咥えコンドーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「咥えコンドーム」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「咥えゴム」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「咥えゴム」の記事を執筆しています。

咥えコンドーム(くわ-)或いは咥えゴム(くわ-)とは、女性男性に対して行う脅迫行為である。

概要[編集]

これが今日のノルマ、ね♪

女性からセックスを誘ってはいけない、という暗黙の了解への反発行為として行われるのが咥えコンドームである。使用前と使用済みでやり方や意味合いは異なるが、基本的には「今ちょっとセックスしたいから、そこのチンの者こっち来いや」という恫喝だと受けとれば間違いない。また「避妊はちゃんとするから、結婚まで無理強いはしないからね[1]」という意味も含まれる。それが何の救いになるかと言えば、限りなく無意味に近いが。

使用前のコンドームを使用する場合、袋のままミシン目から切らずに繋がったままのものを咥える事が多い。これは「全部使い終わるまでが貴様のノルマだ」という意味になる。袋から出して一枚だけ咥えている場合、一回で許して貰える。…わけではなく、「私が満足するまで射精禁止な」という一種の精神的な枷である。もし満足する前にうっかり射精してしまった場合、不貞腐れた相手を朝までなだめ続けるという苦行が課せられることになる。また袋から出して咥えた場合は歯で傷つけたりする可能性もあるため、万が一の危険にも備えなければならない[2]。このまま口内に入れてフェラしながらコンドームを被せる手法もあるが、AV風俗ならまだしも素人女性がやると高確率で男側がドン引きしてしまうので注意。更に破れるリスクに加えて口の中がゴム臭くなって気分も悪いので、それにも注意するべきだろう。

もっと出せ、とのお達しです。

使用済みコンドームの場合、まず臭いが漏れないように迅速に口を結んでから、溜まった精液がよく見えるように口側を咥えるのが普通である。その意味合いは100%「まだ出るよね?続き続き」という事になる。またセックスが合意の上だったという正当性を主張する意味もある。逆レイプが刑事事件として立件されにくい理由として「射精したのだから合意が形成されていた」という弁が罷り通っているからだというものがあるが[要出典]、それと同じである。ちなみに使用済みコンドームは彼女らにとって戦利品であり、咥える以外にもパンティに結わえたりベッドサイドに並べたり、またある程度の数になってから開けて中身をグッと飲み干したりするなどその用途は広い。

もし童貞の貴方が彼女の部屋に呼ばれたとして、ベッドサイドにコンドームを見つけたならとっとと逃げた方がいい。それが彼女の口許へと導かれた時、貴方の魔法使いへの道は永遠に閉ざされる。ゆめ、警戒を怠らない事である。え?魔法使いなんかなりたくない? ならば魔法使いとして生きるか腹上死するか、どっちを選ぶか決めてくれ。

別種の咥えゴム[編集]

性的でない咥えゴムの例としてポニーテーラーが髪を纏める際にヘアゴムを咥える行為が挙がる事もあるが、あれをやると意外と唾液で髪が汚れてしまう[要出典]。また口にヘアゴムを咥えておいて両手で髪を束ねるというのは結構面倒であり[3]、どちらかといえば「私意外と女らしいんだよ?」というあざといアピールである。わざと大きめのシャツを羽織って萌え袖演出するのと同じと言える。

更にレアなケースとして、ゴムを口に咥えさせてひっぱるタイプの咥えゴムも存在する。引っ張りながら「人生とはゴムのようなものだ」「人生を噛み締めろ」と言うのが作法となっているが、これは一種のユートピアでしか行われていない非常に珍しいものである。

脚注[編集]

  1. ^ 追い剥ぎが身ぐるみ剥いだ後「武士の情け」としてパンツだけは残してやるのと同じような、形式的な慈悲である
  2. ^ もしも大当たりした場合、当然ながら男の側は人生終了である。妻子を背負って死ぬまで働いてください。
  3. ^ そもそもヘアゴムなんぞそこらに置くか腕に嵌めておけばいいじゃないか。なんにせよ結わえる際には手に持つのだから、咥える意味は無いのではないだろうか。

関連項目[編集]