台風銀座

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「台風銀座」の項目を執筆しています。
「台風銀座」と呼ばれる商店街にある店の1つ。コロッケをたくさん販売している。

台風銀座(たいふうぎんざ)とは、「台風一家」(複数の台風が集まってできた家族)によって経営されている商店が密集する、商店街のことである。台風一家は、毎年日本を訪れて被害を出すことが好きな犯罪者一家であるが、彼らは日本の中でも特に、沖縄九州四国紀伊半島などを旅行することが好きであるため、彼らは自分たちが経営するそれぞれの商店を、全て前述の地域へと移転させてしまった。台風銀座は前述の地域の中でも、潮岬室戸岬宮古島枕崎市などに集中している。彼らは毎年になると、自分達の商店で、高潮などを各地に販売する。これは少し例外であるが、コロッケも販売する。

概要[編集]

台風一家は、毎年からにかけて日本旅行し、各地に被害という名のお土産を残していくことが大好きな一家である。しかし、彼らは日本を旅行することが好きとはいえ、旅行先には割とこだわりがある。彼らが、日本の中での旅行先として最も好きな場所は、沖縄などの南西諸島であり、その次が九州四国などである。また、1959年伊勢湾台風のように、紀伊半島を訪れることも少なくない。このように彼らは、日本の中でも西日本が圧倒的に好きなので、特に頻繁に旅行するのである。

もちろん、西日本以外の地域が嫌いというわけではなく、たまに東日本東海地方関東地方に旅行することもあるほか、ごく稀に東北地方北海道など北日本を訪問することもある。北日本を襲った稀な台風一家として有名なのは1991年りんご台風であるが、2016年の台風一家は平年とは逆に、西日本よりも東日本や北日本に繰り返し訪れ、特に北海道には3回も旅行するという前例のないことを成し遂げているほか、一家の1人であるライオンロックさんは、何か忘れ物をしたのか突如Uターンして引き返し、東北地方の太平洋側に出没した(もちろんこれも前例はなかった)。

とはいえ、やはり台風一家は、沖縄や九州、四国や紀伊半島など南西諸島や西日本が大好きである。あまりにもこれらの地域が好きなため、ある日彼らは自分たちが経営している商店を、沖縄や九州、四国や紀伊半島などに移転することを決めた。こうして、台風一家が経営する商店がこれらの地域に密集し、「商店街」が形成されたため、「台風銀座」とよばれるようになったのである。商店街は、特に沖縄の宮古島鹿児島県枕崎市高知県室戸岬和歌山県潮岬などに集中しており、これらの地域は激戦区と化している。ちなみに、都道府県別で見ると、台風銀座の数が日本列島の中で最も多いのは沖縄県鹿児島県で、2番目が高知県、3番目が和歌山県である[1]

台風一家の商売[編集]

前述の通り、台風一家は台風銀座において大規模にチェーン展開し、商店を経営しているが、彼らはそこで主に以下のような商品を販売し、商売をしている。

[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「雨台風」の項目を執筆しています。

台風一家の商店は、を特にたくさん販売している。基本的に無料であるが、人間の多くは晴れの方が好きなので売れ行きは悪いことが多い。ただし、水不足となっている地域では売れ行きが良いこともある。売れ行きが悪い場合、彼らは友人と協力して強引に大雨を降らし、各地を水の中へと沈めることで売りさばくことが多い。なお、風をあまり販売しない割に雨をたくさん販売する台風一家は、「雨台風」と呼ばれる。過去の雨台風の例としては、1947年カスリーン台風1958年狩野川台風などがある。

[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「風台風」の項目を執筆しています。

台風一家の商店は、も特にたくさん販売している。基本的に暴風は人間からの人気がゼロで、雨と同じように売れ行きが悪いので、彼らは強引に暴風を吹かせて売りさばくことが多い。なお、雨をあまり販売しない割に風をたくさん販売する台風一家は、「風台風」と呼ばれる。過去の風台風の例としては、1954年洞爺丸台風や、1991年のりんご台風などがある。

[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高潮」の項目を執筆しています。

台風一家の商店は、高波を販売し、気合が入っている時には高潮も販売する。1959年の伊勢湾台風は、名古屋市を中心とする愛知県三重県など、伊勢湾沿岸の地域に大量の高潮を販売した。

コロッケ[編集]

Bouncypotato.gif
これだけでは満足できない人のために、アンサイクロペディア暇人たちが「台風コロッケ」の項目を執筆しています。

台風一家の商店が販売する唯一の食品はコロッケである。コロッケに関しては、人間からの人気も高いため、雨や風とは違って基本的に売れ行きが良い。彼らがコロッケ販売を始めたのは、2001年からであり、それまではコロッケなど販売していなかったが、雨や風など他の商品の売れ行きが悪い時に経営危機から逃れるために、人間の好きなコロッケを販売しよう、ということで販売がスタートした。最近では、2019年令和元年東日本台風の際に、大量のコロッケが飛ぶように売れた[2]

その他[編集]

台風一家の商店は、上記のような商品の他に、竜巻などを販売することもある。また、稀にを販売する。

出典[編集]