咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』(さきあちがへん えぴそぉど おぶ さいどえい)とは、小林立原作の百合系青春麻雀漫画咲-Saki-』(さき)の公式外伝である。

未完
この作品「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」は、まだ完結していません。頭のカタイひとたちは内容がまとまってから書けとか言うでしょうが、ここはアンサイクロペディアです。足りない部分はで補い、完璧な記事に仕上げてください。
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」の項目を執筆してくれています。

概要[編集]

作品コンセプト[編集]

本編同様の『萌える麻雀漫画』。当然であるが、『ぱんつはいてないを主軸とするヘンタイホイホイ』要素も本編同様に存在するので、そちら方面の需要も万全となっている。

漫画版[編集]

上記のコンセプトで立案された外伝であるが、原作者の体力面等の大人の事情により、BAMBOO BLADEの連載終了で暇を持て余していた五十嵐あぐりを絵描き担当とする形で、『月刊少年ガンガン』2011年9月号より連載開始。下記の様に当作品もアニメ化された事を鑑みると、人気の方も問題無いと見て間違い無いでしょう。

アニメ版[編集]

漫画版の好評からか当作品もアニメ化。作る事になったアニメ制作会社があれな事が問題視されたが、2012年4月から7月まで無事放送された。なお、今回初登場となったキャラの中の人が無駄にアレな事から、『本編主演声優が所属するとある宗教団体の脅しがあった』とも噂されておr……おっと、誰だこんな時間に。

あらすじ[編集]

同業他社の漫画に例えると、パンツだけは許せない3ページでお願いしますで大体の内容を推測可能。特にアニメ版は…orz

登場人物[編集]

本編で活躍している面々に関しては、咲-Saki-の登場人物を参照。

阿知賀女子学院[編集]

当作品の主人公たちが在学している女学校。
ド田舎の女学校と言う事もあり生徒数はわずかであり、麻雀部が長期冬眠状態だったのはその為である。
清澄高校にいる原村和に会いたいがために全国を目指しているが。当の和は彼女たちにあまり興味関心はない。
高鴨 穏乃(たかかも しずの)CV - 悠木碧
阿知賀女子学院高等部1年生、阿知賀編の表向きの主人公
通常時は、『素肌に黒いジャージを上だけ着用』と言うアグレッシブなファッションをしている。更に、この作品内でのお約束である『痴女ファッション要員が持つ共通萌え要素』も所持していたりする。
こう書くと、立派な変態と思われるかもしれないが、彼女の場合は『将来の脳内義姉に唆された』&『ノーパン健康法を律儀に実行しているだけ』であり、他の連中に比べたらまともな方である。
実際、正装が必須な状況ではきちんと空気を読み制服を着用している。但し、普段の格好がアレ過ぎるが故にどう見ても別人にしか見えない…orz
上記の内容からお察しの通り、鋼板に例えられる胸板が外観上のセールスポイント。なお、このセールスポイントは小学生時代からそのまま…つまり、三年経ったのにまるで成長していないと言う事になるが、当人はその事は全く気にしていない
現時点では特殊能力は検閲により削除となっているが、その辺に関しては全力を挙げて見逃すポジティブな性格も幸いしたのか、相手が誰であろうと粘り強い麻雀を打つと言う主人公らしい燃え要素を持つ原動力となっている。
新子 憧(あたらし あこ)CV - 東山奈央
阿知賀女子学院高等部1年生。穏乃の脳内幼馴染で同級生。
ツーサイドアップに束ねた髪型と吊り目が特徴。小学生時は穏乃に勝るとも劣らないひんそーでちんちくりんな外観であったが、僅か三年間でプリップリンなナイスバディに変貌。
打ち筋は和了率重視のデジタル派。他の面々がアレな事やプロからも高評価されている事から、愉快な仲間達の中では最もまともな打ち手とも言える。
なお、麻雀以外についても、穏乃とは別の高レベルな中学に行っていたり、野生児レベルの穏乃についていけるだけの身体能力を所持しているなど、チートレベルは意外と高い。
松実 玄(まつみ くろ)CV - 花澤香菜
阿知賀女子学院高等部2年生。玄猫と言う二つ名を持つ、穏乃達の幼馴染。
愉快な仲間達のおっぱいソムリエ要員であり、姉である宥が巨乳なのもコイツのせい。穏乃のおっぱいまるで成長していないのもコイツのせいであろう。
なお、おっぱいソムリエ気質は小学生時代から卓越していたらしく、奈良での隠遁生活を余儀なくされていた時の原村和をうふふうふふしまくっていたらしい。
作品内の待遇は、何の因果か直後に放送されているアニメを同じくする御仁とほぼ同等。外観の特徴も同じなのは言うまでもない。
手牌にドラが集まるという使えるのか使えないのか微妙な特殊能力を持ち、その能力から阿知賀のドラゴン死のロードと呼ばれている。
また、全国2回戦以後は麻雀で失点…というよりもはやめちゃくちゃにされており、そのためあまりにもレイプ目シーンが多く、園城寺怜と戦う前のドヤ顔は『奇跡のドヤ顔』と呼ばれている。
松実 宥(まつみ ゆう)CV - MAKO
阿知賀女子学院高等部3年生。玄の姉。
極度の寒がりで夏でもマフラーを身に着けている為、普段の格好は異常性癖者にしか見えない。これでは、妹である玄に育成されたプリップリンなナイスバディが台無しである。
妹と同じく能力者で、赤い部分がある牌が集まる能力を持つ。なお、能力の使い勝手は妹より良好と言われている。
鷺森 灼(さぎもり あらた)CV - 内山夕実
阿知賀女子学院高等部2年生。玄の同級生。
復活した麻雀部には最後に加入したのだが、他の面々がアレ故に麻雀部部長を押し付けられている。
この様な待遇が災いしたのか、『待遇の悪さ=ぴーの薄さ』と解釈されたとしか思えない外観となっている。
ちなみに、祖母と一緒に住んでいる実家はボウリング場を経営しており、理由は不明であるが対局時にはボウリングのグローブを腕にはめている。
赤土 晴絵(あかど はるえ)CV - 進藤尚美
阿知賀女子学院のOGで麻雀部の監督。
高校時代に選手として阿知賀を全国へと導いた事から阿知賀のレジェンドと呼ばれているが、所有している自動車はレジェンドでは無い。恐らく、カルロス・ゴーン圧力実用性を優先したが故の妥協であろう。

千里山女子高校[編集]

愛宕一族が支配しているらしい、俗に言う『アニメ版真の主人公軍団』。

園城寺 怜(おんじょうじ とき)CV - 小倉唯
千里山の先鋒を務める3年生。アニメ版真の主人公
燃え要員であるが、病弱故によく竜華に膝枕をされている。その為、百合萌え要員としてのポテンシャルも高い。
麻雀部入部時点では三軍で無名だったが、虚弱体質故に殺人を仕掛けた際に三途の川で出会ったおかっぱ頭の和装少女から一巡先を見る能力を与えられた事により、前年の秋大会からエースとして活躍。
但し、このえこひいき的裏事情がとある宗教団体の枢機卿達の恨みを買い、彼女らに唆された宮永照のコークスクリューをたらふく食わされパンチドランカーと化し、病院直行と相成った。
この様な不当な行為を受けたもののアニメ化における園城寺役の声優のカルト的人気も加算されたのか作品内での人気は高く、グッズ化の際に間違った方向へのテコ入れがなされた。微妙なサイズなのが彼女の萌え要素なのに、余計な事をしおって!
なお、特殊能力はかなり強力であるが純粋な麻雀の技量はアレであり、能力無しの状態の強さはトキよりアミバに近い。
清水谷 竜華(しみずだに りゅうか)CV - 石原夏織
千里山麻雀部部長で、大将を務める3年生。
天然ボケ気味の上、怜の体調をダシに奇行紛いの事をしている事から、ガチユリ疑惑が持ち上がっている…って言うかほぼ確定。けしからんもっとやれ
更に、周りがアレ故に大きく見えるだけでそれほど豊満という訳では無いが、本来この職務を担う御仁がアレ故に、当作品のエロ担も担っている。
江口 セーラ(えぐち セーラ)CV - 能登有沙
千里山の中堅を務める3年生。
前年のインターハイでは2年生でエースを務めており、異能の力を持たない事を無視すれば麻雀の技量は高いと思われる。
なお、スカートをはかなくてもいいという条件で特待生として千里山に入学したらしいが、パンツの上にズボンを履くと言うファッションが問題視されたのか、試合の際には制服をちゃんと着てスカートをはかされている。
二条 泉(にじょう いずみ)CV - 松永真穂
千里山の次鋒を務める1年生。
変なファッションセンスの持ち主であるが、先輩たち凌ぐ仕切り能力を持つなど常識人レベルは意外と高い。
船久保 浩子(ふなくぼ ひろこ)CV - manami三澤紗千香
千里山の副将を務める2年生。通称・フナQ。
眼鏡要員と言う事からお察しの通り頭脳労働要員であり、参謀として相手チームの分析と対策を行う。
一般的に、この様なタイプは異能者を受け入れない悪癖を持つことが多いが、彼女にはソレが無い事から参謀としてはかなり有能と思われる。
なお、頭脳面に特化したためか、胸部装甲に関しては残念な仕様となっている。
愛宕 雅枝(あたご まさえ)CV - 久川綾
千里山麻雀部監督。波紋法を身に着けているとしか思えない若さ男勝りな性格が最大の特徴。
関西に拠点を持つ魔乳一族愛宕一族の一員であり、上記のフナQも詳細は不明であるが一族の一人であると噂されている。
上記の一族関係も含め、当作品内の登場人物の中では最も検閲により削除を抱えた御仁である。

新道寺女子高校[編集]

通称・『黒子と愉快な仲間達』。コレで説明完了出来てしまうのが嫌である。

花田 煌(はなだ きらめ)CV - 新井里美
新道寺2年生。通称・くろこすばら先輩
団体戦では先鋒を務めるが、抜擢した先輩に捨てゴマ呼ばわりされた事を喜んで受け入れた事から、相当なドM気質と思われる。
中の人との相乗効果からネタキャラと思われているが、長野から福岡の高校に越境入学している事から麻雀の実力は高く、プロとの対戦でただ一人箱にされることがなかった件で能力の片鱗を見せている。
なお、中学時代は長野に住んでいた事からお察しの通り、高遠原中学校在籍時には原村和と片岡優希の先輩として君臨していた。
安河内 美子(やすこうち よしこ)CV - 高本めぐみ
新道寺3年生。団体戦では次鋒を務める。
新道寺の眼鏡要員であり、2回戦とは打ち方を変えて菫を翻弄する位の知力を所持している。
江崎 仁美(えざき ひとみ)CV - 巽悠衣子
新道寺3年生。団体戦では中堅を務める。
オレンジジュースかどうかは不明であるが、いつもジュースを飲んでいる。
準決勝の不振を政治が悪いせいにしていた事から、愛読書は『ムダヅモ無き改革』と思われる。
白水 哩(しろうず まいる)CV - 鹿野優以
新道寺麻雀部部長で副将を務める。
上記の煌を捨てゴマ呼ばわりした御仁であり、この事から相当なドS気質と思われる。
去年はエースだったが対戦校のエースに敗れてしまい、今年はエースの座を退く。恐らく、ドS気質の副作用であろう。
鶴田 姫子(つるた ひめこ)CV - 大亀あすか
新道寺のエースで大将を務める。
詳細は不明であるが、哩とは創世合体的な関係らしい。

晩成高校[編集]

憧の愛人阿太峯中学校時代の同級生が在学している高校。
なお、偏差値は晩成高校>阿知賀女子学院らしい。
岡橋 初潮初瀬(おかはし はつせ)CV - 津田美波
晩成高校1年生。
憧とは愛人阿太峯中学校の同級生と言う間柄である事を鑑みると、憧が僅か三年間でプリップリンなナイスバディに変貌にしたのは、彼女の育成の賜と解釈するのが妥当であろう。
なお、麻雀の実力は中学では憧と互角だったらしいが、これは恐らくレジェンドの本格的な指導を受ける前の憧と互角ということであり、進学した晩成高校のごらく部麻雀部のレベルが高くない為、入部したものの補欠入りすらできない状況となっている…orz
小走 やえ(こばしり やえ)CV - 今野宏美
晩成高校3年生。奈良県大会では先鋒を務める。
髪型はそれぞれ右をおさげ、左を縦ロールにしている。どちらかと言うとアグレッシブ系の髪型であるが、他の連中がアレ過ぎてそうは見えない…orz
なお、本編内では過小評価されているきらいはあるものの、子供の頃から鍛えられた麻雀の実力はかなりのものらしい。

その他[編集]

当作品内での阿知賀&千里山&新道寺所属以外の重要人物達。ここではなく咲-Saki-の登場人物で紹介されているかもね

荒川 憩(あらかわ けい)CV - 三宅麻理恵
三箇牧(さんがまき)高校2年生。
昨年の個人戦では全国2位…つまり、チート姉者こと宮永照に次ぐ存在であるが、残念ながら今季はインターハイ個人戦のみの参戦。
阿知賀の特訓に手を貸すと言う名目でナース服で登場。恐らく、コスプレが趣味なのであろう。
新子 望(あたらし のぞみ) CV - 夏樹リオ
阿知賀女子学院のOGである憧の姉。
阿知賀在学中には、莫逆の友である晴絵と共に何処ぞの誰かさんよろしくレディース麻雀部メンバーとして活躍。
レディース解散阿知賀卒業後も友好関係だった様で、晴絵が実業団を辞めて帰郷した際に、再興した阿知賀女子学院麻雀部を紹介した。
なお、愛車は憧れの御仁・ルパン三世とお揃いのフィアット・500。その為か、妹の婿を自称する穏乃が裸ジャージ愛好家となったのは、『裸ツナギ愛好家である峰不二子の様な女になればベタ惚れする筈』と言う妄言に騙された為と言われている。
ギバード 桜子(ギバード さくらこ)CV - 大亀あすか
阿知賀こども麻雀クラブの元メンバーの一人。黄色のロング髪と表情豊で元気一杯な所が萌え要員としてのセールスポイント。
無駄にアクの強い電波女のようなキャラクターが幸いしたのか、モブキャラなのに下手な主要キャラよりキャラ立ちしていたりする。

関連項目[編集]


Kai.png
御無礼
スタブです。 (Portal:スタブ)