地獄のオルフェ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「地獄のオルフェ」の項目を執筆しています。

地獄のオルフェ(Orpheé aux Enfers、地獄のオルフェウス)または天国と地獄(てんごくとじこく)とは、1858年に作曲家ジャック・オッフェンバックによって作られたオペレッタであり、ギリシャ神話におけるオルフェウスの悲劇(オペラのオルフェオとエウリディーチェという説も)をパロディした喜劇。

その不謹慎な内容のために異例の大ヒットを得た。しかし日本人の耳には運動会で流れるとか、ファミコンソフト忍者ハットリ君のステージBGMとか、カステラ一番電話は二番三時のおやつは文明堂の曲として浸透している。

元ネタ[編集]

昔々、あるところに詩人のオルフェさん(オルペウス、オルフェウス)がおりました。オルフェさんはユリディスさん(エウリュディケー)という美しくて仲の良い奥さんがおりました。しかしあるとき、奥さんのユリディスさんはマムシに噛まれた事で死んでしまいました。

オルフェさんは悲しみました。あまりの悲しみっぷりに同情した神様達は冥界に下りて妻を取り返す交渉をする事を許してくださいました。とはいうものの「一人で冥界まで行き、気合で地獄の番人や冥界の王を説得しろ」というちょっとした無茶ぶりではありましたが…

しかし奥さんを取り返したい一念のオルフェさんはそんな難関も気合と得意の歌で乗り切りました。歌で三途の川の渡し守カロンさんを説得して渡してもらい、吠え掛かる地獄の番犬ケルベロスも歌で眠らせるという超人っぷりをみせ、冥界の王ももちろん歌で説得してしまいます。戦闘民族を文化に目覚めさせるかもしれないほど歌が上手なオルフェさんは歌だけで見事奥さんを取り返しました。

ここで冥界の王ハーデースは一つの条件をつけます。「冥界からでるまで絶対に奥さんの顔を見てはいけないよ、見てしまったら奥さんは冥界に逆戻りだから」というものです。オルフェさんは当然の事ながら承諾しました。しかしこんな「押すなよ、押すなよ、絶対押すなよ」みたいなネタ振り・死亡フラグは見事に成立し、途中でオルフェウスが振り向いたせいでユリディスさんは冥界に引き戻されました。(余談ながらこれを見るなのタブーといい、イザナギなど様々な人が同じ徹を踏んでいます)

オルフェさんは奥さんをもう一度失った悲しみで酷く落ち込みました。落ち込みましたがオルフェさんはこの後、ヘラクレスなどの超人紳士同盟と一緒にアルゴー探検隊に加わったり、オルペウス教なる怪しい新興宗教を興したり、複数の酔っ払いパンチラ女性数人に襲われて八つ裂きにされたりするという「ぶっちゃけあんまり落ち込んでませんよね?」というレベルのはっちゃけぶりを見せますが、それはまた別の話。

アレンジ[編集]

オルフェウスの冥界下り自体は様々なものでアレンジされているものである。たとえばこの物語をハッピーエンドにしたものとして先述のクリストフ・ヴィリバルト・グルック作のオペラ「オルフェオとエウリディーチェ」などがある。しかし我らがオッフェンバック先生のアレンジはこんな生易しいものではすまされるわけがない。その鬼アレンジっぷりはオペラのアレンジというよりもむしろMAD動画製作やアンサイクロペディアンの悪ノリといったほうが正確かもしれない。

あらすじ[編集]

原作ではおしどり夫婦だった二人であるが、オルフェさんは浮気三昧、美しいユリディス奥様はそんなオルフェさんに辟易していて同じく浮気三昧の仮面夫婦であり離婚寸前であった。ユリディス奥様は原作どおり死ぬ、というか離婚の世間体的なオルフェスさんに殺されてしまうという火曜サスペンス劇場的な展開に発展してしまう。オルフェさんは「女房と畳は新しい方がいい、万歳!」と大喜びであったが、「奥さん取り返しにいけよ」という世論に押さてしまう(本当に世論さんが出てくる)。このまま船越英一郎に犯行を暴き立てられてはたまらないオルフェさんはイヤイヤ神様に自分が殺した奥様復活のお願いをたてに出かけるのであった。もうここまでで原作を知っている人間は爆笑か、さもなくば憤死寸前であるほどの原作レイプっぷりである。

一方、こちらは美しい花々が乱咲く天界。オルフェさんをそそのかし美しいユリディスさんを殺した黒幕は地獄の王プリュトンであり、彼は合法的にユリディスさんを冥界に連れてきてゲットするために殺させたのである。彼の兄であり天界の王である神様のジュピテール及びジュピテールの浮気に悩む奥様のジュノンと共にこの一件でガチの兄弟喧嘩に発展してしまうのである。ギリシャ神話のゼウスと同一視されるジュピテールはあっちに美女がいればかっさらい、こっちに美少女がいればうまく言いくるめて誘拐してばかりいるレイプ魔ジュピテールにそんな事を注意されたプリュトンはたまったものではない。まさにお前が言うなである。

そんなこんなで神々がラ・マルセイエーズを大合唱して革命機運が高まるほど空気が悪くなった頃に空気が読めないオルフェさんがやってきて嫌々ながら「ユリディスさんを帰してくれ!」と訴えるのである。こうしてユリディス奥様を絶対に帰して欲しくないオルフェさん、なにげにもうユリディス奥様の体には飽き飽きしているのに兄貴にドヤされロクな目に遭わない不運なプリュトン様、そして「美人人妻ktkr」とユリディスさんに興味津々のジュピテール様の三人の男達によるユリディスさん争奪戦が始まるのである。

この後、ハエに化けたジュピテール様がユリディス奥様のアソコに入ったりする珍事が続出するが、最終的にはオルフェさんとプリュトン様はユリディス奥様とバッサリ別れられ、ジュピテール様はユリディス様をバッカス神の巫女という秘書兼愛人的な立場に置くというハッピーエンドに終る。

評価[編集]

悲劇の末に死別した本物のオルフェさんとユリディスさんはオッフェンバック先生の枕元に立って恨み言の一つも言うべきであるほどのアレンジであるが、エロくてバカバカしい事が大好きなパリっ子にバカ受けし異例の大ヒットを成し遂げる。おまけに知識人階級という煮ても焼いても食えない種族から敵視されたオッフェンバック先生はフランスにおけるユーモアの神様として崇められていくのである。

日本での評価[編集]

「あらヤダ! カメラの電池が無いわ! 写るんです! 写るんです!」
地獄のオルフェ について、おばちゃん

しかしこのようにいろんな意味で非常に有名なオペレッタである天国と地獄であるが、日本人にとっては「カステラ一番」「電話は二番」「三時のおやつは文明堂」と返されてしまうのがオチである。いかにオッフェンバック先生といえども日本人の食い意地文明堂の優れた広告戦略とカステラには敬服せざるを得ない。

参考[編集]