商品券

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

商品券とは、商品と交換できる金券に偽装された、紙切れの一種である。


概要[編集]

日本における商品券の実態は、官僚機構においてのみ流通しうる通貨であり、名前に騙されるかどうかで、一般市民官僚を識別する役目も果たす。

通貨としての効果[編集]

この券の授受を実現した官僚たちは、お互いの担当業務の一部を買い取ることができ、出来の悪い子女の試験結果をむりやり合格に書き換えたり、逆に気に食わない相手の点数を日本海溝より低く改竄したりと、やりたい放題が可能となる。

もちろん、重要で無理な内容であればあるほど高い額面の券が必要となるが、彼らの財布とはすなわち国民の血税であるから、どれほど使い込んでも彼らの良心(と懐)は痛まない

以上から推察されるように、提供されるサービスの内容は合法非合法を問わないが、あまりやりすぎると何処からともなく情報が漏れて逮捕されるなどの危険を有する。

密告者の正体は不正行為の成功を妬む同僚の官僚ではないかと推察されるのだが、このあたりが報道されることがない理由はお察しください

一般市民社会における商品券の意味[編集]

官僚以外の一般人には、触れる機会がないか、触れることができても小額の種類に限られてしまうことから、官僚機構には通用しないことが多い。

しかしながら、この券の真の意味を偽装するため、デパートなどに持ち込むことで金券として機能することが確認されている。

商品券の例[編集]

ビール券
日本において最も好まれる商品券。
市井での贈答品としても人気が高い。
野球チケット
近年、価値の暴落が著しい。

関連項目[編集]

この商品券はただいま買い取り強化商品となっております。不要な商品券がありましたら、是非お近くの店舗にお越しください。 (Portal:スタブ)