名古屋ひきこもり協会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

名古屋ひきこもり協会(なごやひきこもりきょうかい、Nagoya Hikikomori Kyokai)は、名古屋共和国鎖国性を強化するために結成されている秘密結社である。類似した名前をつけている日本ひきこもり協会とは、その設立経緯からして異なる。

概要[編集]

名古屋共和国民に共通して抱かれている「名古屋は世界でもっとも優れた経済地域であり、産業や経済は名古屋を中心に動いている」という信条によって自然と生じたもので、生涯を中京(名古屋)圏内で終始させようとする人達によって立ち上げられた協会である。目に見えた形での活動はほとんど行われないが、中京圏内、特に名古屋のベットタウンと呼ばれる地域においての心理的支配において、優れた功績を残している。

まれに遺伝子や生まれ育った環境条件により、中京圏民であるにもかかわらず東京や大阪などの他地域を崇拝するように洗脳されてしまった人が発生する場合がある。協会は彼らに対し心理的な圧力を加えるが効果は低く、彼らは協会から逃れるために他地域の大学に進学するか、トヨタではなくホンダに就職する。尤もトヨタの場合、名古屋の企業と言えるかどうか微妙だ。豊田ですから。

しかし、濃尾平野周辺からの就職先は名古屋共和国にしかないに等しいために社畜な引きこもりも推進されている。

関連項目[編集]