堂林翔太

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

枡田 翔太(ますだ しょうた、旧姓 堂林(どうばやし))は広島市のアトリエに所属する画家である。その天性の芸術センスから「プリンス」の異名を持つ。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「堂林翔太」の項目を執筆しています。

経歴[編集]

1991年、愛知県豊田市に生まれる。小学時代から絵を描くのが得意で美術の成績が良かった。中学時代、自分の描いた絵を彼女に褒められたことがきっかけで芸術の道に生きることを決意し、2007年に中京美術高校に入学。2010年に広島市のアトリエ「ロドリゲス」に入り、二年の修行ののち『三振』で画家デビューを果たした! 2015年、某民放キー局のアナウンサー、枡田 絵理奈と結婚し、姓を枡田に改めた。

代表作品[編集]

『三振』と『失策』は堂林の2大有名作品である。『三振』は、2012年に描かれた堂林のデビュー作品。テーマは「貧しさの中で力強く生きる人々」であり、資金難に悩むアトリエを見て重い浮かんだという。この作品ではパンチ力のある筆遣いと爽快感溢れる画風が高く評価され、堂林の名は一躍芸術界に広まることとなった。「プリンス」の異名が定着し始めたのもこの頃である。

『失策』は、堂林の2作目。芸術家としての自身の苦悩を表現した作品である。暗いテーマをあえてポップな画風で描くことによるギャップが人気を博した。その後、しばらくは書いても有名になる機会に恵まれなかったが、5作目である『結婚』がTBS系列のゴリ押しの回もあり大ヒット。なお、女性ファンは減ったと言われている。

関連項目[編集]