営団7000系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「営団7000系電車」の項目を執筆しています。
こいつが7000系。ちなみにこいつは改造前。
改造後。副都心線と共用なので2色カラー。

営団7000系電車(えーだんななせんけー)とは、現在東京地下鉄が保有する、地味な車両である。2004年に営団地下鉄の民営化に伴い、東京地下鉄に継承されたため、現在は東京メトロ7000系と名乗っている。簡単にいうと東京メトロ副都心線のニュースでテレビによく映る、丸っこい先頭車両をもつ10000系ではないほう。

概要[編集]

この車両は元々帝都高速度交通営団の車両であり、営団6000系電車二番煎じである。6000系との外見上の違いとしては、税金が余ったので列車種別表示窓を設置し、営団側の気分で車両番号を非常用貫通扉の中央に表記したとか、そんな程度。肥満により6000系よりも重くなった。いわゆるメタボ

特徴[編集]

インドネシアに売り飛ばされた編成。

6000系とほぼ同じ。だがメタボ。そしてなんかボロい。有楽町線副都心線にいる。共用なので、今は全車両茶色と黄色の2色のライン。全車両10両編成。…なんだけど、今はダイエットした8両編成もある。しかしそいつは副都心線しか走らない。

有楽町線・副都心線の他に東武東上線西武有楽町線池袋線東急東横線みなとみらい線でも走っている。

行き先表示に絶対に使わない無駄なものも含まれており、中でも「のぞみ 静岡行き」は有名。

たまに中間運転台のついた車両がくる。

突然ドアが開くというツンデレな車両。ドアによりかかるとツンツンして車両から落とされるので注意。

メタボが行き過ぎて、副都心線開業直前から、スリムな10000系が導入された。これにより廃車された車両の一部は、インドネシアの「通勤」と呼ばれる会社に売却された。先頭車が串揚げに加工されてしまった編成も存在。

副都心線に関する改造工事[編集]

8両編成の車両。東急東横線で試運転中の様子。

副都心線は今時のナウな路線なので、走行する車両は軽量であることが求められた。しかし7000系は昔からメタボだったので、どうにか走行させるために2両を捨てて軽量化を図っている。無理矢理軽量化を図ったので栄養失調に陥り、栄養剤などのゴチャゴチャした設備を搭載している。それでもメタボなので数編成がスクラップ工場逝きになった。8両化ダイエット編成には8CARSというステッカーを貼り付け、他のメタボ編成との差別化を図っている。

しかしダイエットしてもやはり重く、電気を食いすぎたことによる停電事故が幾度と無く発生している。副都心線から追い出される日も近いかもしれない。そのうち東武からも出入り禁止になるかも。最も、副都心線が電気代をケチっていることが原因なのだが。因みに有楽町線は軍用路線なので電気は有り余っているので停電になることはない。有楽町線は太っ腹である。

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「営団7000系電車」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)