名鉄知多新線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

知多新線 (ちたしんせん) とは、名鉄常滑線付属品の付属品で、いつまでも新線を名乗っている名古屋共和国の路線である。

概要[編集]

名古屋鉄道が宅地・観光開発のために造ったのにも関わらず、全線が単線である。複線にしようとした跡があるが、複線化は結局されていない放置プレイ状態である。乗客が増えれば複線化されるかも知れないが、名鉄は他の路線でも大損をしているので無理である...とか言ってたら信号場が設置されて事実上複線化はできなくなってしまった。名鉄いわく、これは決して複線化がめんどくさいからと言って信号場をつくった訳ではないそう。知多新線は、山が多い知多半島を貫く路線であるので、トンネルや急勾配が多い。こんなところに宅地開発をするなど名鉄もかなり無茶である。このようなトンネルや急勾配などは子供には人気で、「ジェットコースターみたい。」という日本唯一の潰れた新交通路線を思い出させるような感想が多い。路線名に「新」という字が入っていることも、あの路線と共通している。やはり名鉄知多新線も同じ運命を辿るということなのだろうか.... そんな路線だが、知多新線は6駅中3駅が有人駅である。つまり、駅の半数が有人駅であるということなのだ。多くのあれな路線は有人駅が全くないのに、知多新線はなんと駅の半数が有人駅であるのだ。これは名鉄としても凄い事である。まあ逆を言えば半数が無人駅でしかも中間駅が少ないだけなんだk うわなにをするやめr

いつまで新線なのか問題[編集]

名鉄の路線の中で知多新線のみが新線を名乗っているが、開業から40年ほど経っている。(知多新線 開業年は1974年) しかも開業が知多新線より後の豊田新線でさえ今では豊田線と呼ばれているので、どう考えても知多新線はもう新線ではない。では一体いつになったら知多線と呼ばれるようになるのだろうか。おそらく路線名が変わったとしても誰も気にしないだろうし、名鉄は駅名さえ変えるのも面倒くさがる鉄道会社なのでやはり知多新線は永遠に新線として存在し続けるだろう。

歴史[編集]

知多半島は、行っても得はしないのに戦前から半島の南端まで線路を伸ばす計画があった。愛知電気鉄道、知多軽便鉄道、鉄道省がそれぞれ誰が南知多に路線を敷設するか競争していたが、当時の南知多は人口は少なく産業も乏しかったのだ。結局3社は全員チキンだったために結局戦前に南知多に路線ができることはなかった。そして戦後の1969年に名古屋鉄道がこのチキンレースに終止符を打つ。本来 知多半島の自然をアピールするための路線なのに、名鉄は山にトンネルを通して路線建設 (環境破壊) をした。建設の際、東海地方最古の貝塚も発見されたこともあって、(本当です。) 工事は着工から10年経ち ようやく完了したが...時すでにお寿司であった。都市計画法という名の嫌がらせで、沿線は宅地開発ができなくなり、完成寸前の駅の開業を中止する羽目にもなってしまった。当たり前の様に利用者の数は予想を下回り、見事な赤字路線になったところでチキンレースは終わった...と思われたが最後に「南知多ビーチランド」と「内海フォレストパーク」を建設することで、さらに赤字を出すという多くの人々が衝撃を受ける終わり方となった。「さすが名鉄っ!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる! あこがれるゥ!」

運行形態[編集]

知多新線は、2018年現在 全ての開業している駅が特急停車駅である。開業当時は、特急が通過したり、一部普通が通過したりなど、種別の違いに意味があったが今はもうない。駅で上下列車の交換をしなければならないため、全ての種別の停車駅が同じな今では特急より普通の方が早く着くといったことも少なくない。

特急
平日昼間は全車一般車を走らせる。どれも名古屋行きの列車で、ちゃんと役に立つのは河和線の知多半田駅以北からである。かつては高速という種別もあった。
快速急行、急行
平日朝の内海行きが一本だけ快速急行である。知多新線どころか、河和線でも急行と停車駅が変わらないので、要するに快急はいらない種別である。車両は基本は4両もしくは6両。
普通
金山駅と内海駅を行き来している。河和線の知多半田駅行きの普通列車と同じように、金山駅で乗ったら留置線に逝って降りれなくなる可哀想な乗客が発生する。

主な駅など[編集]

KC 17 富貴駅
待つホームを間違えれば、河和に逝くことになるかも知れないので注意。
別曽池信号場 (べっそういけしんごうじょう)
地名は別曽 (べっ) である。この信号場のおかげで、名鉄知多新線は複線化の案が消滅した。
KC 21 美浜緑苑駅
なんとか開発できた、ニュータウン美浜緑苑のための駅。開業当時は普通が一部通過していたこともあり、多くの人々がニュータウンに住まわせる気をなくした。そもそもここから名古屋まで1時間以上かかるのになぜ名鉄はここに住宅地をつくろうと思ったのか。
KC 22 知多奥田駅
知多新線で唯一の終日有人駅である。自動改札機もあり、なぜか臨時の不動産屋まである。終点駅ではなくなってから、南知多ビーチランドに行く際 勘違いで内海まで逝ってしまう人が出てくるようになってしまった。
KC 23 野間駅
6両まで対応のホームのため、8両編成列車は名鉄 伝統芸能のドア締め切りをする。
小野浦駅
完成寸前で工事が中断された駅。ホームが2両分ほど出来ていて、駅舎も原形を留めている。車内からもその跡を見ることができるのに、外から行って警察のお世話になる人がいる。
KC 24 内海駅
終点の駅で、ホームが2つあるが日中は1つしか使わないことが多い。使わないホームは、終点駅感を出すために設置してあるだけで、ただ単に建設費が無駄になっただけである。内海駅周辺はいろいろな観光資源でいっぱいで海水浴場、温泉、緑地、内海フォレストパークなどがあるのに花火大会の時ぐらいしか混雑しない。しかも、その花火大会の時にもホームは片方が閉鎖されている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名鉄知多新線」の項目を執筆しています。
東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「名鉄知多新線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)