名鉄広見線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名鉄広見線」の項目を執筆しています。

名鉄広見線 (めいてつひろみせん) とは、岐阜県可児市御嵩 (みたけ) 町の新鮮な空気を、愛知県犬山市に運ぶための名古屋鉄道の路線である。

路線概要[編集]

空気輸送列車の内部

名鉄広見線は、空気の輸送に特化しており、人の輸送に使われることはないと言っても過言ではない。名鉄広見線は犬山〜新可児、新可児〜御嵩で別々に運転されているため、御嵩から運ばれてきた空気は、新可児で一度降ろされ、隣のホームに停車している列車に新可児駅の駅員がうちわで運んで犬山に運ばれる。[1]

歴史[編集]

この路線は、1915年に設立された東濃鉄道と呼ばれる鉄道会社が1918年に新多治見駅から広見駅 (現在の可児駅付近) を結ぶ路線 (後に国有化されて太多線になる) を開業させたことから始まる。1920年に広見駅から御嵩駅(現在の御嵩口駅)を延伸し、開業。これが初期の空気輸送路線である。一方、この空気輸送ビジネスに興味を持った名古屋鉄道も、犬山から今渡駅 (現在の日本ライン今渡駅)に路線を開業して新鮮な空気の提供を始めた。その後、名鉄が今渡線を広見駅まで延伸し広見線という路線名に改めたり、東美鉄道がさらに空気を求めて新路線 (後の八百津線) を開業させたりした。そしてとうとう、東美鉄道は1943年に名鉄と合併し、広見駅〜御嵩駅は名鉄広見線に、明智駅〜八百津駅は名鉄八百津線になった。しかし残念ながら、八百津の空気は不評で、名鉄八百津線は廃止されてしまったが特に誰も気にしなかった。 2007年、名鉄は広見線の新可児〜御嵩間を廃止すると沿線自治体を脅して空気輸送コストを負担させることにした。

運行形態[編集]

御嵩〜新可児[編集]

出来るだけ多くの空気輸送のためにワンマン運転を実施しているが、2両編成なのであまり多くは運べないことはお察しください。新可児・御嵩以外は空気の質をなるべく保つ為にドアを一番前の一つしか開けないが、間の駅の空気も少し含めることで、さらに質の高い空気が出来ているという研究結果も出ている。また、新可児への到着時間と、犬山の方から来る列車の到着時間がうまく調整されているので運ぶ空気は無駄にはならないようになっている。

新可児〜犬山[編集]

基本 日中は1時間4本のダイヤで、新可児から犬山に向かう列車はその内2本が海で山の空気を味わいたい人のための準急中部国際空港行きである。朝・夕方はミュースカイや特急が来て空気を速達する。こっちの区間は、厳重な審査は受けないが、事前に名鉄広見線の有人駅で申告する必要がある。申告したら乗車許可を得るが、絶対に犬山方面の列車の前2両に乗ってはいけない。なぜなら、前2両は空気輸送に使われるからである。もし前2両に乗ってしまった場合、息を直ちに止めて席をうつろう。でないと、運賃×呼吸した回数分の罰金が待っている。

つまり、1分あたり15回呼吸したとして、普通列車で新可児から犬山まで行ったとすると、運賃は400円、主要時間は20分なので400円×15回×20分で12000円の罰金になる。[2]

種別[編集]

普通
各駅停車をする種別。かつては普通列車さえ通過した駅もあった。
準急
中部国際空港行きがほとんど。犬山線に入ると急行になって調子に乗るが、常滑線に入るとまた大人しくなって準急になる。
特急
追い越しもしない特に急がない種別。普通より主要時間が長い場合もある。名鉄広見線に入ってくる特急列車は、だいたいが犬山駅で新鵜沼行きと生き別れになった列車。
ミュースカイ
新可児で受け取った御嵩の空気を一番早く中部国際空港に届ける列車。空まで空気を届けることもしばしば。

駅一覧[編集]

IY 15 犬山駅
名鉄広見線の始発駅。3・4・5・6番線から発車する。犬山の空気を新可児に運ぶ役割はないが、新可児で空気を乗せる際邪魔になるので前2両に乗ってはいけない。[3] 犬山線・各務原線・小牧線はお乗り換えです。
HM 01 富岡前駅
特に何も無い。もちろん製糸場なんてない。
HM 02 善師野駅
ここと西可児駅との間が愛知と岐阜の県境。
HM 03 西可児駅
新可児駅の西にある駅。
HM 04 可児川駅
元は「ライン遊園駅」というどこにあるのかも分からない施設の名前だったが、いつの間にか近所の川の名前に改名。
HM 05 日本ライン今渡駅
こっちの方が新可児に近い西の駅で西可児駅って付けるべきなのに名前に日本とかつけて偉そうにしてるやつ。実際には「日本ライン」は近くの木曽川の峡谷であり、決して企業名ではない。
HM 06 新可児駅
ここから御嵩方面に逝く場合、まず改札を出ないと乗り換えられない。そもそも逝く人がいないので問題ない。隣のJR太多線がディーゼルばっか走らせるから輸送する空気の質が落ちてしまう時もある。
HM 07 明智駅
今はもうない八百津線がここから走っていた。
さらにこの駅、通勤ラッシュ時間帯のとき新可児辺りで詰まった電車をぶち込む込まれるという扱いを受けている。
HM 08 顔戸駅
2018年8月に近くで火災が発生、一時空気を運べないという事態が起きた。
HM 09 御嵩口駅
名鉄が大好きな〇〇口駅、無論なんにもない。実はこっちが御嵩だった。
HM 10 御嵩駅
終点の駅にしてはすごい残念な駅である。特に面白いものも何もないつまらない駅で、JR武豊線の終点駅と同じような感じである。やっと行けたのにこの残念感は尋常ではない。むしろこっちの駅の方が明智駅より裏切り感がすごいのではないか。

脚注[編集]

  1. ^ 暑いからあおいでくれるサービスだと勘違いしてうちわをあおぐ駅員の前に立って邪魔をする客も少なくない。
  2. ^ 過去に、不正乗車で運賃が3倍になった挙句、前2両に乗っていたため36000円科された強者がいる。
  3. ^ 前2両に乗った時、新可児駅に着く前に席をうつさなければ罰金1000円が科される場合もある。

関連項目[編集]

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「名鉄広見線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)