嘘標準化機構

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

嘘標準化機構(うそひょうじゅんかきこう、Uso Organization for Standardization)、または略称 USO(ウソ、ユーエスオー)は、全分野の嘘的な標準である規格を策定するための民間の非政府組織。本部は日本。公用語は日本語落語。各国1機関が参加できる。

概要[編集]

時は18世紀後半。かのマリー・アントワネットパンがなければお菓子を食べればいいという発言にまで遡る。この言葉は民衆に大きな波紋を呼び、以降パンがなければお菓子を食べればいいという言葉は、人々の間で間違った知識として標準化されていった。

こうして数百年もの間、様々な間違った内容や行動などが民衆によって標準化されていく様をジュリアン・ハクスリー(初代ユネスコ事務局長)は、「間違った内容・嘘の標準化」は人々が豊か暮らせる為の起爆剤になりうる!とし、 人々が気軽に嘘をつける時代を目指すべく、国際条約に盛り込もうと発起した。

やがて、1979年に国際虚言保護条約(こくさいきょげんほごじょうやく)を制定し、同時に嘘標準化機構を設立した。この条約は良質なを認証し、国際社会において円滑なコミュニケーションを図ることを目的としている。アメリカソビエトフランス中国韓国インドアルメニアアフリカをはじめとする世界の主要国が批准していた。日本もこれらの嘘先進国の外圧により渋々調印させられた。

規格化まで[編集]

USOは各分野の嘘標準化を「嘘技術委員会」の元で行う。各プロジェクトは、その嘘内容が標準化されるまで監査・監督を務める。標準化に伴いその委員会は解散される。委員会に招集される主な人物は普段から嘘をついて人を騙している人や嘘を嘘と見抜ける人が召集される。

規格[編集]

標準化機構で策定された嘘規格(US、Uso Standard)は、“USO NNNNN”という形式で識別する。“NNNNN”は5けた以内の規格番号である。

USO 2[編集]

USO 22ちゃんねるの規格であり、2ちゃんねらーに対して適用される。

USO 51[編集]

USO 51人権は金になる規格であり、京都府ウトロ51番地に対して適用される。

USO 193[編集]

USO 193仮面ライダーキバに登場する、仮面ライダーイクサに関する規格である。主な規格内容はテレビ朝日の番組紹介ページに記載されている。

USO 365[編集]

USO 365毎日新聞におけるアーン♥♥企画である。主な規格は毎日開かれた新聞委員会で策定されており、売国奴や反日行為に対するインセンティブが設定されている。

USO 753[編集]

USO 753名護啓介に関する規格である。

USO 800[編集]

USO 800アンサイクロペディアの規格であり、アンサイクロペディアンに適用される。

USO 1011[編集]

USO 1011ロリ (loli) の規格であり、15歳未満の女子に対してロリの定義に当てはめられるために策定された。

USO 1011-L[編集]

USO 1011-L(ロリータコンプレックス)はロリの規格の一種であり、13歳以上16歳未満の女子に対して定義づけられる。

USO 1011-A[編集]

USO 1011-A(アリスコンプレックス)はロリの規格の一種であり、7歳以上歳13歳未満の女子に対し定義づけられる。小学生のための規格と言える。

USO 1011-H[編集]

USO 1011-H(ハイジコンプレックス)はロリの規格の一種であり、4歳以上7歳未満の女子に対して定義づけられる。幼稚園児のための規格と言える。

USO 1011-B[編集]

USO 1011-B(ベビーコンプレックス)はロリの規格の一種であり、新生児から4歳未満の女子に対して定義づけられる。

USO 1011-21[編集]

USO 1011-21はロリという言語に対する規格であり、「(21)」を急いで書くと「ロリ」に見えるということを定義している。

USO 4217[編集]

USO 4217は世界で使われている通貨コードを定義している規格である。

USO 14000[編集]

USO 14000環境に関する規格であり、主に公園の砂場等の犬の糞による汚染具合や、噴水に含まれる水以外の液体等を調査する際に使用される。

USO 14001[編集]

USO 14001は衣類に関する規格であり、外に出るための服や、どこまでがオタファッションか等を定義している。

USO 14001-B[編集]

USO 14001-Bはブランドバッグに関する規格であり、シャネルルイ・ヴィトンエルメスに似て非なる製品とはどういったものかを定義している。

USO 14001-P[編集]

USO 14001-Pはぱんつに関する規格であり、縞ぱん等の下着の定義している。

USO 20000[編集]

USO 20000はITサービスマネジメントに関する規格であり、自宅警備員などがネットの安全を巡回するために策定された。

USO 22000[編集]

USO 22000食品安全に関する規格であり、をはじめとしてパンこんにゃくゼリー等、人体に害のある食べ物を定めた規格である。

独自組織[編集]

USOの組織発足当初から韓国は加盟国であったが、近年独自の嘘機構を発足し独自の嘘規格を制定している。 国名から、韓国嘘標準化機構(かんこくうそひょうじゅんかきこう、Korea Uso Organization for Standardization)、または略称 KUSO(クソ、ケイユーエスオー)と呼ばれる。 KUSOは主に韓国から見た日本における、嘘情報を制定した機構であるといわれているが、「どうせあそこに言ってる事だし」と、当事国日本を含め半ば放置気味である。 KUSOの中には竹島や、様々な起源を扱った項目が挙げられるが、韓国独自で増やしたり減らしたりしている為、どの内容が標準化されているのか推測できない部分もある。

関連項目[編集]

  • 蒟蒻ゼリー - USO22000を取得した工場でないと生産できない
  • 野田聖子 - 日本で初めて個人でUSO22000を取得した人物
  • 名護啓介 - USO193とUSO753を取得したバウンティハンター
  • 縞ぱん - USO14001-Pを取得した衣類店でのみ販売が許可されている
  • 棗恭介 - USO1011-21を取得し、ロリロリハンターズを立ち上げた人物
  • 嘘学
嘘標準化機構の仕様は、まだ策定途中です。いま書き加えればディファクトが取れるかも知れません。がんばってください。 (Portal:スタブ)