名鉄交通

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

名鉄交通(めいてつこうつう)とは、名古屋共和国内でタクシー(一部はクレイジータクシー)を走らせている主な会社。名鉄タクシーグループの中枢を担う大ボスであり、名タクの愛称で親しまれ、恐れられている。

概要[編集]

 名鉄タクシーの中枢企業として知られており、名古屋市某所に茶色のでかいビルを構えている。これは企業力を見せ付けるためと言われているが実際は不明。

 名鉄タクシーなので利用者には縮めて名タクと呼ぶように仕向けており会社のあらゆるところで名タクと言っている。

 名鉄タクシーなので名古屋共和国内では絶大な力を持っており、市民にとっては「タクシーの(見た目の)鏡」として親しまれている。

 実は石川県に「石川交通」なるそっくりさんが走っている。ただしこいつは横の黒帯がない。

車両[編集]

 名鉄タクシーなのでそのほとんどがトヨタ日産車である。一時期はプリムスという知らねーよそんな車という外車も採用していた。

 名鉄タクシーなので見た目は車体上部が「名タクグリーン」と言うか言わないか知らないがそんな感じの独特な緑で、車体下部はアイボリーである。行灯は菱形である。

 名古屋共和国とその周辺のタクシーはすべて中型。地方に行くと小型もあるのだがそれは乗り逃げを防ぐためである。

名タクEye[編集]

 名鉄タクシーなので名古屋駅の名タク乗り場などで無料で頒布している布教冊子。というか新聞になっている。Web版も存在し、一部の人が読んでいる。なお、Web版はウィキペディア並に立ち上がりが遅い。

 名鉄タクシーなので一応タクシー内でも貰えるらしい。でも要らんだろ? タクシー興味ないんなら。

中身[編集]

 名鉄タクシーなので主に名鉄交通とその愉快な仲間達が行っていることを中心に客の声(捏造疑惑がある)や乗務員のかくし芸コーナーなど誰が真剣に読むのか分からない記事がいっぱいある。だがそんなこと言ったらこの記事も誰が真剣に読むのか分からないがな。

名タクの乗務員になるには[編集]

 名鉄タクシーなのでまず名鉄自動車学校などで自動車免許を取得する。そして3年後お近くの名鉄タクシー営業所に履歴書を持って行き、入社試験を受ける。

 見事合格したら二種免許取得に向けて研修を行う。その気になれば9日でクリアさせるので案外楽勝なのかもしれない。もちろん、名鉄タクシーなので名鉄自動車学校で行う。

 こうして名タクの運転手になる。なお、名鉄タクシーなので運転手の事を「営業係」ないしは「名タクマン」と呼ぶので覚悟する事。

乗車方法[編集]

  1. 電話で呼ぶ。または街中で名タクを探す。
  2. 見つけたら手を運転手に見えやすいように上げ、止める。
  3. ドアが勝手に開くので乗る。
  4. 公式ホームページによると「ありがとうございます。私は名タクの○○(苗字)です。本日はどちらへ行きましょうか」とか言うらしいので行き先を告げる。
  5. しばらく金持ち気分で乗る。
  6. 目的地に着いたら金を払い、運転手に言われるがままに忘れ物に気をつけ、降りる。

 だがこの方法がすべてと言うわけではない。だって俺ここ数年名タク乗ったことないもん。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名鉄交通」の項目を執筆しています。
この項目「名鉄交通」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)