城内実

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「城内実」の項目を執筆しています。

城内 実(きうち みのる、1965年4月19日 - )とは、日本の政治家。院内会派「平沼赳夫を介護する会」所属。また「眞鍋かをりファンクラブ」「ブログ炎上を許さない議員の会」の会員なども兼務。愛称は「みのりん」「キムチ実」「珍念さん」など。

経歴[編集]

東京大学教養学部卒、外務省勤務を経て2003年の総選挙に隠れ自民無所属で出馬し初当選。安倍晋三に目をかけられウヨ系政治家の若きホープとして将来を嘱望されるも、小鼠肝煎りの郵政資産アメリカ献上大作戦に反対したために小鼠に刺客「片山怪獣サツキゴン」を送り込まれ、浜松市街で激しい戦闘におよぶもあえなく敗退、議員失職自民党離党に至る。ちなみに戦闘により浜松市街地の約三分の一が廃墟と化したため、サツキゴンと共に浜松市より告訴され現在係争中である。 落選中は、平沼赳夫からの仕送りと子どものゲームソフトをファミコンショップに売却するなどして生計を立てるかたわら、平沼や櫻井よしこすぎやまこういちと共に「極右戦隊ウヨレンジャー」として活動。2009年の総選挙では苦労の甲斐あって見事当選し国政に返り咲く。 当選後は国会での活動のかたわらブログに襲来する荒らしとの戦いに精を出す毎日を送っている。

趣味[編集]

極度のオーディオオタであり、自身のブログで度々自慢することがある他、エアキャッププチプチ潰しやギザギザ10円玉コレクション、かさぶたはがしなど多彩な趣味を持つ。本人の言によれば、かさぶたが固まる前にはがして血が出る所を見るのが密かな楽しみなのだという。

政治的主張[編集]

  • 「現行道路交通法で定められている左側通行は日教組の陰謀である」と主張し、右側通行に改める道路交通法改正案を作成中。
  • 左時枝・左とん平に芸名を「右時枝」「右とん平」に変えるべきと所属事務所を通して抗議するも黙殺される。
  • 浜松駅前に父・康光(元警察庁長官)の銅像を建てるべきと浜松市長に提案するが、即座に却下される。
  • 失職中はマスゴミ改革を訴えながら、当選後はマスゴミ界のドン・ナベツネとのツーショット写真を得意げにブログで公表するなど節操の無さ柔軟な政治手腕を遺憾なく発揮する。

関連項目[編集]