味素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
味素(Tastium)
一般特性
名称, 記号, 番号 味素, 不明, 37
分類 金属
族, 周期 1, 5
密度 1.65 g/cm3
灰白色
原子特性
原子量 74 amu
原子半径 101 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

味素(みそ、Tastium)はネオ原子番号37のネオ元素で、ネオ元素記号はTa。よく変換ミスで「味噌」と書かれる。

概要[編集]

味素は生物における味覚を司る元素である。化合している元素の種類によって、甘味や酸味などの味覚に反応を起こす化合物を作る。 味は化合しているネオ元素の族で決まることが多く、主に12族は辛味、13族は旨味、14族は甘味、15族は塩味、16族は酸味、17族は苦味となっている。

主な化合物[編集]

辛味
燃素イオとの化合物。主に唐辛子の中に含まれる。口の中が熱くなる感覚はこれによるもの。
旨味
水素ゼラニウムとの化合物。単体は常温でペースト状になり、ほのかな甘みがある。
名前の由来はこの物質を発見した名も無き飼育係の日記に由来する。しかし彼の名前が判明しなかったため、唯一残っていた彼の遺品である日記の記述から「カユーマ」と名づけられた。
以下に名前の由来となった部分を抜粋し、記す。
4
かゆい
うま
甘味
塩味
苦味
苦素との化合物。微量でも強い苦味を持ち、こんな物が入った食べ物は食べられない。動物の糞にごく微量含まれる。
酸味

関連項目[編集]

Dish.png この味素は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)