テトラクロロメタン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「テトラ・C・メタン」の項目を執筆しています。
T.C.メタンは有機物なのか?なのか?

T.C.メタン(Tetra Chloro Methane)とは、有機リンの対抗馬としてデビューした元アイドルである。若干ツンデレッ気があり、これまでに多くの人間が萌え死している。あまりの人気にバンド「Layer-OZONE」が活動停止をしたことで有名。

概要[編集]

出生[編集]

残念ながら彼女の出生についてははっきりしていない。

昔、彼女と知り合いだったという博士に取材を試みたところ、「いつも、水色あるいは透明のワンピースを着て、ほのかに甘い香りの香水をつけている美少女だった。グフフ…」と薄気味悪いニタニタ顔で話した。[1]最初はクリーニング店で溶剤を扱うバイトをしたり、地元の消防団消火器を売ったり、バーでオーディオ機器の整備をしたりという、マッチ売りの少女のような生活だった。

デビュー[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フレオン (バンド)」の項目を執筆しています。

しかし、1920年頃には、自らの萌え要素で関わる人間が萌え死していくのを自分の素質なのでは、と思い始めていた。

ある日、アメリカの冷蔵庫メーカーフリッジデール社のCMアイドルの募集要項を見た彼女はダメもとで応募し、一次、二次、共に軽々通過、最後のオーディションにも合格、見事採用された。そして、1928年、フリッジデールの親会社のゼネラルモーターズ社と靴下のCMで一躍有名になったナイロンを発掘したデュポン社がスポンサーのバンド「フレオン」(freon)[2]のボーカルとして正式デビューした。 そして、デビュー初のシングル「Dream chemical!!」が大ヒットし、一躍有名となった。特に冷蔵庫の中で演奏するという独自のパフォーマンスや、バンドメンバーを一人ずつ題材にした曲がニコニコ動画などで話題を呼んだ。その中でも彼女を題材にしたT.C.メタンは有機物なのか?が一番の人気となっている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Layer-OZONE」の項目を執筆しています。

しかし、成層圏から生中継ライヴを行ったこともある人気バンド「Layer-OZONE」と著作権で問題が生じ、1970年にモントリオールでのライブを最後に解散、アイドルとしても正式に引退した。だが、今でも発展途上国で活動を行っているとの噂もある。

脚注[編集]

  1. ^ その後、警察がやってきて、児童ポルノ法容疑で連行されたそうだ。
  2. ^ 日本ではフロンの相性で親しまれている。

関連項目[編集]


この項目「四塩化炭素」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)