古市憲寿

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「古市憲寿」の項目を執筆しています。

古市 憲寿(ふるいち のりとし、1985年1月14日-)とは、日本のチャッカマン。


概要[編集]

東京都で生まれる。埼玉県内の進学校を経て慶應義塾大学へAO入試で入学。卒業後は友人の興した会社に一度就職するが東京大学大学院にも入る。なお、大学卒業を控えた時期にカヤックピースボートへの乗船経験があり、その頃の話をまとめた書が話題沸騰、ベストセラーとなっている。

近年では、社会学者として、その文字通り鋭い目で社会を見つめ、そして世論にを付ける役目を担う若手論客の代表格として知られている。

スタイル[編集]

若手論客の代表格として、くくりを問わず数多くの著名人との対談が設けられる事が多いが、古市の態度や言動がたびたび炎上しているケースが散見される。その中で、議論もしくは対談の相手がヒートアップしていても、古市自身はクールにすましている事がほとんどである。

[編集]

  • 牛丼は福祉
  • キスは汚い
  • 再婚相手は見つかりましたか?

関連項目[編集]


この項目「古市憲寿」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)