吉川晃司

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吉川晃司」の項目を執筆しています。

吉川 晃司(きっかわ こうじ、1965年8月18日 -)は、天地人織田信長を演じている人と思われがちだが、それは世を忍ぶ仮の姿あり、その実態は毛利の両川と呼ばれた吉川元春の子孫である。 但し吉川元春の男系の血統は江戸時代に既に途絶えているのに子孫と言えるぐらいの偉大な人物であるからして多分。「吉川」が「よしかわ」じゃないのは、広島訛りと言える。

来歴[編集]

高校3年の夏休み広島よりバタフライで泳いで上京(上陸)する。自販機の下の小銭集めて履歴書を買い、六本木の喫茶店に住み込みで働き始める。やがて女々し気な変なダンスをしながら「モニカ」というデビュー曲のヒットでスターへの道を駆け上がっていくが…等

吉川晃司伝説[編集]

  • 尾崎豊という子供を仲間にした
  • ジョギング兼ウォーキング中に、親父狩り少年達にナイフを突きつけられ、金を出せと脅されるが、逆に少年達を懲らしめる。本人曰く「軽くストリートセッションした」と。
  • 飲んで朝方自宅マンションに帰って来たところ、鍵をどこかに落としたのに 気付き、鍵を探したり人を呼んだりするのが面倒なので、マンションのベランダをよじ登っていき、高層階の自分の自宅ベランダの窓を叩き割り、部屋に入って一件落着とばかりにくつろいでたところ、一部始終を見ていた人に泥棒と間違われ通報され自宅から警察に連行される。「俺ん家だ! と言っても信じてもらえず、両脇を抱えられ連れて行かれた(笑)。カツ丼もだしてくれなかったし」
  • 酒癖の悪さは折り紙つきで、西麻布で電話ボックスを担いで歩いたエピソードを持つ。その事を『HEY!HEY!HEY!』でダウンタウンに話すと、松本人志から「携帯電話やん。」とツッコまれた。
  • ある人との対談で、「酔って六本木のビルの3階から飛び降りたと言うのは本当ですか?」という質問に、「それは4階の間違いだ」と答えた。
  • 当時付き合ってた女性の「部屋を真っ赤なバラで埋め尽くしてみたい」という冗談まじりな言葉を真に受けて、付き合ってた女性の部屋を真っ赤なバラで埋め尽くした。その額、軽く百万円は超えてたらしい。付き合ってた女性にはキレられたらしい。
  • 地上じゃなく水の中ならジャイアント馬場にも勝てると豪語。 「喧嘩は水の中でやるもんだ」が持論。
  • ケンカで有名な宇梶剛士竹原慎二と同じ府中小学校出身。サマーソルトキックや竜巻旋風脚(シンバルキック)を、ケンカを通じて編み出している。
  • 暴行事件の謝罪会見で、記者の「泥酔していたんじゃないか?」の質問に、「僕は25度の焼酎ぐらいならいくら飲んでも酔いません」と酒豪ぶりをアピール。 その日も焼酎の真露ボトルを二人で三本ぐらい飲んだが、そのくらいなんともないと発言。謝罪会見が終わってみれば、喧嘩の強さと酒の強さのアピール会見になった。
  • シングル「パンドーラ」のPVを侍姿でとることが決まり、撮影の前日深夜に自宅近くの公園で一人、偽刀で練習していたところ、公園近所の人に不審者と間違われ警察に通報され、警察に追われるハメに。本人曰く「うまいこと撒いてやった」
  • よくスポーツ選手や格闘家、関取衆と飲むらしく、飲んでて格闘家と喧嘩になり、格闘家を倒したこと数度。本人曰く「スリーパーホールドで落とされたことも何度かあるけどね」
  • 曲作りとコンピューターをマスターするため、自宅に機材を持ち込み、4ヶ月ほど自宅から一歩も外に出ず籠る。「飯は運んでもらうか作りに来てもらったし、タバコも買いに出なかった。」 
  • 音楽番組で司会者に「ミュージシャン」と言われたことに怒り出し、「俺はミュージシャンじゃない。職業吉川晃司だ」と言い放った。
  • 自宅マンションに帰ると部屋がきれいに掃除されてて、当時付き合ってた彼女が掃除してくれたのかな? とありがたく思ってたところ、吉川本人の預貯金と洋服を持ち逃げされてた。本人曰く「部屋の掃除のついでに違うものまで掃除してくれてて(笑)でもそのときには預貯金が全然なくて、額が少なくて怒ったんじゃないかな? その子に関しては怨んではないけどね。大変な境遇で生きてきた子だから」
  • フェラーリを所有している知人とフェラーリ同士ツーリングに行こうと誘われツーリングに行ったものの、吉川のフェラーリが傷だらけでバンパーは外れかけてたため、その知人に「フェラーリをこんなに乱暴に乗るなんて、フェラーリ乗りの風上にも置けない」と一喝されるも、「車は乗ってナンボ、大事に乗っても意味ない。フェラーリだろうがなんだろうが乗りつぶすまで乗る!」と言い返す。
  • 写真家のハービー山口氏とベルリンの壁が崩壊した直後の東欧を旅行した際、車を運転してた吉川のあまりに乱暴な運転に耐えられなくなったハービー氏に「吉川君はいつもこんな運転してるのか! 変わりなさい、運転は私がする」とキレられる。吉川曰く「カーブはアクセル踏み込んで攻めないと。曲がりきれるかどうか、俺の人生の縮図みたいなもんだから」
  • ある音楽番組で司会者に、知名度が上がってきた野球選手の新庄剛志に似てると言われ一言、「誰それ?」。 売り出し中の新庄選手のことを知らなかったらしい。その後、メジャー挑戦するため新庄選手が自身のフェラーリをオークションに出し、高値で落ちたことを知って、吉川が一言「俺のフェラーリより高値じゃねぇか!」
  • 映画「レディージョーカー」で共演した渡哲也氏に初対面で「吉川君は喧嘩が強そうだね。秒殺しそうだね」と言われ、苦笑いするしかなかったらしい。渡瀬恒彦氏には、たまたま隣のテーブルで飲んでていきなり呼ばれ初対面だったが、「吉川君が出てる作品を見たけど吉川君すごく良かった。ただ役者は副業でロックが本業ですなんて言うのはやめなさい」と言われ、これまた苦笑いするしかなかったらしい。
  • 最近は飲むと魚の話しかしないらしい。勝俣州和氏に「誰も魚のことなんか聞いてないのに、ずっと魚の話をしてる」と言われる。三池監督も映画の出演交渉のため初めて会ったとき、吉川馴染みの寿司屋に連れて行かれ、そこで魚の話をずっと聞かされたらしい。飲むと口癖が「マグロになりたい」「魚がまずいと許せない」
  • アルバムBEAT∞SPEED製作中にテニスにハマり、一日八時間ぶっ通しを何日間にも亘って行い、テニスコート代だけで百万円近く払う。ちなみに相手は二時間おきぐらいに交代で呼び、吉川曰く「一人は膝に水が溜まり、一人はアキレス腱を切って、一人は連絡が取れなくなった」
  • 渡辺プロダクション所属の頃、事務所が吉川が私用で使う車をリースで準備してあげるので、何がいいかと聞かれ、吉川は「コルベットがいい」と答えるものの、事務所スタッフから反対されコルベットに形が似てると言う理由でスープラを準備されるが、スープラをこれ見よがしに短期間で廃車にしてしまう。その後希望通りコルベットが準備される運びとなった。吉川曰く「CM撮りで行ったカルフォルニアで見たコルベットがカッコよかったんだよね」
  • 幼い頃からガキ大将で、幼稚園の頃、家から幼稚園までの道のりを小学生の子分を引き連れて毎日通ってたらしい。そのときのテーマソングは「狼少年ケーン」
  • 自宅近所の馴染みの焼肉屋に行って、その焼肉屋から近所の居酒屋に刺身の盛り合わせの出前を頼んで食べるらしい。焼肉屋の主人からは「いいかげんにしてくれ」と怒られるが、吉川曰く「肉は酒のあてにならないんだよね。やっぱり魚でしょ。ミノはあてになるからミノは刺身と一緒に食べるよ。ここのほうが落ち着くし」
  • 映画の撮影で訪れたロスで食事をしてたところ、偶然同じレストランにいたハリウッドの映画関係者から「ハリウッド映画に出てみないか?」とスカウトされるもきっぱりと断る。吉川曰く「俺がハリウッドに出て行くときは日本人として堂々と日本から出て行くんだ。ちょっと声掛けられたからといって浮かれてられるか!」
  • ミュージックステーションで、広島風お好み焼きにマヨネーズをかけると話した猿岩石に生放送中に説教した。吉川曰く「マヨネーズかけるなんて許せない。マヨネーズかけるとマヨネーズの味が強すぎてお好み焼きの味が台無しになる」
  • 当時付き合ってた女性を「そこまで食事に行こう」と誘って、羽田から飛行機に乗って札幌のイタリアンの店まで食事に行った。吉川曰く「札幌に美味いホワイトアスパラを食わす店があったんだよね」
  • サバイバルを好きで、ヒマがあれば無人島やジャングルで1人で動物と戯れる。ヌーに追いかけられ「Oh my god!」とマジで言った。
  • 仮面ライダーWの師匠だったり、GANTZには吉川海司&BLEACHには志波一心という名義で参戦したり、るろうニート剣心で人斬りのニートの刀を手に入れたりもする等、次元を超越する能力を持ってる。

代表曲[編集]

  • モニカ
デビュー曲。サビの1フレーズで「サンクス」を4回言うほどサークルKに感謝の心を持っていることが伺える。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


この項目「吉川晃司」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)