四八

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

四八(しじゅうはち)とは、2007年11月にバンプレストより発売されたADV式のクソゲーホラーアドベンチャーゲームである。映画化が決定されている。

概要[編集]

全国47都道府県を題材としたクソホラーアドベンチャーゲーム。実際に全国各地でロケーションを敢行し、得た資料を元に作られた地域色豊かな怪談を読み進めていく。

シナリオはサブライターを雇わずやる気の無い飯島多紀哉氏自らが執筆し、+α要素として豪華ゲスト陣が参加した。

サウンドベル史上かつて無いてかボリューム自体が無いボリュームであり素晴らしい出来である。後に記すが映画化が決定した。

都道府県別ストーリー[編集]

フルコンプには3時間もいらないぐらいの出来であるが、しかし千葉県シナリオは文庫本1冊分のボリュームが用意されている。

それらの他にも、本当に攻略不可能とまで言われるほどの仕様により東京が埋まらない量のシナリオを誇る東京シナリオ、いまだ嘗てないほどに猿などが飛び出す演出だけの斬新な手法を利用し多くのプレイヤーを絶望させた魅了した広島シナリオ質ではクソとして隣に出るシナリオは存在しないといわれる沖縄シナリオ、他にも岩手県宮城県山口県など例を挙げるときりがない。

システム[編集]

自動振り分けシステム
このゲームの花形でありこれを語らなければ四八は始まらない。
飯島氏自らがプレイヤーに多すぎるとも言われてしまうシナリオを選ぶことを手助けしてもらえるという、とても画期的なシステム。
当然ながらシナリオはとあるシナリオには、盗作疑惑がある。飯島氏が書いているものが多いのでどの部分を読んでもゲームソフトを投げ出したくなるほど詰まらない十二分に満足できるのである。
契力
シナリオの開封等に必要なポイント。
飯島氏は読むだけのサウンドノベルはもう過去の遺物は判断なされたので、契力というお金と似たようなシステムを組み込んだ。
当然ながら、文章を熟読すれば確実に溜まる仕様であるので、氏の文章が大好きなファンなら感涙の仕様である。

シナリオ[編集]

飯島氏による、フルコンプには200時間掛かる量と質の両方の面でサウンドノベル史上最高とされるシナリオを始めとして


といった実際には、飯島より豪華シナリオライターが書いたシナリオが一番出来が良いほど(飯島氏には劣るもの)素晴らしい豪華シナリオライターの方々が参加している。 ファミ通のシナリオもあり、負けずと劣らず素晴らしいシナリオである。

四八の映画化[編集]

本作は糞すぎたその素晴らしいシナリオを元とした映画が製作が決定されている。四八だったらたぶん無理当然であろう。

四八の偽物[編集]

本作にはよく似た偽者が存在する。それは四八にパッケージや名前を似せた四八(仮)である。てか、そっちが本物である。

(仮)と書いてあるままであり商品未満の出来である。当然四八も商品未満であるが。 四八の名前を冠するにも愚かであり、その製作責任者である佐藤隆明氏を飯島氏は訴訟の余地も検討し抗議している。

後に発売された428(仮題)も本作のパロディである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「四八」の項目を執筆しています。


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「四八」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)