合格鉛筆

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「合格鉛筆」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鉛筆」の項目を執筆しています。

合格鉛筆(ごうかくえんぴつ)とは、受験生の忍耐力を高めるために神社などで販売されている鉛筆である。

概要[編集]

合格鉛筆の誤解の例

合格鉛筆は、現在では「合格」と「五角」を掛け合わせた縁起の良い鉛筆であるとされているが、本来の意味とは異なる。

合格鉛筆は本来、断面が正五角形であるために柄を握った際に痛みが生じるというものであり、この鉛筆を用いて受験勉強をすることで「痛みに負けない」トレーニングになり忍耐力を高めることができる。尚、受験生が試験の際にこれを「お守り」として持参し、机に置いておくのは使うと痛くて集中できない今までの辛い勉強の事を忘れないためである。

サイコロとしての利用[編集]

断面が正五角形であるため、大学入試センター試験などの解答を導くという目的でも利用される。大学入試センター試験の4択の問題では「3」が解答になることが多い[要出典]ので、5つの面を削って「1,2,3,3,4」と数字を振ることによって1:20%,2:20%,3:40%,4:20%と実際に近い確率で答えを導き出すことができる。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

五角である理由[編集]

この節では、なぜ合格鉛筆は五角なのかということを考えていく。三角形、四角形、五角形、六角形・円の順にそれぞれの特徴を記述し、合格鉛筆の断面としてどれがふさわしいか調べてみることにする。但し、それぞれ正n角形であるとする。

三角形[編集]

断面が正三角形であるとすると、指には60°の角が接することになる。これは痛すぎて勉強どころではないため合格鉛筆としてはふさわしくない。

四角形[編集]

断面が正四角形すなわち正方形であるならば、指に接する角は90°と痛みは多少改善されるが、そもそも鉛筆削り器で削るという行為が不可能なため使用できない。

五角形[編集]

断面が正五角形になると、指に接する角は108°と程良い痛みとなり、また円に近いため鉛筆削り器でも削りやすく最も合格鉛筆にふさわしいと言える。

六角形[編集]

日常的に使用される鉛筆と同じである。六は六家(儒家・墨家・名家・法家・道家・陰陽家・諸子百家)や六経(詩・書・礼・楽・易・春秋・儒家)など学問においてとても重要な数字であるが、あまりにも志が高くなってしまうため、日本人としては謙遜の精神に沿って五角形が丁度良いと思われる。なお四角形以下では謙遜しすぎであるため、かえって不遜である。

円形[編集]

こちらも日常的に使用される鉛筆だが、サイコロとしての利用が難しいうえに机から落とした場合はどこまでも転がってしまうため試験などには適さない。円形であるため角が無く持っても痛くないが、刺激が無いため多角の鉛筆よりも居眠りしてしまうリスクが高いし、そもそも痛く無い鉛筆は合格鉛筆の趣旨から外れてしまう。

以上5つの断面について検証してきたが、合格鉛筆にふさわしいのはやはり五角形であるとの結論に至った。

関連項目[編集]


数学書 この項目「合格鉛筆」は、内容が足りません。このままでは驚くべき証明を書く余白が残ってしまいます。内容を充実させてくれる人を探しています。 (Portal:スタブ)