地方創生

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この地方創生は一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。

地方創生(ちほうそうせい)とは、安倍晋三内閣の下で展開される公共事業のスローガンである。これまでと大きく異なるルールは「に与せぬ地方の民の居場所を消滅させてしまえ」。

概要[編集]

構造改革の掛け声のもと、地方の農村部や都市部では民間企業が海外に移転して、若者は大都会へ流出し、高齢者が堂々と街でのんのんと痴呆するようになり、唯一最大の有益な事業体が地方自治体か自治体の発注する採算無視のエクストリーム・公共事業という状況がますます加速していた。

人口を一極に集める東京の民は、そんな地方の実情をみて、御国にべったりしていると地方への反感を強めていた。地方の支持でもっている自民党政権は危機感を募らせていた。

そんな折、岩手県の元知事が「このままでは地方が農村どころか都市でさえ消滅してしまう」と煽る本『地方消滅』を出版した。これを読んだ安倍晋三首相は考えた。「これだ!地方が消滅してしまうと煽れば、地方創生の名の下で我らの票田へ公共事業を堂々と引水することができる!これを無駄遣いというような民は、地方から消滅してしまえ」

そして、鳥取県という典型的な田舎県の政治家・石破ゲルが地方創生特任大臣に就任した。利益誘導や官への依存をその本が最も唾棄していることなどお構いなく、公共事業ばらまきゲームの異次元なる新章が開幕した。さあ、そこの君も地方消滅を嘆く本を捨てて、補助金がますます注がれる創生の現場を見に行こう。

主な地方創生事業[編集]

ビルド・アンド・スクラップの発想が新章の公共事業には取り入れられている。物件面は公共事業の項目に任せ、ここでは地方創生の論議でよく語られる概念をみていきたい。

ビルド[編集]

道路整備
工業誘致の名の下で、実際に偉大なるグローバル企業がやってくるかどうかお構いなく、広い広い立派な道路を整備して、土建業者を潤す。道路を広げれば広げるほど、祭りの日でも帰省ラッシュでも渋滞しない長閑な道路が誕生していく。
GとLの2元世界の創生
経済ワールドはグローバルのGとローカルのLからなっており、Lを潤す公共事業はGの平行世界から無駄遣いと罵られようと一切気にせず邁進して良しという理論。自国内でローカルに循環するだけなのなら、公共事業でどんなに赤字国債を発行しても良いよね?地方のL文化は都会のGより概して低質なものだけど、素人目に威勢が良ければ構わないよね?
コンパクト・シティ
公共交通がろくにない僻地の老人を実はシャッター通りの市街地へ引っ越すよう勧奨すべく、土建業者が高層マンションを建てるのを補助する事業。その結果、僻地が野となろうが山となろうがどうでもよい。
民間企業の地方移転優遇
東京の大企業の皆さん、地方に移転すれば東京基準でしがない一企業でも、その地の零細企業に対して無双できます。どうかその零細企業に下請けい××の言葉など気にせずエクストリーム・公共事業の仕事をどんどん回してあげてください。
地域限定正社員制度の拡充
地域社会での地に足のついた貢献が、グローバル社会での貢献に劣るとみなされて、出世競争で決して越えられない壁になろうとも、賃金水準でひどく冷遇されようとも、地域の雇用は守られねばならない。二流社員とみなされても結構だ。
若い女性の呼び込み
地方創生のためのエクストリーム・公共事業で潤う会社に正社員として勤める地方の夫と、サービス業で非正規として働く嫁。人手不足の少子高齢化の世に相応しい夫が妻を支える21世紀の美しき家庭にございます。

スクラップ[編集]

地方創生で大事なことは、「無駄な公共事業反対」などといって官のいうことを聞かぬ民が多く住まう場所から仕分け対象に選んでスクラップすることである。

地方の国立大学を実学専用機関に
大学生政治学などの虚学で国策に反対する知恵を学ぶのでなく、ブラックバイトの汚名を気にせずエクストリーム・公共事業で創出されるアルバイト最低賃金を最高の時給として励むべし。誰がやっても同じになることを求められる実学だけを学ぶべし。グローバル社会の価値観形成に携わる文学などの虚学が学びたいなら、これまで実質そうだったように、高額の学費を払って大都市の私立大学へ進学すべし。オラの町の大学は実学学部だけで、就職面接で東京のグローバル企業から一顧だにされてないけど、故郷の実社会に貢献している尊い存在なんだぞ。真のエリートだ。
TPP推進を通した農業崩壊
自由貿易が文字通りに推進されれば、ちょっと頑張っている程度の農業法人は、外国の穀物メジャーに一掃されるだろう。ならば、農家は保護を求めて公共事業にすがるだろうから、多少補助金を削ったとしても、ますます自民党の国策に異を唱えなくなる。
民主党の解体加速
野党は自民党支持の強面おやじの一言で即死する程度の無能であるべきだ。だったら、政権獲得歴のある民主党なんかより、きっと革命など起こす気もない赤い政党の方が地方都市の野党としては最適だ。いつも、無駄な公共事業反対といいながら、その公共事業が完成すると褒めそやすような政党に。
地方選挙区の削減
鳥取と島根の参議院選挙合区は石破ゲル大臣の意向を汲んで行動する議員1人だけで十分だ。与党内の野党的議員はもういらない。


蓮舫 地方創生加筆、修正する理由は何があるんでしょうか?
書きかけじゃダメなんでしょうか? (Portal:スタブ)

成果[編集]

地方オワタ

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「地方創生」の項目を執筆しています。