古舘カップリング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

古舘カップリング(ふるたちカップリング、Furutachi coupling、古館カップリングとも表記される)は、パラジウム触媒とπ電子雲の作用により、6員環のsp2炭素原子間でなくσ結合同士を結合させるという画期的な芳香族化合物の合成法のことである。科学研究としては珍しく、研究が完結した5W1Hが正確に判明している。それは古舘伊知郎によって日本時間2010年10月6日22時過ぎのことであった。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鈴木・宮浦カップリング」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「根岸カップリング」の項目を執筆しています。

特徴[編集]

1970年代より様々なクロスカップリング反応が開発されてきたなか、パラジウム触媒やホウ素化合物およびDHMO合成法の進歩の相乗効果により、古舘カップリング反応の適用範囲や有用性はさらに増していくと予想されている。反応の特長としては官能基に対する許容性が高く、立体障害にも強い。たとえば基質として、芳香族化合物のほか、コミックマーケット族化合物、腐女子誘導体なども用いられる。東京タワーエッフェル塔のような組み合わせですら巨大な立体障害を乗り越え官能性あふれる反応を誘発できる。(当然ながらカップリングにおける先後の順は非常に重要である。)古舘伊知郎のオリジナル報告では、民主党自民党といった大規模なクロスカップリング反応の意義について例示している。近年、この研究に刺激されてオリジナルの鈴木-宮浦型カップリングでも「とても大きい」と言わせしめるカップリングが追及されている。[1]

歴史[編集]

もともとは報道ステーション研究部門において発見された、極めて実用的な反応である。ポスドク生活保護予算を投入した結果、実用的な結果が出てしまい事業仕分けに支障があってはならないとしてテレビ朝日により研究内容は秘匿されていた。しかし本研究の過程で副産物として見つけられた反応のごく一部が、カップリングのプロとして長年名を馳せてきた鈴木章、宮浦憲夫の二人により鈴木・宮浦カップリングという名前で公表されてしまった。[2]しかし反応の核心は依然として機密のままに保たれていた。

2010年ノーベル賞[編集]

地味かつ実用的すぎるとして世間に公表されることもなく秘匿されていた研究であったが、2010年に転機が訪れた。ノーベル財団は中国政府に対する国家反逆罪に問われている囚人をノーベル平和賞で褒め殺しにすることで中華人民共和国政府と合意した。しかしこれだけでは東北アジアにおけるバランスが崩れてしまうとして、検閲により削除国々から異議が申し立てられた。結局、「理学研究撲滅」という日本国の政策に刃向かった日本人の反政府活動家に対して2010年のノーベル化学賞を贈り全体的なバランスを取ることとなった。日本政府はこの化学賞の贈与に対し、「国内政策に対する内政干渉」として反対し続けた。当時、鈴木と夢を同じくした根岸英一は現在に至るまでアメリカ合衆国に海外亡命中であり日本への帰国のめどは立っていない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「劉暁波」の項目を執筆しています。

報道ステーションによる受賞報道[編集]

当初の脚本によれば鈴木・宮浦カップリング反応のみに限定して報道される予定であったらしい。だが真実の使徒古舘伊知郎同志の報道の自由を求める熱き思いはその程度の脚本で容易に抑えきれるものではなかった。ついに報道管制を乗り越え、2010年10月6日の報道ステーション放送中に彼自身が古舘カップリング反応を完成させた上で公表してしまった。古舘カップリングの完成を中継で目の当たりにした鈴木は「それをつくったらノーベル賞とれます」と言い放った、と語り継がれている。


参考文献[編集]

関連項目[編集]