出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
名無しから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nuvola apps important yellow.svg 注意
この記事は匿名です
「我輩は匿名である。名前はまだない。」
匿名 について、匿名
「へへっ、俺は少年だからいくら犯罪やらかしても自由奔放だぜぇ〜!「少年法」っていう切り札があるからなぁ!」
匿名 について、少年法により匿名(少年A

匿名(とくめい)もしくは名無し(ななし)とは、己の名前を隠して正体を明かさない謎の人物のことである。しかし、大抵の場合、あくまで「名前を隠している」だけに過ぎず、「名前が無い」わけではない。そのため、「名無し」という表現は厳密には誤りであるが、そんなことは誰も気にしていない

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「匿名」の項目を執筆しています。

ウィキペディアアンサイクロペディアにおける匿名[編集]

Bouncypotato.gif
これだけでは満足できない人のために、アンサイクロペディア暇人たちが「IP利用者」の項目を執筆しています。

ユーザーの匿名性[編集]

ウィキペディアアンサイクロペディアなどのサイトには、アカウントを作成してログインせずに記事を執筆する者が無数に存在する。こうした利用者の場合、編集履歴にはその利用者が使用していたIPアドレスが半永久的に記録される。こうしたIP利用者のことを、「匿名利用者」と呼ぶことがあるが、実際はアカウントを登録している執筆者の大多数も「匿名利用者」だ。なぜなら、彼らが自分の本名(個人情報)をそのままアカウント名として登録する者はまずいないからである。彼らは、自分の本名とは直接関係のない名前をアカウント名にしていることがほとんどであり、本名であることを隠している「匿名」である。すなわち、IP利用者に限らず、ウィキペディアやアンサイクロペディアにおける利用者は「基本的に全員匿名」と言える。

犯罪者の匿名性[編集]

Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「植松聖」の項目を執筆しましたが、独裁者の魔の手によって削除され、再執筆を阻止すべく、封印されて証拠隠滅されてしまいました

頭の固い百科事典日本語版においては、重大な犯罪を犯したのが成人であっても、ウィキペディアンはやはり被害者のことなど全く考えずに、ただひたすら加害者を擁護するために、被害者の実名を記載してはいけないと義務付けている[1]。事実、2016年7月に19人の尊い命を奪い、戦後最悪の大量殺人事件を起こした凶悪犯である「植松聖」に関しては、ネットで検索すると、例の事件のことが大量にヒットし、もはや日本国民でその名前(植松聖)を知らぬ者などいないといえるほどである。にも関わらず、検閲により削除は、「植松聖」の項目が執筆されると即座に削除し、ついには執筆を阻止すべく保護までしてしまった。もちろん、相模原障害者施設殺傷事件の記事内に「植松聖」と書いても除去されるので注意しよう。さらには、英語版中国語版などの他言語版のウィキペディア記事には、植松聖の実名が記載されているにも関わらず、相変わらず日本語版では加害者の名前を隠している。ここまでくると、もはや隠す意味もない名前だが、日本語版ウィキペディアはとにかく狂っているので、このような状態に至るのである。

犯罪者の匿名化に関する言い分[編集]

犯罪者の匿名化に関するウィキペディアンたちの言い分としては、

  • 法務省等が前科者データベースを作っているのだからわざわざウィキペディアでそれを作る必要がない
  • ウィキペディアを前科者データベースにする労力があるなら他の記事を執筆する方が有意義だ

などがある。一方で、ウィキペディアンたちはLTAについて専用サブページを設けて、IPアドレスや発信元等の情報を細かく公開するなど、荒らしの前科者データベースを作ることには余念がないという矛盾をさらしている。[2]

少年法による匿名[編集]

Bouncypotato.gif
これだけでは満足できない人のために、アンサイクロペディア暇人たちが「少年法」の項目を執筆しています。

この世には、「少年法」という、一番不要で早急に廃止すべきな法律が存在する。これは、たとえ未成年者がいかなる犯罪を犯した場合であっても、処罰せずにその加害者を徹底的に擁護するという、被害者人権を真っ向から無視し、加害者の人権のみを尊重するという、悪質な法律である。そのため、成人が犯罪を犯した場合には、いかなる犯罪であろうと、マスゴミが実名を世間に晒し、刑罰を下して徹底的に処罰することで、社会的に抹殺するのに対し、未成年の場合、マスゴミはどんな悪質な犯罪を犯した未成年に対しても、その名前を報道しないという、クズな加害者擁護を行う。まさにマスゴミである。例えば、史上最悪の犯罪ともいえる1989年女子高生コンクリート詰め殺人事件のような犯罪を未成年が犯しても、クズな世間は被害者の人権ではなく加害者を擁護するのだ。

少年法の例外[編集]

インターネットが普及した現在、悪質な犯罪を犯した少年の名前は、マスゴミの代わりにこちらに公開されてしまうことも少なくない。実は、インターネットへの掲載は、少年法による規制対象外なのだ。あくまで新聞ニュースに載らないというだけである。

少年法の大義名分[編集]

批判的意見が根強い中、2020年現在も少年法が存続しているのは、「非行少年の社会復帰を促進する」という大義名分があるからである。一方で、非行少年たちが匿名である限り、少年法の理想である「非行少年の社会復帰」が本当に達成されているかを客観的に検証する手段は事実上存在しないということになる。これは本来なら議論に値する重大な問題だが、政治家たちはなぜか全く指摘しない。議員たちの中にも、少年法のお世話になった者でもいるのだろうか。

某掲示板における匿名[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「匿名」は何故か「名無しさん」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

詳細は「名無しさん」を参照

番号を使うことによる匿名[編集]

インターネット技術の普及により、ウィキペディアやアンサイクロペディアで用いられる「IPアドレス(番号)による匿名」については手法の汎用性が認められ、現在では様々なところで転用されている。時には、プライバシー保護以上の役割を果たす場合もある。

試験における匿名[編集]

学校外の試験大学入試など)では受験者氏名の代わりに受験番号が用いられている。[3]大学だけでなく、河合塾東進ハイスクールなども模擬試験で受験番号を用いている。受験番号が使われる理由については

などが表向きの動機だが、実は「漢字力に関係なく採点者を雇用できるようにする」という側面もある。ゆとり教育の開始以来、平均的な学力・漢字力の低下が懸念されており、漢字の読み書きが怪しい採点者が急増した。漢字ベースではなく受験番号で試験を運営すれば「採点者の低い漢字力が露呈する」といった炎上事案を阻止できるのだ。

刑務所における匿名[編集]

刑務所」も参照。

刑務所では上記と同様な理由で囚人番号が導入されている。この制度により、「刑務官の低い漢字力が露呈する」といった炎上事案を阻止できるだけでなく、学力が理由で刑務官が受刑者に見下されること、自分の名前を漢字で書けない受刑者が周りからいじめられること等を防止できる。

感染症対策における匿名[編集]

2020年新型コロナウイルス流行以来、感染者の出た施設名が公表されても感染者の実名が公表されることは(芸能界を除いて)絶対になく、感染者の情報は識別番号によって管理される。もし感染者の実名を公表してしまうと、テロリストが感染者の体液を入手してそれを散布するといったバイオテロが容易になるからである。感染者の匿名性は、安全保障やテロとの戦いの観点から見ても極めて重要である。[5]

情報番組における匿名[編集]

報道機関では匿名の取材対象者を文字ベースで管理している。例えば少年犯罪の報道では上記のように「少年A」という表記が慣習的に用いられている。もしも少年犯罪が同時多発的に発生した際には「少年A」が複数現れることになるため、犯人ごとに「少年A」「少年B」・・・といった風に列記する。しかし「アルファベットによる少年犯罪者識別法」では、犯人(被告人)が27人以上いる組織的少年犯罪には太刀打ちできない。[6][7]そこで以下のような対策法が考案された:

このような類稀なる努力により、多くの報道機関では情報番組の品質を落とすことなく半永久的な匿名性を実現している。[8]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Wikipedia:削除の方針#B-2 - Wikipedia
  2. ^ コトバンクニコニコ大百科には、ウィキペディアのような「荒らしの前科者データベース」など存在しない。
  3. ^ 多様性個性を尊重するため、受験番号の桁数に関する統一的規格は制定されていない。
  4. ^ 近年はSNSで受験者の答案をさらすいたずらが散見されており、対策が急務になっている。
  5. ^ 2020年8月にはテロリストがサリンを散布して24時間テレビ日本テレビ主催)の開催を阻止しようとする事件があったため、日本政府は感染症対策だけでなくテロ対策にも力を入れている。
  6. ^ 集団暴力などが想定される。
  7. ^ AからZまでは26文字しかない。
  8. ^ コンプライアンスが重視される現代では、匿名性を強調して視聴者・株主からの信頼を勝ち取ることは報道機関における至上命題の一つである。
この項目「匿名」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)