国道134号

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国道134号」の項目を執筆しています。
国道134号線の様子。渋滞がよく起こると言う都市伝説を否定する貴重な証拠である。
江ノ電砂子坂駅付近の国道134号。このあたりは専用軌道と併用軌道が入り混じっており、しかも“よく晴れた夏の日の午後”という条件であるにも関わらず、全く渋滞していないことがわかる。
「逗子、葉山、三浦と国道134号の終点あと少し!」
国道134号 について、仲野栄治

国道134号(こくどう134ごう)は、相模湾の周りの海岸を走る国道であり、寿司の材料等を運ぶための生活道路でもある。

元々は、神奈川県西部から鎌倉鶴岡八幡宮への巡礼街道であったが、政府の国道計画により軍都への延伸を決定。数年をかけて現在の形になった。(「巡礼街道」という道路名は、現在の小田原市国府津付近にも存在するが、これも元々は鶴岡八幡宮への巡礼という意味である。)

交通事情[編集]

突風に気を付ければ、最高にすばらしい景色を拝むことができる観光道路でもあり、ライダー暇な連中にとっては最高のスポットだが、日頃からカルシウムの足りないドライバーにとっては殺人道路である。

よく日頃から渋滞しやすいと言う都市伝説がまことしやかに噂されているが、これは事実無根であり、地域住民も渋滞については、とある季節の「エクストリーム・渋滞」開催日(後述)を除いて見たことがない。このことからも、よく整備された生活道路であることが証明されている。

また、江ノ島鎌倉間では江ノ電との連携プレーにより、近隣の寺社仏閣への多額のお布施を暇な連中から搾り取っている。

エクストリーム・渋滞[編集]

毎年、夏期には不定期でエクストリーム・渋滞が国道134号の各所において開催される。前述のように景色が素晴らしいことから、特に晴れの土曜日・日曜日は参加者の集まりが良く、好記録が生み出されることが多い。

国道134号において最大のエクストリーム・渋滞開催日は、毎年8月の第1火曜日である。この日は、“何ということもない平日の午後に、どれだけ渋滞できるか”をテーマに、江ノ島をめがけて全国から多数の参加者が集まる。18時頃から22時頃に掛けては競技の最高潮を迎え、50cm進むのに1時間以上掛かるなど、一種異様ともいえるほどの熱狂的な盛り上がりを示す。また、自動車を持たず、普段なら競技への参加資格を持たない者についても、この日は公共交通機関で大挙して押し寄せ、歩道からはみ出して歩くなどの“人海戦術”によって、自動車の渋滞に貢献する形での参加が特別に認められている。

なお、この日に限っては、近隣の路線バスは定時運行ができなくなるため、運休や区間変更などの措置をとるほか、江ノ電も敢えて魔力の行使を休み、競技の実施に協力している。また、湘南ジェットコースターは、競技終了までの間随時ピストン輸送を行っている。

当日は、19時頃から21時頃まで、エキシビジョンとして爆弾テロも江ノ島付近で行われる。爆発音と、大量の金属が一瞬で焼き尽くされる様は、極めて美しく、エクストリーム・渋滞に華を添えるものとなっている。皆様も、是非足を運んでみては如何だろうか。

主に通る自治体[編集]

関連項目[編集]


ご迷惑おかけしています この国道134号は一生懸命作られましたがマスコミの評価は手抜き工事です。
優しい業者さんに補修工事をしてもらえたら国民も現場の人も喜ぶでしょう。 (Portal:スタブ)
よくきたの ひゃっひゃっひゃっ、よく来たの。
天帝からの命じゃ。「国道134号」を秀逸な記事へと導く、執筆者を募集中じゃ。
まずは加筆を始めることじゃな。
滅ぼされし鎌倉・逗子・葉山・三崎の恨み、忘れるで無いぞ。 (Portal:スタブ)