名古屋撃ち

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名古屋撃ち」の項目を執筆しています。

名古屋撃ち(なごやうち)とは、遠くまで届く武器をわざわざゼロ距離で放つ技術であり、一種のエクストリームスポーツともされている。

概要[編集]

名古屋撃ちは元々地球に侵略してきたインベーダー宇宙人)に対抗するために名古屋人によって考案された攻撃方法である。この手法はインベーダーの攻撃が実はゼロ距離ならば安全であるという考えを元に行われるが、実際のところは接触された時点で負けであり大変危険な行為とされている。

名古屋撃ちの発祥[編集]

遙か昔インベーダーが名古屋共和国を襲撃し、これを名古屋人が竹槍で撃退した際に「引き付けてから確実に倒す」という思想の元に考案された戦法であり、事実竹槍はインベーダーの体を次々と貫いていった。しかし実際のところは遙か上空を飛行していたUFOも竹槍に迎撃されていた事から、引き付けずともインベーダーを確実に倒すことが可能であったとされている。当時は近隣国であるグンマーと技術を競い合っていたが第二次大戦以降その技術は衰え、真の技術伝承は伝聞のみ伝わるものとなっている。現代戦でこそPACなどによるミサイル迎撃などが主となっているものの、真の技術さえ使用できれば全ての対空戦略兵器は不要とされている。

名古屋撃ちの確立[編集]

上記の戦い効力を発揮した戦法であったが、インベーダーに襲撃される事が無くなり一時は廃れてしまっていた。しかし、1978年タイトーインベーダーゲームを開発してからは状況は一変した。このインベーダーゲームは自機の攻撃に名古屋襲撃時の竹槍同様にインベーダーを一撃で倒すだけの火力が備わっているものの、画面内に弾が1発しか存在できず連射ができないという欠点を持っていた。この欠点を補うべく「至近距離で倒せば遠くまで撃つこともなく連射が可能」という点に着目し、至近距離での連射、即ち「名古屋撃ち」という技術が確立されたのである。

技術の継承[編集]

インベーダーゲームで確立された名古屋撃ちであったが、この技術を覚えるためには当時不良溜まり場とされていたゲームセンターに通う必要があり、一般的な学生などには技術の習得が厳しい状況だった。名古屋撃ちの技術を持つ者はこの状況を打開すべく「ゲームセンター以外の場所に筐体を設置すれば良い」という発想の元、インベーダーゲームを喫茶店スナックに協力を頼み設置を試みた。結果、インベーダーゲームはオタクからリア充まで幅広く親しまれ、それに伴い名古屋撃ちの技術も無事継承される事となった。

関連項目[編集]