圧力鍋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「圧力鍋」の項目を執筆しています。

圧力鍋(あつりょくなべ)とは、主に年末年始に作られることが多い料理の一種。パーティー料理として用いられることが多い。

概要[編集]

一般的に、同じ鍋料理を囲むことは、親近感を深めるために非常に役立つとされている。また、それまであまり親しくなかった者どうしであっても、同じ鍋をつつくことによって、それまでになかった連帯感が生じることも少なくない。このように、人間関係を円滑にするために鍋は非常に役にたってきた。

しかし一方では、鍋は「親しさの強要」や「距離感の強制リセット」などに用いられることもある。たとえば、あまり親しくない相手、特にそれが上司や取引先などである場合、同じ鍋をつつくことは、相手の要求を(たとえそれが理不尽なものであった場合でも)受け入れさせられることを意味する。また、不正行為(犯罪を含む)の相談が行われている場での鍋料理の場合、共犯者として組み入れられることを拒否できなくなる。特定のターゲットに対し、このように心理的圧迫をかけるために行う鍋料理を特に圧力鍋と呼ぶ。

やりかた[編集]

  • あまりに大きなテーブルでは、十分な圧力親しさを演出できず、また鍋に手が届かない人が出るなど不都合があるために、テーブルの大きさは6人がけ程度が最適である。人数が多い場合はテーブルの数を増やし、各テーブル毎に鍋をセットする。ターゲットとなる人間のテーブルは、ターゲットより社会的地位が高い人間、ターゲットがリラックスできないような人間で固める。
  • カセットコンロ、または卓上ガスコンロ、電気鍋、土鍋などを用意する。
  • 鍋料理の材料を用意する。ターゲットには分不相応な高級食材(天然フグ・ブランド和牛・ブランド地鶏など)を用いるとより効果的。
  • 鍋に出し汁を入れて火にかけ、鍋料理をつくる
  • ターゲットのまわりの人間は、なるべくターゲットにおいしい部分を薦め(とり皿にとってやるのも効果的)、ビールも薦め、恐縮させる。
  • もちろん、ターゲットには一切の経済的負担をかけない。帰宅の際にはタクシー代を出す、「もう一軒どうです?」と言って高いクラブに連れていく、などのオプションも効果的である。

実例[編集]

若く正義感の強い会社員のS君(28)は、上司であるK次長(57)のお伴で初めての接待へ。接待の相手は監督官庁から天下った独立行政法人の顧問、Y氏(54)である。

当局の検閲により削除されました

S君「はい、わかりました……」
こうして彼もまた、汚い大人の社会へ飲み込まれていったのである。

問題点[編集]

うっかり「無礼講」などと言ってしまうと、空気を読めない者が真に受けて効果が薄まる場合がある。

応用[編集]

ふたが開かなくなるなどの状態になった場合、水をぶっかける事で爆弾として使用する事も可能である。

関連項目[編集]

  • ちゃんこ:心理的な圧迫よりも物理的な圧迫が…。


Dish.png この圧力鍋は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)