りつづけることもあると言われている。そして、例えばその人が食べ物を食べようとしたり喋ろうとしたときに暴れ出し、その人間に多大なダメージを与える。

対策[編集]

口内炎を飼ってしまうことになってしまった人は、一刻も早く追い出したいと思うが、そこで急いではならない。通常、何もせずにいれば約2週間で出て行くからだ。この期間を短縮することは困難であり、ペット業界の悩みの種になっている。

しかし、痛みを一時的に和らげたりする方法はいくつかある。

  • 口内炎パッチを貼る
一時的にペットにかぶせることにより暴れるのを阻止する。ただししばらくしたら出てくるので注意。
  • 軟膏を塗る。
パッチと同じく。痛いからといって間違えて医院に係った場合に処方されることがある。
古典的な対策方法。激痛を伴うが、しばらく暴走を抑えることができる。
  • レーザー
光学兵器取扱注意

今すぐできる口内炎対策[編集]

口内炎に苦しめられる人々に送る非常に手軽な方法。

  • とりあえず、うがいを徹底する。
口内を清潔にすることにより自然と口内炎は去っていく。
  • ハチミツ・塩など。
上でもあげたやつ。塩で口内炎をグリグリが高威力でいい感じ。
  • 1日2個、柑橘系果実を食べる。
ビタミンCが口内炎に効くため、使えるといえる。

外部リンク[編集]


この項目はまだまだ口内炎が住み着いています。口内炎を退治するいい方法を持っている方の加筆を求めています。世界の平和のためにもお願いしますよ。ホント。 (Portal:スタブ)