和泉元彌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「和泉元彌」の項目を執筆しています。

和泉 元彌(いずみ もとや)は大道芸人発明家格闘家哲学者など、様々な職業・専門学に通じているスーパーマン。しかしてその実態はハッタリを吐かせたら右に出る者はいない世界一の狂言師である。マザコンだと言われているが、実際は彼の母親であるUMAの「妖怪セッチー」が、双子の兄亀井静香の意向で彼を誠志キャンペーンの道具として使おうとしているだけである。つまり彼が母親に依存しているわけではなく、母親がコバンザメのように元彌にへばりつき若い彼を食い物にしようとしているだけなのである。

輝かしい経歴[編集]

狂言師とは、狼少年がそのまま大人になってますます狡猾になったような存在である。その点に関して言及すれば、和泉はやや狡猾さが欠けていると言わざるをえないが、そこは持ち前のヘタレっぷりを愛嬌として売ることによって人気を獲得している。

本職は狂言師だが、狂言の一環として格闘家や映画俳優、エクストリームスポーツの選手としても活躍しており、エクストリーム大会ではドタキャン所得隠しなどで金メダルを何個も獲得し、高く評価されている。

最近はフェードアウト気味なのではないかと言われているが、本人は決してそんなことは無いと否定しており、より注目を浴びる為に不祥事を起こすなどしている。しかし、元々へタレだったせいもあってか再び逮捕される事を恐れて及び腰になっており、以前ほどの覇気は見られていない。

発明家として[編集]

ダブルブッキングしてもヘリコプターを使えば何ら問題はないと言う斬新な発想を思いついたり、空中元彌チョップと言う、ハッタリパワーでベヒーモスさえもKOさせる必殺技を編み出したりした。

バラエティ番組の企画として身長を測定されたりした。男にとって身長は最大のコンプレックスであり、彼がこうも酷い扱いを受けたのはいかなる理由によるものか甚だ疑問である。ウィキペディアにおいて身長の事を気安く話題にしてはいけないのは、hydeの例を見れば自明だと思うのだが。

哲学者、思想家として[編集]

ドイツの哲学者カントが唱えた、アプリオリな認識カテゴリーとしての時間と空間の概念を再検討したことで知られる。すなわち時間と空間のカテゴリーに根拠率が見出されない以上、人間存在における絶対自由を損ねるものとして、定言命法に立脚した道徳律を打ち立てることは不可能であり、無意味であることを証明したのである。そして、絶対自由を定立させるものとして「ダブルブッキング」という概念を確立させた。フランスの哲学者ベルクソンの「純粋持続」の観念は、「ダブルブッキング」の概念をモチーフにしたものであることは有名な話である。さらに、アインシュタイン相対性理論のエネルギーや重力に関わる時間論についても、元彌の時間論・空間論は大きな影響を与えている。このように元彌の哲学研究の功績は、現代哲学に計り知れない影響を与えているのである。

すなわちどんなに遅刻しても、どんなにドタキャンしても、どんなに無断欠勤しても、どんなにサボりまくっても、どんなにさっさと早退しても、どんなに事後釈明をトンズラしても、時間と空間を超越した元彌にとっては、そのいずれもがOKなのである。

著書[編集]

主要な著書に『絶対自由論』、『超論理学』、『ダブルブッキングの哲学』がある。『超論理学』は、分析に偏ったフレーゲ以降の現代論理学を超越論的に再構築したものである。これを契機として、『超論理学』で再構築された論理学を得物にして時間と空間のカテゴリーに根拠率が見出されないことを証明するに至り、その内容を記した書が『絶対自由論』である。共に、ソルボンヌ(パリ第一大学哲学科)の学部生時代に出版されたものであり、元彌の傑出した天才ぶりが非常にわかる。『ダブルブッキングの哲学』は、上述の二つの書の内容をさらに展開させたものであり、ダブルブッキングの概念を如何に学問全体に応用せしめるかを、人文・社会・自然を問わず幅広く専門的に委曲を尽くした書である。各学会から「我々が真理と呼び愛してやまない知とは、元彌だ」と古今稀に見る評価を受けた。以上、3つの書をカントの「三大批判書」に倣い「トリプルブッキング」と呼ばれて広く一般にも知られている。いずれも学術出版として最高峰である民明書房から、青色文庫(哲学のワールドネームクラスの古典を扱っている)として収録されている。


Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

この項目「和泉元彌」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)