国鉄キハ40系気動車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
40型車両

国鉄キハ40系気動車(こくてつきは40けいきどうしゃ)は、JR各社が一通り持っていた唯一の車両である。

ドアの形や運転台などの違いで、40・47・48の3タイプに分かれる。

登場時[編集]

永遠のエクストリーム・謝罪プレイヤーとして名をはせる日本国有鉄道が開発し、何を狙ったのか888両が製造された。しかし、以下のようなお役所らしい弱点があったため、汚物車とされていた。

遅い
加減速性能も、最高速度も在来車並みもしくはそれ以下。
重い
車体の頑強さ以外に取り柄のない国鉄型車両なので、頑強さにこだわるあまり軽量化を忘れかけていた[1]
非力
何を思ったかエンジンを本来の出力からレートダウンして使っている。山登りが大の苦手[2]
高燃費
エンジンの開発費を含めて制作コストをケチった結果、オイルショック後に製造された車両とは思えないほどの高燃費ぶりで国鉄の財政を直撃した。
暑い
国鉄の台所事情により、冷房をつけることができなかったため、夏場はとにかく暑い。

JR化後[編集]

国鉄が爆発解体されて民営化すると、JR各社は大量に押し付けられた使えない車両の処遇に困ることになる。そこで彼らは、車両を魔改造することによりとりあえずは使えるようにしようと考えた。

大体どこの会社も冷房の取り付けとエンジン載換を行ったのだが、これによってより重くなったし、それ以前に車体の重さが致命傷レベルなので…

中には、せっかくあるトイレをわざわざ撤去して、椅子にしてしまった車両もある。しかし、しばらくは屋根上の水タンクを置きっぱなしにしていたので、ただでさえ遅いのに重りなんて付けたら…

とはいえ結果としては多くの派生や、以下の特性が生まれ、ある程度は使い物になるようになった。今では、ローカル線おなじみの車両として今日も空気の運搬に貢献している。と思いきや、この車両にはデッキが付いている物が多いため、空気輸送も出来ないゴミと化している。

特性[編集]

とにかく頑丈
車にぶつかられたくらいでは壊れない。初出から30年以上たっても、888両製造された中で、事故で廃車になった車両はわずか2両である。ただし保存車・経年廃車が既にある。2011年3月11日、何両かが津波に流された。
どこでも走る
北海道から鹿児島まで、どんな場所でも走れる[3]。また、電車ではないので、電気がなくても走る
ただし勾配では自転車とデットヒートを繰り広げている[4]
応用が効く
普通列車での運用が主であるが、上記の頑丈性を活かして急行特急にも変身が可能。ただし車体自体は急になり得ないのでぼったくり列車が誕生することもしばしば。
が、北国の色々な意味でアレな会社によってバケモノエンジンを載せられたやつもいた。俗に言うスーパーヨンマル。
乗り心地の悪さ
例外なく30年近く前の古い車両であるため、振動がひどい。田舎路線では走っているだけマシなので気にしてはならない。

なぜか先輩気動車キハ31よりも燃費は悪いがトイレがある。

運行路線[編集]

田舎にいけば、飽きるほど見ることができる。しかし、東京大阪名古屋などの三大都市圏で見るのは不可能に近い。

  • 東京近辺だと、会津若松まで行かないと見ることはできない。
  • 大阪近辺では意外と近くで見られる。山陰本線広島がおすすめだ。
  • 名古屋近辺では絶滅してしまったため、見ることはできない。

脚注[編集]

  1. ^ どこのローカル線にも入れるように一応軽量化してあるが、とてもそう思えないほどの重さである。
  2. ^ 10‰勾配をエンジン全開で登っても50km/hしか出ない。
  3. ^ 軽量化の賜物である
  4. ^ 1エンジン車の場合。大出力エンジンに載せ替えて克服した奴らもいる

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国鉄キハ40系気動車_(2代)」の項目を執筆していますが、派生が多すぎてとんでもなく長くなっています。


この項目「国鉄キハ40系気動車」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)