同人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「同人」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「同人」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「同人」の記事を執筆しています。

同人(どうじん)とは、私費出版するエロス作家の総称である。

概要[編集]

アマチュアの作家に限らずプロフェッショナルに置いても、作家のイメージを損ないかねない事や通常の流通では出版社からの圧力により、販売できないエロ作品を広く一般に販売すること。本業よりも実入りが良い事から本業そっちのけで出版を季節ごとに繰り返す作家も存在する。古くはカストリ雑誌で偽名を使って投稿していた著名小説家等の興した集団領布がきっかけである。

近年税務署からにらまれている為に納税をきちんと報告しないと、売り上げの殆どをむしり取られる可能性がある。

因みに、「同人」という響きから初めて耳にした者はドッペルゲンガーを連想するといわれているが、真偽の程は定かではない。

執筆形態[編集]

コピーオフセット等の印刷形態で領布されるが、ページがもの凄く少ない形態でも500~1000円する等、少数印刷におけるコスト問題が露呈している。しかし版下印刷の技術向上によって、以前は機密文章扱いだった原稿がそのままインターネットで入稿できると言った技術革新も進んでおり、データでの入稿からいわゆる消しモザイク関係は最悪、印刷所が入れるので飛躍的に楽になったと言われている。売れれば売れるほど表紙が色鮮やかかつ扇情的になっていく反面、中の原稿はゲスト作家の原稿が半分以上になったり、下書き絵が増えたり作家本人の作品が未完成などと言った表紙で燃え尽きるケースが多くなっていく。

流行[編集]

二次創作と言った形態が殆どであるにも関わらず、その時節に流行がある程度見込まれるのが特徴。最大規模の領布会は半年ごとの開催にもかかわらず、売れ線と言われるジャンルや作品が存在し異常に肥大化する傾向が伺える。独自創作はその殆どが知られないまま埋もれていくが、極まれに大ヒットする場合もあり、その際には二次創作がすかさずなされ、柳の下のどじょう狙いにヒットに追従する傾向も強い。

問題点[編集]

二次創作である以上、版権元又は著作者がクレームを付けてくる事があり得る。しかし同人作品の大ヤマト宇宙戦艦ヤマトと同一でない様に、その殆どは黙認されているのが現状であるが、気が付くと訴えられるので配慮は必要。

特にこいつらとかこの人とかこの青狸をはじめとするこの企業所有のもの全部の二次創作はほぼ間違いなく訴えられるため、これらの二次創作は禁忌となっている。

エロス関係を記述している事から、警察機構等にも注意を払うべきである。近年はランドセルをしょったキャラクターが出るだけで児童ポルノと検挙された例が存在する。現在は表現の自由を論点に法廷で争っている最中である。「幾ら成人と言い張ってもランドセル装備だから児童だ!」と検察は指摘しており、登場人物は18歳以上という魔法が通用しなくなっている模様。

リアル?それなにおいしいの[編集]

同人誌における魔法の言葉の一つである。同人誌の中でもあくまで非十八禁作品については、クロスものであるためある程度以上の作品ごとの設定無視を行いはしてもリアリズムに配慮しての作品の展開が行われている。が、完全に18禁作品となるとリアルさなんて無視せずにただ単に性欲だけを優先するためリアルさなんてものは皆無である。 例を挙げれば、精神を支配する能力に対して高い耐性を持っているor高い耐性を持っているかもしれない作品の登場人物も催眠術で簡単に支配できる(そもそも催眠術で洗脳のようなものは無理、ほかの者と組み合わせて洗脳手段の一つとして違えば別かもしれないが)、非戦闘系のキャラクターならまだしも戦闘系のキャラクターまでもがまずい姿を盗撮されただけで簡単に従う(盗撮のデータをカメラだけでなくパソコン本体にも送ってあるといったり、ほかの人物にも渡してあるから何かあったらデータをばら撒くといっているが、それでも戦闘系の作品なら相手を凹って相手がデータを納めている媒体をすべて破壊したり、データを送った相手を聞き出して破壊するといったことも可能なはず、というか肉体関係を要求され一度ならまだしも長期間そういった要求を嫌々なされているにもかかわらず幾ら裸や自慰の写真といっても警察に通報しない人がいるのもおかしい)、暴行されることへの恐怖やある意味セックスといった行為を拘束されて日常的に行われてしまえば洗脳ということになって相手に従ったり人格が変わったりするかもしれないが、セックス依存症という病気があるがありえないほどセックスのことしか考えられなくなるなど。 ちなみに一番ありえないのは、わざと相手を学校の文化祭の特別教室で開催される暗闇の中で行われる迷路状の企画を利用して視察に来た生徒会員の恋人男女のうち女性を彼氏から引き離して暗闇の中レイプするというもの。 幾ら特別教室といっても体育館でもないんだから暗闇といっても彼女とはぐれても探すのに時間がかかるはずないし、暗闇の中に喘ぎ声がかなり響いていたらばれるはず。なのに彼氏は助けに来ない。 裏で結託してでもない限りは。

もはや、子育ての負担が高くなったために、逃避行動に追いやられる行動もあり少子化の一要素である。

関連項目[編集]

ツンデレ ……見ての通り、この記事「 同人 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)