四季映姫・ヤマザナドゥ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
四季映姫・ヤマザナドゥ
映姫様.jpg
基本資料
本名 四季映姫 
通り名 楽園の最高裁判長  
身体情報 ロリ幼女 高身長 
職業 幻想郷閻魔 
好物 お説教 
出没場所 無縁塚 
所属 幻想郷 
親戚等
「天知る、地知る、我知る、人知る」
四季映姫・ヤマザナドゥ について、本人
「せ、説教って訳? そんなの頭を素通りよ!」
四季映姫・ヤマザナドゥ について、ミスティア・ローレライ
「そうだそうだ!」
四季映姫・ヤマザナドゥ について、霊烏路空

四季映姫・ヤマザナドゥ(しきえいき -)とは、幻想郷周辺を担当とする閻魔様である。小野塚小町の上司。

テーマ曲は『六十年目の東方裁判 〜 Fate of Sixty Years』。

特徴[編集]

本名は四季映姫であり、「ヤマ」は「閻魔」、「ザナドゥ」は「幻想郷地域」を意味しており、いわば役職名のようなものである。登場時にわざわざ役職名まで呼ばせるのは、それだけ自分の職務に誇りを持っているからであろうが、それは例えば貴方が「あなた癒し系アンサイクロペディアン」等と自称したりするようなものであり、違和感が伴う。そのせいか、しばしば「妙な名前」とネタにされたり海外のファンに未だに名前を覚えてもらえなかったり。

自身が持つ基準こそが善悪の基準であり、死者が弁解することすら出来ない一審制の裁判を下す為、これを覆すことは仮にドラえもんのアニメが完結したとしても不可能である。1日にあの世に送られる魂の数を考えれば、それくらい速く判決を下さないといけないのも分かる。

説教臭い性格は公式でも「口うるさい」とはっきり言われており、小町を初め、幻想郷を訪れては出会った人々に説教を施していく。その為か、周りの者に嫌な顔をされるだけでなく、八雲紫ですら彼女に近づこうとしない訳である。要するに映姫様には幻想郷に友達がいない孤独の身である可能性があるということである(キリッ)。

能力[編集]

能力は前述の効果がある「白黒はっきりつける程度の能力」であり、恐らくオセロ囲碁が強いはず。スネ夫ジャイアンがオセロで戦ったかのように、ジャイアンの駒があと一個しかなく、かつ置くところが無くてパスを選択をせざるを得ない状況に追い込まれるであろう。相手の心が読めるさとりんと対決したらどちらが強いのだろうか。その圧倒的判断力は、かの有名な成歩堂龍一弁護士らの「異議あり!」をわずか2秒も経たずに全て却下するほどにまで及ぶ。

そんな能力ではあるが、この文字の色をその能力で分析したらどうなるんでしょうかね? はっきりつけるんだから当然中立な考えが許されるはずがないでしょう。映姫様が白と断言するのならこれは白色、黒と断言するのならこれは黒色になるという訳だ。だからといって「さぁ、映姫様、この文字の色は白色か黒色、どっち?」と言って映姫様をいじめてはいけません。きっと裁きが下されるでしょう。

東方花映塚での特徴[編集]

説教のご様子。

東方花映塚の9番目ボス、つまりラスボスを担当しており、プレイヤーキャラに説教を施しながら戦闘に入る。花映塚は全キャラが操作可能なので、当然彼女も操作可能であり、万能なステータスを持っている。「貴方は少し~すぎる」と言い始めたら説教タイム。ただし、小町にだけは「少し」が抜けている。また、なぜだか魔理沙の泥棒家業についてや、咲夜さんが人間をケーキなどに加工している行為などについては一切咎めていない。鈴仙によれば、映姫様が孤独の身であるのは他人を裁けるのは、何物にも干渉されることの無い位相のずれた波の力のせいらしい。

閻魔様なだけあってその強さと説教臭さを表現しているのか、かなりしぶというえにお説教の時間も長い。初心者で難易度をEasyにしても油断がならない。その特徴を表しているのか、テーマ曲の1ループが非常に長く、東方では2番目に長い。東方のラスボスは大抵異変の原因を巻き起こしている者だったりするが、花映塚の異変とは直接関係がない。実際はただ異変が起きたことの様子見をこじつけにお説教を繰り返してプライベートの時間を楽しんでいただけなのである。異常にが咲いたことに対して、咲夜さんに商売と同じことだという発言をしたことから、実家は花屋だということが判る。

部下の小町が仕事をサボり過ぎる為か、十六夜咲夜、八雲藍に次ぐ中間管理職に就くキャラクターに見えなくもない。

スペルカード発動時に出る映姫様のカットインに書かれている「天知る、地知る、我知る、人知る」とは、誰も知らないだろうと思っている君でも、私達天地の神々は知っているし、また同様に知られている。その為、隠し事や悪事はいつかは露見したり暴かれるのであるということを指す。つまり、お前にプライバシーもへったくりもあったもんじゃない、と言う意味である。まさに映姫様に相応しい成句である。

プライベート[編集]

部下がサボり過ぎるとすぐこうなってしまう。

我々には閻魔の仕事は想像することしかできないが、よほど忙しく、プライベートの時間はおろか、裁判所から出ることすらまともに出来ないのが想像できそうである。だが、実際には映姫様以外にも複数の閻魔がいて、交代制で裁判を下してる為、映姫様にもちゃんとプライベートの時間はある。映姫様はそのプライベートの時間を用いて幻想郷を訪れているのである。

しかし、他人に説教を施すこと以外に暇つぶしの方法がないのか、説教する相手がいない場合は物凄く退屈そうにしている映姫様の姿が目撃されている。他の閻魔様方が頑張っているおかげもあって休息の時間があるというのに何とも勿体ないお話である。そんな映姫様のご様子は花映塚の対戦モードで1P、2P共に映姫様でプレイすれば見ることが出来る。

最も、人間や妖怪といった種族を問わず敬遠されてる上に、強力な力を持つ妖怪ですら映姫様が現れると姿を隠すため、幻想郷にて映姫様が誰かと対談する可能性も低いであろう。誰か映姫様に日常生活の楽しさを教えてあげて欲しい。負けると分かっていても勝てると信じて囲碁などに挑んであげると良いかもしれない。

所持品[編集]

ここでは映姫様の商売道具などについて解説する。え? 以下の道具の名前が黒文字で書かれているのはなぜかって? 何、気にすることはない。白黒のことでこれ以上映姫様を泣かせるようなことをしたら、いつか本当に地獄送りにされてしまうだろうしね。

浄玻璃の鏡[編集]

鏡に映した者の過去の行いが全て映し出されるという、まさに「天知る、地知る、我知る、人知る」の成句に相当するともいえるプライバシー侵害のような道具。生前に罪を犯した者に対してこれを使うのだろうが、前述の能力を持つ映姫様だから、このような鏡を使わなくとも迷わずに相手が白か黒かを決められるため、映姫様にとって必要性のある道具とは言い難いので、宝の持ち腐れである。使うとしても「お前は生前にこんなことをしてきたのだ」と見たくもない過去の罪状を晒しだす嫌がらせにしかならないだろう。

悔悟棒[編集]

棒と言っても板切れのような物。罪状を書き記せば棒の重さが変わり、かつそれに見合った回数分だけその棒でぶっ叩くというもの。罪が重い分棒の重さや叩く回数が増えるということであろう。どれほど重くなるのかは不明だが、女性であるうえに幼女映姫様の体格からして、あまり重すぎるとご自身がそれを持つことさえ困難になる可能性があるのではないだろうか。

一度使った棒は捨てていたが、最近はエコ化の為に文字を消して書き直せるようにしている。つまり、今持っている棒には殴られたような跡が幾つもあるはずなのだが、よほど硬いのかどこにもそれらしい部分は見当たらない。恐らく映姫様は花映塚のボスとして登場する時のような方法で相手を裁いているのだと思われる。しかし、もし本当にそうだとしたら、やはりこの道具も映姫様にとって必要性のある道具とは言い難いであろう。戦闘中に投擲している物が悔悟棒に見えなくもないが、それだとしたらエコどころではないほど無駄遣いしてしまっていることになる。

ZUN帽[編集]

大きめの服と併せて、これらの服装こそが映姫様の閻魔らしさを十分に引き立てていると言える。だが、同時にこの帽子とかが映姫様の低身長扱いの引き金の1つともなっていたりする。

ラスト・ジャッジメント[編集]

閻魔というのは仏教における存在であるが、映姫様のスペルカードにはキリスト教の最後の審判を指す「ラスト・ジャッジメント」というものがある。最後の審判というのは「世界の終わりに人々が裁かれる」ことを指す。

キリスト教ではイエス・キリストが降臨する訳だが、もし仏教徒で彼女を礼拝しているのであれば、2012年12月23日、この日に本当に世界が終わるとした時、映姫様が現世に降臨して裁きを行い、永遠の命を与える者か地獄に落ちる者かを分けてくる可能性があるのかもしれない。ただし、あくまで映姫様は幻想郷の閻魔なので、我々の世界に来てくれるかどうかは、信仰心の強さによるものとなるだろう。

幻想入りの手もあるが、幻想入りした者の生存確率は低いので非常にシビアである。それに、仮に降臨してくれても、自らの罪が大きければ、即座に地獄に落とされることになるだろう。何? 映姫様だったらそれでも良いだと? このマゾヒスト共め

身体的特徴[編集]

高身長キャラと低身長キャラかで良く討論がされているが、霊夢のエンディングや立ち絵を見ると明らかに背は高い。だが、大抵は小町と比較されてか、小町が「巨乳・長身」で映姫様が「まな板・小柄」のロリ幼女キャラと定着されている。

ここら辺が行き過ぎると、自身の持つ基準が善悪の基準なのに「巨乳は問答無用で地獄送りにする」などといった無茶苦茶パルスィ成分満天な行動に取ることもある。中にはだだをこねたりと完全に子供そのものとして扱われたりもする。ダメだこの閻魔様…早く何とかしないと

説教臭い性格もあってか、小町を叱る理由に個人的嫉妬が混じっていたり、悪ければ十六夜咲夜西行寺幽々子にまで被害が飛び散る。このロリコン共め。それにしても、一体どうしてこうなったのだろうか? やり過ぎには十分気をつけて欲しい。

これらはあくまで二次設定に過ぎないので、公式ではそんな個人的嫉妬を基準にして裁判はしてませんよね、映姫様? 当然、してませんよね?

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「四季映姫・ヤマザナドゥ」の項目を執筆しています。