名護屋城

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

もしかして: 名古屋城

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名護屋城」の項目を執筆しています。

名護屋城(なごやじょう)とは、佐賀県唐津市に存在する偉大なる領導者・豊臣秀吉同志の偉業を今日に伝える城である。

概要[編集]

古くからこの城のある旧鎮西町は、多国籍海賊団の拠点として栄えていたが、その海賊を武運でもって黙らせた豊臣秀吉同志が、朝鮮半島を明王朝に服属する両班反動分子の手から解放すべく、拠点を築いた。それが、名護屋城である。

名護屋城の建っていた勝男山という山はこの時名づけられたものである。この男とは人民大衆のことであり、民心と常に連帯する同志の慈悲を感じることができよう。

城の装備[編集]

この城は、大阪城に次ぐ規模の壮大なものであり、神速で建設された。現代の張りぼて天守を上回るほどの速度で築城されたのだ。完成の日には、朝鮮からも使者が来て、おべんちゃらとはいえ明王朝にお伺いを立ててから朝貢したいと約束した。

しかし、その天守に解放でなく侵略のにおいを察知した両班反動分子は手抜き建築の専門家を大勢潜入させ、妨害工作を行った。特に徳川家康という狸人間は両班による妓生100人の喜び組工作にすっかり取り込まれてしまい、先頭に立って朝鮮解放戦争への参加を拒んだ。

崩御直前までこの工作を見抜けなかったことを豊臣秀吉同志は大いに悔やんだ。「夢のまた夢」の辞世はこれを悔やんだものである。

史実[編集]

韓流時代劇不滅の李舜臣では、中京都同名の城から出陣したと伝えている。現代の日本人はこれをもって韓国人の無知蒙昧さがまたしても露わになったと悦に入っている。

しかし、この部分に関しては珍しくも韓国人の方に理がある。鋼鉄のハヌマーンたる豊臣秀吉同志は、生地名古屋から実際に全軍を出撃させたのであって、決して朝鮮海峡に向かい合う名護屋城から出撃させたのではない。当時の日本人民共和国はそこまでの強盛大国だったのであり、名護屋城はあくまで一つの拠点に過ぎなかった。現代日本人は徳川家康反動に抹殺された歴史を語り継いでいた韓国人に感謝すべきである。韓国人は大阪城で豊臣秀吉同志を非難することはあっても、2つのナゴヤ城で同志を非難することはない大人の民族だ。

関連項目[編集]

利休よ、「名護屋城」は立派じゃ、けんども手抜き建築じゃあかんのう。天竺まで征服できる立派な城にするためにも、がんばらなきゃあかんのう。 (Portal:スタブ)