坂井悠二

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
平行空間理論について構想を膨らます在りし日の坂井悠二氏。
「坂井悠二はもう、死んでいる。」
坂井悠二 について、ケンシロウ

坂井 悠二(さかい ゆうじ)とは、大日本帝国出身の生物学者物理学者である。坂本雄二とは何の関係もない。

概要[編集]

研究者にしては珍しく「最期の最期の最期まであきらめない。」「プライドを捨ててでもチャンスをつかむ。」と言った野心は全く感じられない。彼は日常的に「学問とは器具で測定し、机上で結論を導き出す物ではない。大地の声に耳を傾け、心の目を見開けば、自然と目の前に真理が開ける。」と言う思想の持ち主であった。そしてこの思想が生物学会で異彩を放ち、よってウツギ博士の回し者の紅世の徒により暗殺される。

しかしその後死の直前に導き出していた並行空間理論に基き自らを平行生物として復活させたと言う。(この話にははっきりした証拠がないせいか、あまり語られることはない。)

その後とある事故によりフレイムヘイズの一種であるシャナを発見した。その時何が起きたのかを本人に聞いたところ、「自然の猛威を甘く見てしまった。あれは私の人生で最大の失態だった。もう二度と……二度とあのようなことはすまい……。」と話すばかりである。(その時同行していた女性研究員平井ゆかり氏は未だに行方不明である。)

その後、重々に自覚していたはずなのにもかかわらず、某腹黒銃刀法違反に迫られた挙句、偶然にもセロリを食してしまい行方不明になった。後に自らの可能性を探した、というが一部の証言によれば紅世の王のおんにゃのこを集めてハーレムを形成しようとしたとも言われている。(ヘカテールートを目指した、とも)要はシャナだけでなく吉田さんも大好きな鈍感ヘタレである。

主な功績[編集]

  • 平行空間理論の完成(真偽についてははっきりしていない。)
  • シャナの発見
  • セロリに対する危険性の発見(食べるとおかしな顔になってしまうことを自らの体によって発見
  • 自身の性格を原作とアニメでUGと坂井悠二に変換できる等式の発見

UG[編集]

UGとはアニメ版灼眼のシャナにおいて坂井悠二の代わりに登場する坂井悠二とは似ているようで似ていない別人である。ごちゃごちゃになる人も多いのでここに違いを載せておく。

かつてUGは感情の機微が薄いが地頭と要領はいい人物であり、シャナと飴玉を巡って喧嘩するなど子供っぽい一面も持つかわいいところもある男の子だった。しかし、話が進むにつれてどんどんその性格は変質していき、必要があれば自分の命や仲間すら平気ですり減らして力にして行くようになり。最終的にはもう一人の主人公であり最愛の仲間であるシャナと対等につぶしあえるラスボスへと上り詰めたかつて人だったものになっていく……。そこに生前のシャナと吉田さんを愛したヘタレの姿はなかった。ヘタレな悠二と冷酷なUGのどちらが好みかは最終的には趣味によるものが大きいのだろうか……。

関連項目[編集]


Shana art.JPG うるさいうるさいうるさい! 「坂井悠二」は、か、書きかけなんだから! 討滅されたくなかったら、さっさと書きなさいよ!べ、別に無理しなくていいけど…… (Portal:スタブ)