土素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
土素(Groundium)
一般特性
名称, 記号, 番号 土素, G, 7
分類 非金属
族, 周期 15, 2
密度 2.7 g/cm3
茶色
原子特性
原子量 14 amu
原子半径 55 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

土素(どそ、グランジウム:Groundium)は原子番号7番のネオ元素。ネオ元素記号Gであるが黒光りするアイツではない。土の素とされるネオ元素であり、質量は重く水素とは化合しにくいが空素とは化合する。ネオ地球の構成物質の約30%弱がこの物質である。(残り70%は水素や他の化合物)

放射線[編集]

  • 重い元素であるが故に、強力な放射線を発している。
  • 人が多い都心部では表面をアスファルトやコンクリートで表面を覆いこれを防いでいる。
  • 登山の途中で脚部に倦怠感や疲労感が出るのは、土素が地表にむき出しになっている為である。

黄砂[編集]

黄砂は、土素と空素の化合物である。(風化土素)

化合物[編集]

土素と味素の化合物「土味素(どみそ)」を固めたものは、叩くと協和音を発することで知られている。

関連項目[編集]