新幹線E10系

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

新幹線E10系とは、2025年からJR東日本が運行する新在直通仕様の新幹線車両。

外観[編集]

車体は現代風のロングノーズだが、どこか懐かしさを感じさせるデザインとなっており、運転室から円筒形の長大なボンネットが延び、左右は運転室から流線型のフェンダーへと続くラインが形成された。

元々、同社の新幹線は、パステルカラーを多用したカラフルな車種が多かった。東北新幹線開業時に用意された200系では、0系を緑色帯に変更したものであり、E2系やE3系も、白を基調としてラインカラーの帯を巻く、比較的明るい色調の車種が多くみられた。その後、E4系以後は白色の使用をやめており、路線ごとに特色あるデザインがみられる。

しかし、本系列では黒を基調とした重厚なデザインとなっており、真鍮を多用するなど、JR北海道の「アルファコンチネンタルエクスプレス」といった、バブル期のジョイフルトレインを思い起こさせる様式となっている。

当初は、水色をバックに赤色のラインを巻く塗色であり、ボンネットに顔が描かれるなど、欧州車の印象が強かった。この外観は、秋田新幹線用として登場したE8系に類似している。しかし、保守上の理由と著作権の問題から、伝統的な黒一色塗りに戻された。その後、奥羽新幹線色として他形式と色調が統一され、現在はエメラルドグリーンの帯に、ガンメタリックとダークグレーのツートーンとなっている。

足回りは、従来のボルスタレス台車などを使用した簡素なものから、これまた複雑にロッドとリンクが絡み合うクラシカルなデザインとなっており、フランジをもたない特殊車輪など、当時最新の技術が用いられている。

運行[編集]

主に山形新幹線秋田新幹線など新在直通路線で使用される。青梅国際空港の開業後は、空港連絡特急としても用いられる予定である。

編成[編集]

板谷峠越えで活躍するE10

これまで日本では、151系こだま形電車以来、軽量低軸重で固定編成の電車を用いた列車が、特に優等列車では主流となっていた。しかし、電車による列車組成は、輸送需要の変化が著しい路線ではコストの増大につながり、電車・気動車を中心とした日本の動力近代化には、小沢共和国内などのルーラル路線では必ずしも適合しない面がみられた。

政権交代後の日本は、鉄道先進国であるイギリスを模倣した欧風のプッシュプル方式を積極的に採用し、E10系においても両端動力集中としMT比を下げる方策がとられた。さらに再交代後は首相自ら蝶野亜美の女装コスプレをして運転席に乗り込み、ニコニコ超会議号を運転するなど、保守回帰の時代にあっても人気の編成である。

E10の動力車は5両が製造された。外観は他の新幹線車両同様にロングノーズ車体であるが、山形新幹線での運行時などは、しばしば逆向きに連結されてファンを喜ばせた。運転室からの前方視界に問題があるともいわれるが、新幹線はATCによる車上信号方式のため、本線上ではほぼ問題にならないという。

動力[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国鉄E10形蒸気機関車」の項目を執筆しています。

動力は、JR東日本が電気を盗みすぎたのがバレたため、電気に依存しない動力源を使用している。石油燃料の高騰もあり、気動車特急とはせず、鉄道最古の動力源を用いることで、CO2の25%増量を実現し、寒がりの多い鉄道教信者の信仰を集めた。

しかし、青函トンネル、八甲田トンネルおよび上野駅構内では(以下略)