同潤会アパート

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「同潤会アパート」の項目を執筆しています。
復元された青山同潤会アパート

同潤会アパート(どうじゅんかい-)は、関東大震災後に東京・横浜に建設された鉄筋コンクリート造の集合住宅のこと。

概要[編集]

貴重な1棟

近代日本で最初期の鉄筋コンクリート造集合住宅として貴重な存在であり、エレベーター・食堂・共同浴場・談話室・売店・洗濯室、屋上には、音楽室・サンルームなどが完備ということで、居住者への配慮が行き届いたきめ細かな計画などの先見性が評価されている。なのに、訳あって今は上野下アパートメントの1棟しか残っていない。貴重なのに一部では、廃墟などと言われている。

歴史[編集]

「関東大震災で木造家屋が大量に破壊されたため、丈夫なコンクリ住宅を供給しよう。」という崇高な目的があったとされているが、それは表向きの理由で本当は「火事の時に中の人を検閲により削除できるぞーw」という検閲により削除的な要素しかない理由であった。 対象は主に都市のサラリーマンなどだったが、職業女性向けのアパートや、スラム地区対策として建設されたアパートもあった。

同潤会解散後

戦時中に住宅営団が発足し、同潤会は「管理面倒くせー」と業務を丸投げにし引き継ぎ、解散した。第二次世界大戦後、住宅営団が解散すると、都内の同潤会アパートは東京都に引き継がれ、のちに原則として居住者に払下げられた(大塚女子アパートは例外で都営住宅として続いた)。 老朽化のため順次、建て替えが進められているが、歴史的建築物ということで青山・大塚女子・江戸川・代官山などでは取り壊しに際して保存運動も起こった。 しかし、(青山アパートメント、代官山アパートメントは特に)金儲けのため、老朽化に伴う建物の劣化の著しさと耐震性などの建物機能の問題で住人にも建て替え希望者が多かった。

住居としての人気[編集]

居住者への配慮が行き届いたきめ細かな当時最先端のアパートメントだったため好評だったらしい。 特に大塚女子アパートメントハウスは、かなり家賃の高いアパートであったにもかかわらず、総戸数158戸の部屋は募集を開始するとすぐに予約で一杯になったという。

その他[編集]

もはやこれは芸術だ。いろんな意味で。

芸術的価値を見出す人が存在し、写真もかなりある。昭和初期の古い鉄筋コンクリート造アパートで、歴史的建築物ということで建替えを惜しむ声も多数あった。

関連項目[編集]


蓮舫 同潤会アパート加筆、修正する理由は何があるんでしょうか?
書きかけじゃダメなんでしょうか? (Portal:スタブ)